From Ichinose Oji to Takijiri Oji/一之瀬王子~鮎川王子~滝尻へ

 梅雨というのに良いお天気が続いています。6月15日(木)、KIGAのメンバー16名が上富田町の市ノ瀬から岩田川(現富田川)沿いに滝尻まで歩きました。約12km。
 ゴールの滝尻王子前で集合写真です。かなり蒸し暑い1日でしたが、今日も1日無事に歩けて、皆さんの表情はさわやかです。
d0360104_10493561.jpg
 興禅寺
d0360104_10483568.jpg
 興禅寺の達磨像
d0360104_10483952.jpg
 岩田川(現富田川)
d0360104_10480111.jpg
 一之瀬王子
d0360104_10482800.jpg
 岩田川の沿岸を歩きます。
d0360104_10480824.jpg
 庚申さん
d0360104_10481621.jpg
 鮎川王子址と大塔宮劔宮址の記念碑
d0360104_10484747.jpg
 古道は山間の狭い道が続いています。
d0360104_10490888.jpg
 真新しい木の橋が。
d0360104_10491344.jpg
 山、山、山。
d0360104_10491978.jpg
清姫の墓
d0360104_10492536.jpg
清姫が泳いだと伝わる真砂渕の水は今日も透明に澄んでいます。
d0360104_10492879.jpg

[PR]
# by wakayamakiga | 2017-06-19 11:05 | Kii route /紀伊路 | Comments(0)

潮見峠のひるね王子で・Hirune Oji in Shiomi pass

 田辺から潮見峠を越えて

 On May 15th, we walked the Shiomi pass. The following sentences are written by Mori. 
 5月15日、私たちは潮見峠越えの道を歩きました。以下はKIGA会員の森さんからの投稿です。
d0360104_23220454.jpg
  After we got off a taxi, we started walking along the winding path leading up to the depths of the mountains. Spotting unfamiliar tiny flowers on the way, we enjoyed the refreshing smell of May breeze.
  We hiked about 2 hours and then finally found a suitable place for lunch.  
  It was an old building called a “cha-ya , or a teahouse in English. At the place, we happened to meet an elderly man, who is the owner of it and used to run.  
  We understood he seemed to be proud of being the land owner there. He said he would still like to entertain whoever drops by. He showed me his small pond full of red fish and his cage with two cute hamsters in. And he told me that he enshrines one of the sacred deities called “Hirune Oji” right next to the pond.
Furthermore, he proudly said that there is ground nearby spacious enough for a helicopter to land on. One thing you shouldn’t miss is a view, if you come, you can enjoy the panorama of the city of Tanabe and the Pacific Ocean because the cha-ya stands almost near the mountaintop.
  While we sat on logs eating lunch, we were greatly healed by the whisper of green leaves of tall trees rustling in the breeze and the cha-ya owner’s friendly face full of good intentions.

  We even had fun riding on a handmade swing hanging from a sturdy branch. Can’t this place be called a kind of “heaven”, which contains scenic beauty, a cozy atmosphere nature creates and the welcoming warmth coming from the old man.

 Oh, I almost forgot that we were on the way to Kumano Shrine, which people believe is a place where they can revive. These places must be real heaven.
 By sipping a cup of free coffee he offered, we recharged our batteries. Of course we thanked the man for his hospitality, and also were thankful for the abundance of nature and our country’s long history.
 Then we departed for the “Shiomi Toge” (Shiomi Pass)


私たちはタクシーを降りたのち、山中へと続くくねくねした道を歩きはじめた。途中、名前も知らない小さな花たちを見つけながら、5月のさわやかな風にふかれ、楽しく登っていった。
 約2時間歩き、やっとお昼ごはんにぴったりな場所を見つけた。茶屋と呼んでいいだろう。
そこで私たちは一人のご老人にたまたまでくわした。彼は昔、その茶屋を本格的に営んでいたが、今はもう閉めているという。 どうやら彼はその土地に結構、誇りをお持ちのようだ。彼いわく、立ち寄られる方どなたでももてなしてあげたいと。 
 旅人の私を彼が造ったと自慢げに、優雅に泳ぐ小さな緋鯉がたくさんいる小池に案内してくれたり、彼がかっている本当にかわいいハムスターも見せてくれた。 彼は小池のそばに、彼の先祖が大切にしていた”ひるね王子”という小さな祠を造り、日々お参りしているとのこと。
  さらにヘリコプターが離着陸できる結構広いグラウンドを、このような狭い峠の山中に所有していることを誇らしげに伝えてくれた。

  一つ、ここを訪れる時、見逃せないのはその景色だ。田辺市内を一望でき、果ては太平洋も望める大パノラマビューだ。この場所は山頂近くにあるので、こんな景色を楽しむことができる。
  私たちが丸太の椅子で弁当を食する間、木々の梢の木の葉たちが風にそよぎ、かすかなざわめきを聞くと心が癒されるのを感じていた。それに茶屋のご主人の善意に満ちた素敵な笑顔にも勿論いやされた。
 そして更にご主人お手製のしっかりした木の枝にゆわえつけられたブランコに乗ったなら、ここは天国と呼んでも良いのではないかと思った。

  美しい自然が迎えてくれる居心地の良さ、ご主人が醸し出すアットホームな温かさ・・・。
  あ、そうだ、もう少しで忘れてしまうところであった。私たちは熊野大社への道中であった。熊野大社は人々が生き返れる、よみがえれるという有難い神様の居場所・・。熊野大社も大社に続くここも天国ではあるまいか!
  無料のコーヒーを頂き、再びエネルギーを充電した私たちは、ご老人のもてなしに感謝をして、古の昔から残る長いこの国の歴史や自然にも心から頭を垂れつつ、潮見峠へ向かった。
[PR]
# by wakayamakiga | 2017-06-08 23:57 | Kii route /紀伊路 | Comments(0)

From Ichinose to Takijiri. 市ノ瀬~滝尻へ

Information from Kumano Kodo walking party in june.

 It became the hydrangea flower season. We will walk from Ichinoso in Kamitonda to Takijiri.

A statue of Dharuma is in Kozenji Temple. This statue was built by the chief priest Yoshida afterr World War II with the wishes of peace.


A daruma statue of Kozenjii / 興禅寺の達磨像  
d0360104_00143843.jpg

     In ancient times, People walked while doing purification ceremony in the Iwatagawa river (now the Tondagawa River). They went around from Ichinose to Ninose(second se) and Sannose(third se) to Takijiri in this river. It came from the Ichinose Oji's name, se means water front.
We are looking for participants to walk with us.


【Date and time】 June 15 (Thu) 8: 45
[Aggregate] JR Kii tanabe Station (we willl take the bus at 8:50)
【Course Schedule】 Kii tanabe ➡Ichinose Bus Station ➡ Kozenji temple ➡ Ichinose Oji ➡ Ayukawa Oji ➡Hokusogi Bridge ➡ Kiyohime's Grave ➡ Takijiri Oji (15; 35 Tanabe Line by Bus)
[join fee] 500 yen
【Application】 e - mail kiga@silk.plala.or.jp KIGA (Michi Azuma)


熊野古道歩こう会 6月のご案内

紫陽花の花の季節となりました。6月は上富田町の市ノ瀬から滝尻王子まで歩きます。興禅寺にはダルマの像が建てられています。第2次世界大戦のあと、平和を祈って、先代の吉田住職さんが建てたものです。

  古代、熊野詣では岩田川(現在の富田川)に流れる水の中を禊をしながら歩きました。一之瀬、二の瀬、三の瀬と辿って歩いたことが、市ノ瀬の名の由来です。
ウオーク参加者を募集しています。

【日時】  6月15日(木) 8:45
【集合】  JRきいたなべ駅 (8:50発の路線バスに乗車します)
【コース予定】 きいたなべ➡市ノ瀬バス停➡興禅寺➡市ノ瀬王子➡鮎川王子➡ほくそぎ橋➡清姫の墓➡滝尻王子(15;35発田辺行バスに乗車予定)
【参加費】 500円 (資料代など)
【申 込】 e-mail kiga@silk.plala.or.jp KIGA(Michi Azuma)   

 Mountains and rivers in the blue sky, and nothing else in the ground.
青い空に山と川、他になにもない地です。 
d0360104_00184640.jpg
 
d0360104_00185201.jpg
 Kiyohime's tomb / 清姫の墓
d0360104_00185675.jpg
Kumano Kodo kan in Takijiri
d0360104_00190948.jpg

[PR]
# by wakayamakiga | 2017-06-04 01:43 | recommendation/お誘い | Comments(0)

we are living with nature in nature・自然とともに生きる

Ancient Pilgrimage Routs of Kumano・古代の祈り道 
d0360104_17583879.jpg
  It takes about 600 kilometers from Kyoto and Settsu where there was a capital at that time to Hongu, about  a month , to get there and down. the journey was on foot even though he was the Emperor.  After that, the pilgrimage of the Imperial family declined.  

  延喜7年(907)、宇多法皇に始まった熊野参詣は、院政時代に盛んとなりました。11世紀後半の白河上皇の頃からは、皇族、貴族の熊野詣も盛んに行われました。上皇たちの熊野参詣は紀伊路の中辺路ルートが主流でした。都のあった京都や摂津から往復600km、約一ヶ月をかけ、行きは上皇といえども徒歩でした。 
d0360104_17584593.jpg

  Kamakura period, 1281 years (1281), Emperor Kameyama visited to Kumano, it became the last time of retired emperor's pilgrimage to Kumano.
  However, the Kishu lord owner Tokugawa yorinobu maintained the old road included each oji and shrines in genna 5 years (1619) Edo period.
  The thought of Kumano deity that is regardless of up and down status, regardless of clean purity, regardless of distrust, even a different religion, to the god of Kumano who accepted all people. After then Kumano had began to flourish again by samurai and common people. Many pilgrims made rows and it is said that was like the row of ants.  

  鎌倉時代、弘安4年(1281)、亀山上皇の御幸が院政時代の最後の御幸になり、その後衰退したが、江戸時代の元和5年(1619)、紀州藩主徳川頼宣が荒廃した古道を整備し、熊野参詣道が復活し、今度は武士から庶民たちの熊野参詣が盛んとなった。
  身分の上下を問わず、浄不浄を問わず、信不信を問わず、全ての人を受け入れた熊野の神のもとに、多くの参詣者が列をなし、その様子はさながら「蟻の熊野詣」のようだと言われる程でした。


d0360104_17584911.jpg


 The people who was the blinds or incurable disease walked Kumano Kodo,There was a faith of a tolerance when we sweat and walk the rugged road and deep mountain, promising happiness of the afterlife.

  The heart of Osettai is transmitted to Kumano. Osettai has a different meaning from the simply hospitality.People who is blind and dumb like the Oguri-hangan, wandering women called Goze who were blind playing the shamisen , leprosy people, believed in the happiness of the afterlife and headed for Kumano.

 

  熊野古道には目の不自由な人や不治の病の人が、死を覚悟して旅にでました。険しい山坂を汗をかき、あえぎながら苦労して歩くことで現世の滅罪と来世の幸せを約束するという信仰がありました。

  また熊野にはオセッタイの心が伝わっています。オセッタイとは、単にお客を接待するという現代感覚とは異なった意味があります。小栗判官のように目も見えず口も聞けない人や、ハンセン病の人たち、瞽女(ごぜ)と呼ばれる放浪の盲目の女性たちが、来世の幸せを信じて熊野へと向かいました。また、周りの人たちはこのような不幸な人たちを助け、お役にたつことで、来世の自分の幸せを得られるという信仰を持っていました。
d0360104_17585211.jpg

 In Kumano, pilgrims hold hands together and pray to ghost called Gakiami and Hidaru Shin who were the soul of the dead that fell on the track.
In addition to the 99 Ojis, We also hold hands with the deities such as mountains, rivers, and the sea, and walks while doing the purification.

  I think it is the mindset that we are living with nature in nature. What is the attracts of Kumano that lasted 200 years in the Insei era and then from the Edo period to the present age?  I feel there is something that you can see by walking on a steep road and becoming one with nature. Please try walking by all means. (Michi)


 熊野では参詣者は餓鬼阿弥(がきあみ)やヒダル神と呼ばれる亡霊にも手向けをして通ります。99王子だけでなく、山や川、海などの神々にも手を合わせ奉幣し、禊をしながら歩くのです。

  人は自然の中で自然と共に生かされているという考えかたです。 険しい道を歩き、大自然と一体になることで見えてくるものがある気がします。あなたも是非歩いてみてください。 
[PR]
# by wakayamakiga | 2017-05-27 18:23 | introduction | Comments(0)

ようこそ熊野へ / introduction

Wellcome to the Ancient Pilgrimage Routes to Kumano & Koya
d0360104_10304612.jpg

和歌山県は、本州最南端に位置し、南西部を太平洋の長い海岸線に面してます。熊野から吉野へと続く大峰や果無などの険しい峰みねが広がり、70%以上が山並みです。その為、交通の不便な地であり、近代化の波に乗り遅れたかのように感じられる所もあります。れだけに開発されない自然と文化的遺跡が数多く残されているところです。

Wakayama Prefecture is located at the southernmost point of the island of Japan. Its coastline borders the Pacific Ocean to the southwest and to the northeast are the Omine and Hatenashi mountain ranges. Roughly seventy percent of Wakayama is composed of mountains, making road access difficult.  Due to its lack of accessibility、Wakayama may seem to lag a little behind modern Japan、but its remoteness has also allowed it to preserve many natural forests and cultural assets.
d0360104_10370653.jpg

和歌山県に人が住み始めたのは、約5000年から10000年ほど前だと言われています。その頃、すでにユーラシア大陸には高度な文化を持った人たちがいました。多くの渡来人たちが高度な文化を持ってやってきた玄関口であったようです。まだ国境のない時代、人々は海流にのって自由に交流していたと考えられます。熊野の新宮周辺には、中国の徐福が、3000人の童男女をつれて渡来した伝説が伝わってます。

 It is said that people began living in Wakayama Prefecture from around five to ten thousand years ago. At that time, people living on the Eurasian continent are believed to have been very culturally advanced. We can guess that many cultured people from overseas came to Kumano.In the days when the world had no borders, it is thought that people were free to ride the ocean currents and interact with people from other cultures.(by Yumiko)

d0360104_23571644.jpg
古来、日本人は自然の山や川、大きな岩や滝などに神が宿るという信仰を持ち、山や川そのものを神として崇拝してきました。やがて人々は信仰の対象物を求め、山の麓に祠を作り、宮や神社へと発展していきました。

険しい山々を歩いて修行する日本独特の山岳修験道者が全国に現れはじめました。開祖は役小角(えんのおづぬ)、(役行者(えんのぎょうじゃ)、神変大菩薩とも)と言われています。

奈良時代以降は仏教と結びつき更に発展。吉野から熊野にかけての大峰山で修行したため、大峰修験道と呼ばれました。一方、地方でも出羽三山(出羽修験)、四国石鎚山(石鎚修験)、九州の英彦山(えひこさん)(彦山修験)、など全国に広まり拡大していったのでした。


More than 3000 years ago, Japanese people have believed that deitys lived in nature, and therefore they have worshiped mountains, rivers, rocks, waterfalls, and other parts of nature.

In due time people began to make objects of religion. They made small shrines at the foot of mountains, It became many shrines later.

d0360104_00233480.jpg

はじめ、奈良の都では推古女帝の時代に仏教が中国から導入されようとしていました。しかし、日本古来の神道派と新しい仏教推進派が争い、聖徳太子や蘇我馬子率いる仏教推進派が勝利し、仏教文化が一挙に日本に導入されることとなりました。

時の政府は神仏習合の政策をすすめ、熊野においても主導者たちにより熊野の神は仏が権(かり)の姿で現れたのだという説がたてられました。


In the era of Empress Suiko of Nara, Buddhism had been introduced from China. However, the ancient Shinto faction of Japan and the new Buddhist faction fought and the Buddhist introducer faction led by Prince Shotoku and Empress Suiko won, and Buddhist culture was introduced to all of Japan.

The government of the time had recommended a policy of God and of Buddha syncretism. In Kumano also the theory that the god of Kumano appeared in the figure of the Buddha was born. That was called Kumano Gongen.

d0360104_00234099.jpg

こうして、次第に日本において神と仏とが融合されていったのです。熊野権現を日本国内に広めたのは、山岳修験道者であったと言われています。しかし後には御師(おし)や先達(せんだち)、熊野比丘尼(くまのびくに)などの職業人が現われるようになり、熊野を全国に布教して歩きました。


しかし隆盛をきわめた山岳修験道は明治5年(1872)に修験道禁止令の発令により、修験道山伏たちが長い間崇拝の対象としてきた山岳神社は、山伏から離れ神官の手に移り、独自の山岳宗教色を失うこととなっていったのです。


  In this way, God and Buddha gradually fused in Japan. It is said that Shugendojya (Mountain priest) spread Kumano Gongen in Japan. Afterwards, occupants such as the teacher (Osh), the leader (Sendachi), Kumano Bikuni (woman guid) became to appear, and they walked by propagating Kumano nationwide.

However, in 1872, Such kind of occupatinal mountain leaders became to lose its own religious color by the order of the Japanese government. Mounatin priest has long considered as worshipers moved away from Yamabushi to the shrine priests' hands.(by Michi)

[PR]
# by wakayamakiga | 2017-05-26 00:32 | introduction | Comments(0)

世界遺産熊野・高野の英語ガイドメンバーのブログです


by 熊野小僧(kumano kozo)
プロフィールを見る
画像一覧