ようこそ熊野へ / introduction

Wellcome to the Ancient Pilgrimage Routes to Kumano & Koya
d0360104_10304612.jpg

和歌山県は、本州最南端に位置し、南西部を太平洋の長い海岸線に面してます。熊野から吉野へと続く大峰や果無などの険しい峰みねが広がり、70%以上が山並みです。その為、交通の不便な地であり、近代化の波に乗り遅れたかのように感じられる所もあります。れだけに開発されない自然と文化的遺跡が数多く残されているところです。

Wakayama Prefecture is located at the southernmost point of the island of Japan. Its coastline borders the Pacific Ocean to the southwest and to the northeast are the Omine and Hatenashi mountain ranges. Roughly seventy percent of Wakayama is composed of mountains, making road access difficult.  Due to its lack of accessibility、Wakayama may seem to lag a little behind modern Japan、but its remoteness has also allowed it to preserve many natural forests and cultural assets.
d0360104_10370653.jpg

和歌山県に人が住み始めたのは、約5000年から10000年ほど前だと言われています。その頃、すでにユーラシア大陸には高度な文化を持った人たちがいました。多くの渡来人たちが高度な文化を持ってやってきた玄関口であったようです。まだ国境のない時代、人々は海流にのって自由に交流していたと考えられます。熊野の新宮周辺には、中国の徐福が、3000人の童男女をつれて渡来した伝説が伝わってます。

 It is said that people began living in Wakayama Prefecture from around five to ten thousand years ago. At that time, people living on the Eurasian continent are believed to have been very culturally advanced. We can guess that many cultured people from overseas came to Kumano.In the days when the world had no borders, it is thought that people were free to ride the ocean currents and interact with people from other cultures.(by Yumiko)

d0360104_23571644.jpg
古来、日本人は自然の山や川、大きな岩や滝などに神が宿るという信仰を持ち、山や川そのものを神として崇拝してきました。やがて人々は信仰の対象物を求め、山の麓に祠を作り、宮や神社へと発展していきました。

険しい山々を歩いて修行する日本独特の山岳修験道者が全国に現れはじめました。開祖は役小角(えんのおづぬ)、(役行者(えんのぎょうじゃ)、神変大菩薩とも)と言われています。

奈良時代以降は仏教と結びつき更に発展。吉野から熊野にかけての大峰山で修行したため、大峰修験道と呼ばれました。一方、地方でも出羽三山(出羽修験)、四国石鎚山(石鎚修験)、九州の英彦山(えひこさん)(彦山修験)、など全国に広まり拡大していったのでした。


More than 3000 years ago, Japanese people have believed that deitys lived in nature, and therefore they have worshiped mountains, rivers, rocks, waterfalls, and other parts of nature.

In due time people began to make objects of religion. They made small shrines at the foot of mountains, It became many shrines later.

d0360104_00233480.jpg

はじめ、奈良の都では推古女帝の時代に仏教が中国から導入されようとしていました。しかし、日本古来の神道派と新しい仏教推進派が争い、聖徳太子や蘇我馬子率いる仏教推進派が勝利し、仏教文化が一挙に日本に導入されることとなりました。

時の政府は神仏習合の政策をすすめ、熊野においても主導者たちにより熊野の神は仏が権(かり)の姿で現れたのだという説がたてられました。


In the era of Empress Suiko of Nara, Buddhism had been introduced from China. However, the ancient Shinto faction of Japan and the new Buddhist faction fought and the Buddhist introducer faction led by Prince Shotoku and Empress Suiko won, and Buddhist culture was introduced to all of Japan.

The government of that time had recommended a policy of God and of Buddha syncretism. In Kumano, the theory that Buddha appeared in the figure of god was born. That was called Kumano Gongen.

d0360104_00234099.jpg

こうして、次第に日本において神と仏とが融合されていったのです。熊野権現を日本国内に広めたのは、山岳修験道者であったと言われています。しかし後には御師(おし)や先達(せんだち)、熊野比丘尼(くまのびくに)などの職業人が現われるようになり、熊野を全国に布教して歩きました。


しかし隆盛をきわめた山岳修験道は明治5年(1872)に修験道禁止令の発令により、修験道山伏たちが長い間崇拝の対象としてきた山岳神社は、山伏から離れ神官の手に移り、独自の山岳宗教色を失うこととなっていったのです。


  In this way, God and Buddha gradually fused in Japan. It is said that Shugendojya (Mountain priest) spread Kumano Gongen in Japan. Afterwards, occupants such as the teacher (Osh), the leader (Sendachi), Kumano Bikuni (woman guid) became to appear, and they walked by propagating Kumano nationwide.

However, in 1872, Such kind of occupatinal mountain leaders became to lose its own religious color by the order of the Japanese government. Mounatin priest has long considered as worshipers moved away from Yamabushi to the shrine priests' hands.(by Michi)

[PR]
by wakayamakiga | 2017-05-26 00:32 | introduction | Comments(0)

KIGA 熊野・高野国際語り部の会のブログです


by 熊野小僧(kumano kozo)
プロフィールを見る
画像一覧