<   2017年 06月 ( 3 )   > この月の画像一覧

From Ichinose Oji to Takijiri Oji/一之瀬王子~鮎川王子~滝尻へ

 梅雨というのに良いお天気が続いています。6月15日(木)、KIGAのメンバー16名が上富田町の市ノ瀬から岩田川(現富田川)沿いに滝尻まで歩きました。約12km。
 ゴールの滝尻王子前で集合写真です。かなり蒸し暑い1日でしたが、今日も1日無事に歩けて、皆さんの表情はさわやかです。
d0360104_10493561.jpg
Kozenji temple / 興禅寺
d0360104_10483568.jpg
The biggest statue of Bodhidharma at Kozenji temple/ 興禅寺の達磨像
d0360104_10483952.jpg
 Kozenji temple is called "Daruma dera" or Daruma temple. There is a giant Daruma statue which is the biggest one in Japan.
Bodhidharma is the founder of Zen sect Buddhism and called Daruma in japan. Another meaning of Dharma is the "theory" of Buddhism.
 This Daruma statue was built by Mr.Yoshida former priest of this temple in 1974. He felt great sorrow about dead soldiers in the WWⅡ. He gathered the sand of South Pacific Islands and South East Asian countries where cruel fighting happened. The places he went to and gathered dead bone and sand count 120places. He mixed that sand and built a Daruma statue by himself with praying for peace.
 This temple stands at the foothill of the mountain range at south of Tonda-gawa river. In this area there are many rice paddys and ancient Japanese landscape remains. Soon the chorus of many frogs will begin.
 In the well maintained garden there are many trees and floweres. In the bright June sun light, garden were filled fresh green and was very beautiful. Some of floweres were full bloom. Two gardeners were working for pruning the garden trees.(Yasuo.H.)

 興禅寺は、「だるま寺」と言われています。日本で最大の巨像である達磨の像があります。Bodhidharmaは禅宗の仏教の創始者であり、日本ではDarumaと呼ばれています。Dharma の別の意味は、仏教の「理論」です。
 1974年に寺の元住職の吉田氏が建てたものです。WWⅡで死んだ兵士に大きな悲しみを感じました。彼は残酷な戦いが起こった南太平洋諸島と東南アジア諸国の砂を集めました。彼が行き、死んだ骨と砂を集めた場所は120ヶ所です。彼はその砂を混ぜて、平和を祈って自分でダルマ像を造りました。
 この寺は富田川の南にある山脈のふもとに立っています。この地域には多くの水田と古代の日本の風景が残っています。すぐに多くのカエルの合唱が始まります。
 よく整えられた庭には、多くの木々や花があります。明るい6月の太陽の光の中で、庭は新鮮な緑で満たされ、とても美しかったです。花の一部は満開でした。2人の庭師が庭の木を剪定するために働いていました。
 
 岩田川(現富田川)
d0360104_10480111.jpg
 Ichinose Oji / 一之瀬王子
d0360104_10482800.jpg
 Ichinose Oji is 15 minutes’ walk from Kozenji temple. A big camphor tree led us to the Oji. Ichinose Oji is also called Yabunaka Oji.
It was originally at the crossing of the Iwata River, and the name comes from the Ichi-no-se, Ni-no-se, and San-no-se place names. It also derives from the old village name of Ichi-no-se.
 Long time ago the river was narrow and pilgrims crossed the river and purified themselves and worshipped the gods of Kumano. 
In Chuyuki, Munetada Fujiwara wrote he crossed the river 19 times. On the bank of the river, I thought about ancient times when ex-emperors and court ladies had crossed the river on foot. (Yumiko.S)

 一ノ瀬王子は興禅寺から歩いて15分程に有ります。大きな楠の木が導いてくれました。別名「藪中王子」とも。「一ノ瀬」はもともと岩田川の渡りの「一ノ瀬、二ノ瀬、三ノ瀬」からきた地名であろうが、旧村名の「市ノ瀬」から「市ノ瀬王子」とも呼ばれます。
 当時は川幅も狭く、御幸が盛んな頃には、一ノ瀬、二ノ瀬。三ノ瀬で垢離が行われたらしい。この川を歩いて渡ることが禊であり、平安期藤原宗忠は19回も渡河重ねています。
川を渡る、上皇や女院達に想いを馳せました。 岩田川の沿岸を歩きます。
d0360104_10480824.jpg
 庚申さん
d0360104_10481621.jpg
 鮎川王子址と大塔宮劔宮址の記念碑
d0360104_10484747.jpg
 古道は山間の狭い道が続いています。
d0360104_10490888.jpg
 藤原定家の歌が刻まれています。「そめし秋を くれぬとたれかいはた河 またなみこゆる 山姫のそで」 山姫とはだれのことを想って歌ったのでしょうか?清姫か、あるいは地元の娘さんか?
d0360104_16271282.jpg
 真新しい木の橋が。
d0360104_10491344.jpg
 橋が見えてきました。蕨尾(わらびお)橋です。この橋を渡らずに、橋の下を潜って歩きます。しばらく急な山道が続いています。
d0360104_23503539.jpg

  山の尾根が続いています。自然の懐にいることを実感しながら歩きます。 
d0360104_23503120.jpg

山、山、山。
d0360104_10491978.jpg

 清姫の墓につきました。
d0360104_16272537.jpg

清姫が泳いだと伝わる真砂渕の水は今日も透明に澄んでいます。
d0360104_10492879.jpg


Map (From Inabane Oji to Takijiri Oji)
d0360104_09420709.jpg









[PR]
by wakayamakiga | 2017-06-25 15:25 | Kii route /紀伊路 | Comments(0)

潮見峠のひるね王子で・Hirune Oji in Shiomi pass

 田辺から潮見峠を越えて

 On May 15th, we walked the Shiomi pass. The following sentences are written by KIGA members. 
 5月15日、私たちは潮見峠越えの道を歩きました。以下はKIGA会員からの投稿です。
d0360104_21094990.jpg
ひるね茶屋で
d0360104_23220454.jpg
  After we got off a taxi, we started walking along the winding path leading up to the depths of the mountains. Spotting unfamiliar tiny flowers on the way, we enjoyed the refreshing smell of May breeze.
  We hiked about 2 hours and then finally found a suitable place for lunch.  
  It was an old building called a “cha-ya , or a teahouse in English. At the place, we happened to meet an elderly man, who is the owner of it and used to run.  
  We understood he seemed to be proud of being the land owner there. He said he would still like to entertain whoever drops by. He showed me his small pond full of red fish and his cage with two cute hamsters in. And he told me that he enshrines one of the sacred deities called “Hirune Oji” right next to the pond.
Furthermore, he proudly said that there is ground nearby spacious enough for a helicopter to land on. One thing you shouldn’t miss is a view, if you come, you can enjoy the panorama of the city of Tanabe and the Pacific Ocean because the cha-ya stands almost near the mountaintop.
  While we sat on logs eating lunch, we were greatly healed by the whisper of green leaves of tall trees rustling in the breeze and the cha-ya owner’s friendly face full of good intentions.

  We even had fun riding on a handmade swing hanging from a sturdy branch. Can’t this place be called a kind of “heaven”, which contains scenic beauty, a cozy atmosphere nature creates and the welcoming warmth coming from the old man.

 Oh, I almost forgot that we were on the way to Kumano Shrine, which people believe is a place where they can revive. These places must be real heaven.
 By sipping a cup of free coffee he offered, we recharged our batteries. Of course we thanked the man for his hospitality, and also were thankful for the abundance of nature and our country’s long history.
 Then we departed for the “Shiomi Toge” (Teruyo)


私たちはタクシーを降りたのち、山中へと続くくねくねした道を歩きはじめた。途中、名前も知らない小さな花たちを見つけながら、5月のさわやかな風にふかれ、楽しく登っていった。
 約2時間歩き、やっとお昼ごはんにぴったりな場所を見つけた。茶屋と呼んでいいだろう。
そこで私たちは一人のご老人にたまたまでくわした。彼は昔、その茶屋を本格的に営んでいたが、今はもう閉めているという。 どうやら彼はその土地に結構、誇りをお持ちのようだ。彼いわく、立ち寄られる方どなたでももてなしてあげたいと。 
 旅人の私を彼が造ったと自慢げに、優雅に泳ぐ小さな緋鯉がたくさんいる小池に案内してくれたり、彼がかっている本当にかわいいハムスターも見せてくれた。 彼は小池のそばに、彼の先祖が大切にしていた”ひるね王子”という小さな祠を造り、日々お参りしているとのこと。
  さらにヘリコプターが離着陸できる結構広いグラウンドを、このような狭い峠の山中に所有していることを誇らしげに伝えてくれた。

  一つ、ここを訪れる時、見逃せないのはその景色だ。田辺市内を一望でき、果ては太平洋も望める大パノラマビューだ。この場所は山頂近くにあるので、こんな景色を楽しむことができる。
  私たちが丸太の椅子で弁当を食する間、木々の梢の木の葉たちが風にそよぎ、かすかなざわめきを聞くと心が癒されるのを感じていた。それに茶屋のご主人の善意に満ちた素敵な笑顔にも勿論いやされた。
 そして更にご主人お手製のしっかりした木の枝にゆわえつけられたブランコに乗ったなら、ここは天国と呼んでも良いのではないかと思った。

  美しい自然が迎えてくれる居心地の良さ、ご主人が醸し出すアットホームな温かさ・・・。
  あ、そうだ、もう少しで忘れてしまうところであった。私たちは熊野大社への道中であった。熊野大社は人々が生き返れる、よみがえれるという有難い神様の居場所・・。熊野大社も大社に続くここも天国ではあるまいか!
  無料のコーヒーを頂き、再びエネルギーを充電した私たちは、ご老人のもてなしに感謝をして、古の昔から残る長いこの国の歴史や自然にも心から頭を垂れつつ、潮見峠へ向かった。
   
d0360104_21095349.jpg
水源が豊かな地で各所に滝が見られます。
d0360104_21095780.jpg
Nejiki-no-sugi in Siomi-toge-pass ねじ木の杉と清姫伝説

 There is a historecal big cedar tree called Nejiki-no-sugi. It's about 20 meters hight and 6 meters in circumference.
 Looking up the tree, I'm overwhelmed by the odd. Shaper branches. 
There is a story of this tree.
 In the Heian era, there was a young monk called Anchin. 
 When he visited Kumano, he stayed a house. There was a young owner's daughter called Kiyohime.
  Anchin was very handsome, therefore she fell in love with him and asked him to marry her. But he didn't answer about it and said "I'll come back to see you again." Then he left for Kumano.
 
She had been waiting for his return. But he didn't come back. He took another way. He ran a way from her. As soon as she knew the truth, she chased and ran up to Siomi-toge pass, climed up the big cedar tree.
Finally she found him, and screamed "I'm annoyed, come back , please!"
At the end, the cedar tree twisted by her anger.
This story is a little defferent from the Dojoji-temple version. But it has been passed down since old days in this area.  (Michiko)

  潮見峠にねじ木の杉と呼ばれる大きな杉の木があります。高さ約20m、周囲約6mで、下から眺めると異様な枝に圧倒されます。
  この木にまつわるある物語が伝わっています。
  平安時代、安珍という若い僧がいました。彼が熊野詣をした時、ある家に宿を借りました。その宿には清姫という若い娘がいました。安珍は大変ハンサムだったので、清姫は気に入り、「私をお嫁さんにして下さい」と言いました。 しかし、彼は熊野詣での途中であったので、すぐに返事をしませんでした。
  それでもしつこく頼む清姫に「熊野詣の帰路、必ず会いにくるから」と約束して熊野へ旅立ました。
  清姫は安珍の言葉を信じて、彼の帰りをずっと待ち続けました。けれども、いつまで待っても彼は帰ってきません。 彼は別の道を通って帰ったことを、旅の人 から聞いた時、清姫は彼を追いかけて走りはじめました。
  潮見峠をこえて、大きな杉の木によじ登りました。そして「悔しい、安珍、戻ってきて!」と叫ぶと、たちまち杉の枝が彼女の怒りでねじ曲がったと言います。 
  この話は道成寺に伝わる物語とは少し異なります。この地域では、昔から伝えられてきた話です。 
  ある時、真砂庄の庄司が蛇を助けた所、美しい女性が現れ、嫁になって住みつき、清姫が生まれました。 安珍の鏡に映った清姫は蛇の姿であったので、驚いて逃げ出したという話も伝わっています。



[PR]
by wakayamakiga | 2017-06-08 23:57 | Kii route /紀伊路 | Comments(0)

From Ichinose to Takijiri. 市ノ瀬~滝尻へ

Information from Kumano Kodo walking party in june.

 It became the hydrangea flower season. We will walk from Ichinoso in Kamitonda to Takijiri.

A statue of Dharuma is in Kozenji Temple. This statue was built by the chief priest Yoshida afterr World War II with the wishes of peace.


A daruma statue of Kozenjii / 興禅寺の達磨像  
d0360104_00143843.jpg

     In ancient times, People walked while doing purification ceremony in the Iwatagawa river (now the Tondagawa River). They went around from Ichinose to Ninose(second se) and Sannose(third se) to Takijiri in this river. It came from the Ichinose Oji's name, se means water front.
We are looking for participants to walk with us.


【Date and time】 June 15 (Thu) 8: 45
[Aggregate] JR Kii tanabe Station (we willl take the bus at 8:50)
【Course Schedule】 Kii tanabe ➡Ichinose Bus Station ➡ Kozenji temple ➡ Ichinose Oji ➡ Ayukawa Oji ➡Hokusogi Bridge ➡ Kiyohime's Grave ➡ Takijiri Oji (15; 35 Tanabe Line by Bus)
[join fee] 500 yen
【Application】 e - mail kiga@silk.plala.or.jp KIGA (Michi Azuma)


熊野古道歩こう会 6月のご案内

紫陽花の花の季節となりました。6月は上富田町の市ノ瀬から滝尻王子まで歩きます。興禅寺にはダルマの像が建てられています。第2次世界大戦のあと、平和を祈って、先代の吉田住職さんが建てたものです。

  古代、熊野詣では岩田川(現在の富田川)に流れる水の中を禊をしながら歩きました。一之瀬、二の瀬、三の瀬と辿って歩いたことが、市ノ瀬の名の由来です。
ウオーク参加者を募集しています。

【日時】  6月15日(木) 8:45
【集合】  JRきいたなべ駅 (8:50発の路線バスに乗車します)
【コース予定】 きいたなべ➡市ノ瀬バス停➡興禅寺➡市ノ瀬王子➡鮎川王子➡ほくそぎ橋➡清姫の墓➡滝尻王子(15;35発田辺行バスに乗車予定)
【参加費】 500円 (資料代など)
【申 込】 e-mail kiga@silk.plala.or.jp KIGA(Michi Azuma)   

 Mountains and rivers in the blue sky, and nothing else in the ground.
青い空に山と川、他になにもない地です。 
d0360104_00184640.jpg
 
d0360104_00185201.jpg
 Kiyohime's tomb / 清姫の墓
d0360104_00185675.jpg
Kumano Kodo kan in Takijiri
d0360104_00190948.jpg

[PR]
by wakayamakiga | 2017-06-04 01:43 | recommendation/お誘い | Comments(0)

世界遺産熊野・高野の英語ガイドメンバーのブログです


by 熊野小僧(kumano kozo)
プロフィールを見る
画像一覧