人気ブログランキング |

御坊日高博覧会「おんぱく」にKIGAから参加

d0360104_01031264.jpg
  御坊市、日高町の魅力を発信する市民参加型の催し「御坊日高博覧会(おんぱく)」が、今年も開かれています。2019年7月7日~8月18日までの43日間開催の催しに、program 04 として「古代を巡る古道万葉案内 in English 日高野に眠る史産~初の英語つき案内!」として参加。KIGAから5名が英語ガイドをつとめました。参加者31名でした。

d0360104_01031658.jpg
  万葉講師に馬場吉久先生(全国万葉協会理事・紀伊万葉ネットワーク副会長)、案内人は東 道/KIGA熊野・高野7国際語り部の会代表&英語ガイドスタッフ。主催は「有間皇子ことはじめ」&「星めぐり」スピンオフ。


d0360104_01033478.jpg
 スタート地点の道成寺の部屋をお借りして万葉衣装を着用。

d0360104_01034487.jpg
 おりしも道成寺本堂の前に蓮の花が咲いていました。

d0360104_01033957.jpg
  本堂で。若者から子供まで、万葉衣装をきた人たち。あいにくの雨ですが、衣装を着て歩くことにしました。

d0360104_01034980.jpg
 高校生のグループも参加しています。


d0360104_01034620.jpg
 境内の木
d0360104_01035372.jpg
 九海士王子(あまおうじ)の前で。雨が小止みになってきました。

d0360104_01035690.jpg
 湯川子安神社へ参拝。

d0360104_01041361.jpg
 湯川子安神社の主祭神は「コノハナサクヤヒメ」です。古代、熊野古道の道湯川に住んでいた湯川一族が、この近くの亀山城に居を構えていました。神社周辺は「小松原の館」と呼ばれ、海岸線が続いていたそうです。

d0360104_01041783.jpg
 境内に樹齢1000年の樟がそびえています。
d0360104_01042778.jpg
 湯川子安神社から岩内へ。岩内1号墳へ続く道沿いに葛の花。

d0360104_01042931.jpg
  チチ(イヌビワ)が実をつけていました。
d0360104_01043344.jpg
 岩内1号墳へ着きました。有間皇子の墓だと言われています。

d0360104_01043603.jpg
 岩内古墳の前で記念撮影です。このあと、ホテル「フォレストイン御坊」でお茶会を楽しみました。

# by wakayamakiga | 2019-07-14 01:38 | The Onpaku/おんぱく | Comments(0)

From Inami to Nakayama Oji /印南~中山王子へ

d0360104_22481498.jpg
 梅雨に入り、集中豪雨が各地を襲っています。7月4日(木)、前日から大雨予報でしたが、朝には降りやんでいたので、予定どおり、熊野古道ウオークを実施しました。この日は紀伊路のJR印南駅から榎峠を越えて岩代まで歩きました。午後には晴れ、夏空となり、快適に歩くことができました。

 It became the rainy seazon and heavy rains have hit all over the country.
On July 4th (Tursday), it was also a heavy rain forecast from the day before,but it is not rain in the morning, so we could walk on the Kumano Ancient road as scheduled.
 On that day, we walked from JR Inami Station on Kii road to Iwashiro Oji over the Enoki pass. It was sunny in the afternoon and I could walk comfortably.

d0360104_22483621.jpg
  印南駅から南へ向かい、JRの線路を渡ると八幡神社があります。


d0360104_22483921.jpg
  境内に大きな木が茂っています。

d0360104_22484409.jpg
 一度は倒れた木ですが、葉が茂っています。

d0360104_22485316.jpg
 年輪

d0360104_22485624.jpg
 駅の近くにヤブカンゾウの花が咲いていました。

d0360104_22485919.jpg
 この虫の名前が判りませんが。

d0360104_22490506.jpg
 東光寺に着きました。
 東光寺は、室町時代より、浄土宗の寺です。15世紀半ば、小栗判官の話に有名な、常陸の国小栗城主満重が、照手姫の曳く箱車に乗り、熊野湯の峰へ、向かう旅路、立ち寄り、薬師如来の、お告げで、ビワ湯治療を受け、21日逗留したと伝えられます。さらに、熊野湯の峰での湯治に向けて、旅立って行ったと言われます。湯の峰にも、湯胸薬師、東光寺が有ります。

Tokoji is a temple of the Jodo sect. Oguri Mitsuhide, who was lord of Oguri castle in the Kanto area and had almost died, sat in a wagon which Terute, his wife, pulled a long way. They stopped at Tokoji in Inami and stayed for 21days. They recieved spa treatments using loquat leaves. They left Tokoji to head for Yunomine spa in Kumano for more spa treatments.
There is a temple called Tokoji in Yunomine, too.

d0360104_22501251.jpg
 東光寺本殿。ここは小栗判官が逗留した伝説が残っています。

d0360104_22490849.jpg
 境内入口に六地蔵が並んでいます。

d0360104_22502169.jpg
 医王院。医薬にご利益があるそうです。

d0360104_22492130.jpg
 「南無薬師如来」と書かれています。

d0360104_22493506.jpg
 こちらは稲荷大明神。

d0360104_22500998.jpg
 隣の祠の中に古い時代の石仏を安置しています。

d0360104_22493213.jpg
 ガクアジサイ

d0360104_22493856.jpg
 境内の奥に並ぶ石仏と五輪塔

d0360104_22494020.jpg
 寺の歴史を物語る石塔と瓦石たち。

d0360104_22491409.jpg
 桔梗。万葉集ではアサガオです。

d0360104_22520835.jpg
 寺の入口付近の小さな祠の中に石仏が。庚申さんですね。良く見れば「見ざる」の猿が彫られています。

d0360104_22521732.jpg
 のこぎり坂から古道に沿って歩くと、国道42号線と合流しました。「斑鳩王子」の標識が倒れていたので、立ててみたのですが、根の部分が腐敗しているようです。

d0360104_22522677.jpg
 国道に沿って少し歩きます。海の見える景色です。


d0360104_22522140.jpg
 斑鳩王子社が石段を上った丘に上にあります。


d0360104_22524033.jpg
 さらに国道に沿って歩きます。標識が立っています。車の場合はここから東光寺へ行くことができます。


d0360104_22523452.jpg
 沿道に咲く白いユリの花。



d0360104_22524379.jpg
 切目神社の入口に万葉歌碑があります。


d0360104_22531566.jpg
 切目五体王子社と書かれています。令和の旗も。



d0360104_22525154.jpg
 切目神社。この神社には平清盛、大塔宮など多くの伝説が伝わっています。


d0360104_22525581.jpg
 ご神体は裏向なので、裏から参拝するそうです。


d0360104_22530240.jpg
 天然記念物「ホルトノキ」。ナギの大木など、社叢は古木に囲まれています。

d0360104_22530621.jpg
 ホルトノキー② 大きいので一枚の写真に納まりません。

 切目王子は五体王子と呼ばれ、熊野古道沿いの約100か所の王子の中で最も重要な5つの王子社の一つです。また、この王子にはたくさんの話が伝わっています。多くの巡礼者がここに泊まり、皇室の宿舎がありました。王子社の起源は2,3世紀に遡ります。
 Kirime Oji is one of the five greatest oji shrines called "Gotai oji" among about 100 ojis along the Kumano Kodo. Also there are many stories about this oji. Many pilgrims stayed there, and there are guest houses for the imperial family. The origin of this oji is very old. It has been there since the 2nd or 3rd century..

 平清盛が熊野詣でのために1159年にここに来た時、源の軍が蜂起した知らせを受け、すぐ、京都に引き返して、反乱軍を平定しました。
 Taira Kiyomori was traveling to Kumano and stayed there in 1159. Then he received the information about the Minamoto clan's uprising. He immediately returned to Kyoto and cracked down on the rebels.

 後鳥羽上皇が1200年にここで歌会を催しました。11人の歌人が、懐紙にそれぞれ2つの歌を書き、これらは京都に保存されていて、コピーがこの王子社にあります。
 Ex-emperor Gotoba's poem contest was held there in 1200. Eleven poets made two poems each on their Kaishis or poem papers. These papers are kept in Kyoto and copies are in this oji shrine.-

 後醍醐天皇の息子である、大塔の宮が、1331年にここから十津川村に逃れました。彼は父の政権に反旗を翻したが、詳しいことはわかりません。
 Prince Oto, the son of emperor Godaigo, escaped from this shrine to Totsukawa village in 1331. He opposed his father's authority but the details are not clear.

 豊臣秀吉が1585年に紀州攻めでこの神社を焼き払いました。秀吉の攻撃は日本統一の最終段階でした。湯川一族はこの戦いで滅亡しました。
 Toyotomi Hideyoshi attacked Kishu, ancient Wakayama and burned this shrine in 1585. Hideyoshi's attack was the last step in the civil war for the unification of Japan. He wiped out the Yukawa clan in this war.

 紀州の初代藩主、徳川頼宜が1665年にここにナギの木を植えました。樹齢は300年以上です。
 First Kishu ruler of , a member of Tokugawa clan planted a Nagi tree here in 1665. Nagi or Asian Bay Berry is the typical tree for the shrine. The age of this tree exceeds 300 years old.(by Yasuo H)
d0360104_22532342.jpg
 切目神社からさらに南へ古道が続きます。


d0360104_22532677.jpg
 古道沿いに初夏の野草。


d0360104_22524815.jpg
 

d0360104_22533089.jpg
 切目川に着きました。

d0360104_22533365.jpg
 切目橋からみた国道42号線と海。曇り空ですね。

d0360104_22533501.jpg
 チチ(イヌビワ)でしょうか?


d0360104_22533905.jpg
 古道は切目駅へ。駅でトイレ休憩をすませて、高架をくぐると右手に光明寺が目に入ります。

d0360104_22534281.jpg
 光明寺の六地蔵

d0360104_22564051.jpg
 この寺の蘇鉄が天然記念物に指定されています。


d0360104_22572233.jpg
 蘇鉄。本当に太い幹ですね。


d0360104_22534775.jpg
 徳本上人像


d0360104_22572787.jpg
 梵鐘の変わりにされた石

d0360104_22573012.jpg
d0360104_22540266.jpg
 水子地蔵尊
 
d0360104_22574196.jpg
 手入れの行き届いた庭園です。

d0360104_22574481.jpg
 光明寺をあとに、峠を上ります。途中に若宮社遺跡とかかれた石碑が立っています。


d0360104_22574862.jpg
 若宮社の説明板。中山王子より古い時代からここに若宮社があったそうです。このあと、中山王子まで少し登り坂となっています。



# by wakayamakiga | 2019-07-11 21:42 | Kii route /紀伊路 | Comments(0)

From Nakayama Oji to Iwashiro Oji /中山王子~岩代王子へ

d0360104_22390956.jpg
 7月4日、JR印南駅から斑鳩王子、切目王子を経て中山王子の鎮座する榎木峠へ。峠の頂上付近に海を見晴らす台地があります。島田の集落が海の下にあるかのように見える景色です。

d0360104_22391812.jpg
 道路の右側に数基の石塔が並んでいます。

d0360104_22392222.jpg
 宝篋印塔?

d0360104_22392522.jpg
 こちらは仏像のようです。

d0360104_22394000.jpg
 中山王子神社で昼食を済ませて、榎峠を下ります。勾配の緩やかな歩きやすい道です。

d0360104_22395850.jpg
 向こうにトンネル?・・・ではなくて、樹木が茂っているだけです。

d0360104_22400153.jpg
 前日からの大雨で、道路は小川のように水が流れています。

d0360104_22400991.jpg
 テイカカズラの花が咲いていました。

d0360104_22401318.jpg
 右手の向こうに狼煙山。古い時代にはここで狼煙をあげたと伝わっています。


d0360104_22402926.jpg
 ネムノキの花が咲いていました。

d0360104_22403282.jpg
 榎木峠を下りきった所で左折、左手に徳本上人名号碑があります。


d0360104_22403562.jpg
 独特の文字と、その下に文様が彫られています。

d0360104_22403919.jpg
  名号碑から西岩代へ向かいます。祠がありました。

d0360104_22404538.jpg
 庚申さん。

d0360104_22404930.jpg
 民家をぬけて国道42号線へ。白い桔梗の花が咲いていました。


d0360104_22405497.jpg
 国道42号線。

d0360104_22405925.jpg
 JR紀勢線と、国道42号線が並行しています。茂みの中の有間皇子結松記念碑が立っています。

d0360104_22411174.jpg
 42号線から、再び民家の並ぶ道をとおり光照寺へ向かいました。途中、食用をそそる良い匂いが立ちこめてきます。折しも、梅工場で梅の塩漬けをしていました。


d0360104_22411446.jpg
 光照寺へ着きました。


d0360104_22411953.jpg
 寺の左手(北側)に万葉歌碑が2基並んでいます。


d0360104_22412267.jpg
「岩代の 浜松が枝を 引き結び 真幸くあらば 又還り見む」 万葉集、有間皇子の歌です。

d0360104_22412598.jpg
 犬養孝先生揮毫の万葉歌碑

d0360104_22420619.jpg
 光照寺本堂

d0360104_22420915.jpg
 光照寺から右手へ、西岩代へ向かう道路には四季折々の野草の花が咲いています。ヘクソカズラです。

d0360104_22421373.jpg
 道路の汚水蓋にも梅のマーク。



d0360104_22422048.jpg
 西岩代八幡神社に着きました。


d0360104_22422365.jpg
 境内の大きな建物があります。回り舞台です。


d0360104_22422697.jpg
 回り舞台の地下の構造。


d0360104_22423881.jpg
 西岩代八幡神社は応神天皇を主祭神とし、仲哀天皇と神功皇后を祀っています。


d0360104_22433331.jpg
 境内の狛犬(ン形)


d0360104_22433645.jpg
境内の狛犬(ア形)


d0360104_22434954.jpg
 長い石段です。


d0360104_22434582.jpg
 石段の途中に可憐な花が咲いていました。


d0360104_22443592.jpg
 西岩代八幡神社から海岸に向かって歩きます。42号線の高架を潜れば海です。
d0360104_22585496.jpg
 海の向こう、左手に千里海岸が続いています。


d0360104_22444153.jpg
 今日は曇り空で、海の色も青くはありませんが。

d0360104_22590357.jpg
岩代神社に着きました。


d0360104_22444609.jpg
 岩代王子社
  
 熊野詣が広く世に知られるようになったのは11世紀の平安時代。上皇や天皇が京の都から片道320キロメートルの遠路を往復で1ヶ月かけて巡礼しました。
 熊野古道に100近く点在する王子社のうち、中辺路ルートではみなべ町にある岩代王子が最も海の近くに建立されています。JR岩代駅近くの踏切を渡り木立の中を数分歩くと、突然目の前に太平洋の大海原が開けます。京の都から遠路旅してきた熊野詣の一行はここで潮風に吹かれ、水平線の遙か向こうには極楽浄土があるとの想いを強く抱いたのかもしれません。
 岩代王子の小さな祠は海岸丘の上から何百年にも渡りこの波立つ熊野灘を見つめてきました。岩代王子は1082年の「熊野本宮古記」に既にその名を刻んでいます。
 明治41年に神社合祀令が出され、岩代王子も近くの西岩代八幡神社に合祀されました。しかし、お社を移してから関係者が次々と病に倒れたり、海難や不漁に見舞われたりしたので、御神体を再びこの海を臨む旧社に戻し、今日に至っているそうです。
 王子社の祠の中には毀損著しい12世紀作の男神像が鎮座しているそうですが、普段は祠に鍵がかけられ、中をうかがい知ることはできません。
 
 Pilgrimage to Kumano gained momentum in the 11th century, when emperors in emeritus and sitting emperors traveled eagerly on the Kumano ancient road. Their round trips from Kyoto, then the country’s capitol, took about a month and their parties sometimes consisted of more than 800 noblemen, ladies in waiting and other followers.
  About 100 Oji-sha (shrines where pilgrims prayed for a safe trip) spotted on the ancient Kumano road. Among them, Iwashiro Shrine in Minabe is located most closely to a seashore on the Nakahechi route.
  Crossing a railroad near the Iwashiro Station and walking through woods for a few minutes, you may be astonished because a wide view of the vast Pacific Ocean and empty beach suddenly come into sight. A small shrine of Iwashiro Oji stands on a dune there, probably having overseen the ocean for centuries.
  In ancient times, it may have dawned on pilgrims that there might be the Land of Paradise somewhere beyond the horizon.
  The name of Iwashiro Oji appeared in documents as early as in the 11th century.
 The imperial edict in 1906 advocated the shrine merger policy. Approximately 70,000 out of 200,000 shrines in Japan were abolished by 1914.
 Iwashiro Oji, despite its long history, was also moved and merged with Nishi Iwashiro Hachiman Shrine on a small mountain in the community.
  Following the transfer, a series of misfortunes hit the village; those who were involved in the Oji Shrine merger became ill, sea disasters occurred and local fishermen struggled with a poor catch. The incidents led the villagers to revive the Iwashiro Oji at the original spot.
  According to a guidebook written by local researches, a small wooden statue of a male god sits in the small shrine building, which is as small as a birds’ house. Today, the door of the building is locked and it’s impossible to check what is inside it. (by Mayumi O)
d0360104_22445748.jpg

 可愛い花が咲いていました。古道はいまやJRの線路の下に埋もれてしまいましたが・・・。駅まで徒歩3分です。

# by wakayamakiga | 2019-07-06 23:54 | Kii route /紀伊路 | Comments(0)

2019年7月の歩こう会のご案内 part-2

d0360104_14025492.jpg
 紫陽花の季節です。KIGAでは熊野古道、高野山など、和歌山の歴史の道をたずねて歩きます。先に『御博』のご案内をしましたが、熊野古道・7月の歩こう会のご案内です。
 ・英語ガイドの勉強会は毎月第2、第4木曜日、13:30~16:30
 (歴史講座と、ネイティブ講師で。和歌山市三木町30番地「BMC英会話」。参加費は1000円(1回))・次回は6月27日、7月11日、25日です。

紀伊路・印南~切目~岩代王子へ
【日時】 7月4日(木) AM8:30
【集合】 JR印南駅(JR和歌山駅6:54発田辺行きが便利です。¥1320円)
【コース予定】印南駅➡東光寺➡斑鳩王子➡切目王子➡切目中山王子➡榎木峠➡徳本名号石➡有間皇子結び松➡岩代王子➡岩代駅(約7,6km。標高差80m)
※参加費 500円(資料代など)+交通費は実費

★8月からの予定 
8月1日(木) 高野山 大門~金剛峯寺~刈萱堂~一の橋~弘法大師御廟
9月5日(木) 大阪の道/天王寺~阿部寺跡~松虫塚~安倍晴明神社~住吉神社~堺王子~方違神社

※持ち物 お弁当、飲料、タオル、雨具、杖、保険証、着替えのシャツなど。
【申込・連絡先】
 ℡・fax 073-478-2711  E-mail kiga@silk.plala.or.jp (東)
KIGA 熊野・高野国際語り部の会



# by wakayamakiga | 2019-06-20 14:04 | Information/ウオーク案内 | Comments(0)

熊野古道歩こう会7月のご案内 Invitation of Kumano Kodo walking in July

 
d0360104_00303580.jpg
  道成寺の千手観音像 Senjukannon statue in Dojoji Temple

 紫陽花の花が咲きはじめると梅雨です。
 7月の 熊野古道歩こう会のご案内です。7月は13日(土)、宮子姫ゆかりの道成寺から熊野古道沿いの岩内1号墳を訪ねます。
 今回は御坊・日高地方で開催の「御博」にKIGAのメンバーが英語ガイドとして参加、英語の資料を配布させていただきます。
 日本語の語り部は御坊の東 睦子さんと東 道が担当。万葉衣装の撮影会もあります。ぜひご参加ください。
 
 Guided Tour of Kumano Ancient Road and Japan’s Oldest Poem Anthology “Manyoshu” - Let’s Put on Japan’s Ancient Costumes!
  Let’s join a tour with Japanese and English guidance to visit historic spots in the Gobo and Hidaka areas.
  The region features a lot of places connected with Japan's ancient history and well-known figures; Fujiwarano Miyako (Miyako hime), who became the empress in the 8th century and a daughter of Fujiwarano Fuhito, an editor of Nihon-Shoki (the oldest chronicle of Japan); Arimano-miko, a royal prince killed in a conspiracy surrounding the succession to the throne in the 7th century. His episode was written in Manyoshu as well as Nihon Shoki.
  In this tour, we will make stops at historic places and cover a part of Kumano ancient road, visiting a few Oji shrines (a place where travelers to Kumano prayed for a safe trip.)
  We will prepare costumes of Japan’s ancient times and help you put them on at Dojoji Temple if you would like, offering a great opportunity to take photos.
d0360104_00301734.jpg
岩内1号墳 Iwauchi 1st tomb

【日時】7月13日(土)PM12:30(JR和歌山駅東口10:30)
【集合】JR道成寺駅 (JR和歌山駅から車で移動します。要予約)
【コース予定】道成寺駅➡道成寺(撮影会予定)➡蛇塚➡蓮の里➡吉田八幡宮➡九海士王子➡湯川子安神社➡岩内王子➡岩内1号墳➡4:30 (近くのホテルでコーヒーを頂きながら交流会があります。)5:00 終了予定
※参加費500円(ドリンク代含みます)+交通費(和歌山駅から車に乗られる方はガソリン代+高速料金を全員で分担します)
※車で移動します。車で来られる方は駐車場を確保しますので、お申し出ください。
※お手数ですが、連絡はショートメールまたはe-meilでお願います。
【連絡先】090-1531-6320 (東 睦子)/090-2062-778(東 道)
 e-mail kiga@silk.plala.or.jp(KIGA歩こう会)
 
Date: July 13, Saturday
Time: We will meet at JR Dojoji Station at 13:00. Please don't be late. Tour will be over around 16:30 and we will have a tea party through around 17:00.
Participation Fee: 500 yen per person (including drinks at a tea party.)
We don't provide a group insurance for a tour. Please prepare for yourself. We won’t go on a tour if we have participants of less than five. First-come-first-served basis.
Please prepare for the heat―bring drinks and hats. Prepare outfits for a walk and bring long-sleeve shirts and jackets to avoid bug bites.
 Entry: Please mail via short--message-service (SMS) to a mobile-phone of Mutsuko Azuma 090-1531-6320 and let her know the name of your group’s representative and the number of participants. Individual participation will be also welcome.
  Please contact the mobile phone number if you want to confirm a tour on a rainy day or if you want to join a tour in thePlanned Route: Dojoji→Aitokusan Oji→Ama Oji→the spot said to be a birth place of Fujiwarano Miyako→Iwauchi→Suzuki house.
 We will move by cars between the spots.
d0360104_00465874.jpg
d0360104_00465567.jpg

# by wakayamakiga | 2019-06-12 00:41 | introduction | Comments(0)

KIGA 熊野・高野国際語り部の会のブログです


by 熊野小僧(kumano kozo)
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る