潮見峠のひるね王子で・Hirune Oji in Shiomi pass

 田辺から潮見峠を越えて

 On May 15th, we walked the Shiomi pass. The following sentences are written by KIGA members. 
 5月15日、私たちは潮見峠越えの道を歩きました。以下はKIGA会員からの投稿です。
d0360104_21094990.jpg
ひるね茶屋で
d0360104_23220454.jpg
  After we got off a taxi, we started walking along the winding path leading up to the depths of the mountains. Spotting unfamiliar tiny flowers on the way, we enjoyed the refreshing smell of May breeze.
  We hiked about 2 hours and then finally found a suitable place for lunch.  
  It was an old building called a “cha-ya , or a teahouse in English. At the place, we happened to meet an elderly man, who is the owner of it and used to run.  
  We understood he seemed to be proud of being the land owner there. He said he would still like to entertain whoever drops by. He showed me his small pond full of red fish and his cage with two cute hamsters in. And he told me that he enshrines one of the sacred deities called “Hirune Oji” right next to the pond.
Furthermore, he proudly said that there is ground nearby spacious enough for a helicopter to land on. One thing you shouldn’t miss is a view, if you come, you can enjoy the panorama of the city of Tanabe and the Pacific Ocean because the cha-ya stands almost near the mountaintop.
  While we sat on logs eating lunch, we were greatly healed by the whisper of green leaves of tall trees rustling in the breeze and the cha-ya owner’s friendly face full of good intentions.

  We even had fun riding on a handmade swing hanging from a sturdy branch. Can’t this place be called a kind of “heaven”, which contains scenic beauty, a cozy atmosphere nature creates and the welcoming warmth coming from the old man.

 Oh, I almost forgot that we were on the way to Kumano Shrine, which people believe is a place where they can revive. These places must be real heaven.
 By sipping a cup of free coffee he offered, we recharged our batteries. Of course we thanked the man for his hospitality, and also were thankful for the abundance of nature and our country’s long history.
 Then we departed for the “Shiomi Toge” (Teruko)


私たちはタクシーを降りたのち、山中へと続くくねくねした道を歩きはじめた。途中、名前も知らない小さな花たちを見つけながら、5月のさわやかな風にふかれ、楽しく登っていった。
 約2時間歩き、やっとお昼ごはんにぴったりな場所を見つけた。茶屋と呼んでいいだろう。
そこで私たちは一人のご老人にたまたまでくわした。彼は昔、その茶屋を本格的に営んでいたが、今はもう閉めているという。 どうやら彼はその土地に結構、誇りをお持ちのようだ。彼いわく、立ち寄られる方どなたでももてなしてあげたいと。 
 旅人の私を彼が造ったと自慢げに、優雅に泳ぐ小さな緋鯉がたくさんいる小池に案内してくれたり、彼がかっている本当にかわいいハムスターも見せてくれた。 彼は小池のそばに、彼の先祖が大切にしていた”ひるね王子”という小さな祠を造り、日々お参りしているとのこと。
  さらにヘリコプターが離着陸できる結構広いグラウンドを、このような狭い峠の山中に所有していることを誇らしげに伝えてくれた。

  一つ、ここを訪れる時、見逃せないのはその景色だ。田辺市内を一望でき、果ては太平洋も望める大パノラマビューだ。この場所は山頂近くにあるので、こんな景色を楽しむことができる。
  私たちが丸太の椅子で弁当を食する間、木々の梢の木の葉たちが風にそよぎ、かすかなざわめきを聞くと心が癒されるのを感じていた。それに茶屋のご主人の善意に満ちた素敵な笑顔にも勿論いやされた。
 そして更にご主人お手製のしっかりした木の枝にゆわえつけられたブランコに乗ったなら、ここは天国と呼んでも良いのではないかと思った。

  美しい自然が迎えてくれる居心地の良さ、ご主人が醸し出すアットホームな温かさ・・・。
  あ、そうだ、もう少しで忘れてしまうところであった。私たちは熊野大社への道中であった。熊野大社は人々が生き返れる、よみがえれるという有難い神様の居場所・・。熊野大社も大社に続くここも天国ではあるまいか!
  無料のコーヒーを頂き、再びエネルギーを充電した私たちは、ご老人のもてなしに感謝をして、古の昔から残る長いこの国の歴史や自然にも心から頭を垂れつつ、潮見峠へ向かった。(森 照子)
   
d0360104_21095349.jpg
水源が豊かな地で各所に滝が見られます。
d0360104_21095780.jpg
Nejiki-no-sugi in Siomi-toge-pass ねじ木の杉と清姫伝説

 There is a historecal big cedar tree called Nejiki-no-sugi. It's about 20 meters hight and 6 meters in circumference.
 Looking up the tree, I'm overwhelmed by the odd. Shaper branches. 
There is a story of this tree.
 In the Heian era, there was a young monk called Anchin. 
 When he visited Kumano, he stayed a house. There was a young owner's daughter called Kiyohime.
  Anchin was very handsome, therefore she fell in love with him and asked him to marry her. But he didn't answer about it and said "I'll come back to see you again." Then he left for Kumano.
 
She had been waiting for his return. But he didn't come back. He took another way. He ran a way from her. As soon as she knew the truth, she chased and ran up to Siomi-toge pass, climed up the big cedar tree.
Finally she found him, and screamed "I'm annoyed, come back , please!"
At the end, the cedar tree twisted by her anger.
This story is a little defferent from the Dojoji-temple version. But it has been passed down since old days in this area.  (Michiko)

  潮見峠にねじ木の杉と呼ばれる大きな杉の木があります。高さ約20m、周囲約6mで、下から眺めると異様な枝に圧倒されます。
  この木にまつわるある物語が伝わっています。
  平安時代、安珍という若い僧がいました。彼が熊野詣をした時、ある家に宿を借りました。その宿には清姫という若い娘がいました。安珍は大変ハンサムだったので、清姫は気に入り、「私をお嫁さんにして下さい」と言いました。 しかし、彼は熊野詣での途中であったので、すぐに返事をしませんでした。
  それでもしつこく頼む清姫に「熊野詣の帰路、必ず会いにくるから」と約束して熊野へ旅立ました。
  清姫は安珍の言葉を信じて、彼の帰りをずっと待ち続けました。けれども、いつまで待っても彼は帰ってきません。 彼は別の道を通って帰ったことを、旅の人 から聞いた時、清姫は彼を追いかけて走りはじめました。
  潮見峠をこえて、大きな杉の木によじ登りました。そして「悔しい、安珍、戻ってきて!」と叫ぶと、たちまち杉の枝が彼女の怒りでねじ曲がったと言います。 
  この話は道成寺に伝わる物語とは少し異なります。この地域では、昔から伝えられてきた話です。 
  ある時、真砂庄の庄司が蛇を助けた所、美しい女性が現れ、嫁になって住みつき、清姫が生まれました。 安珍の鏡に映った清姫は蛇の姿であったので、驚いて逃げ出したという話も伝わっています。(山本美知子)
  


Siomi-Toge pass
  Sio means sea, Mi means view, Toge means hill.   
  Since Ancient times Kumano pilgrims pass from the Siomi Toge they can view Tnabe bay for the last time, the Tanabe area and going to Hongu.
  Early Showa era there were only two tea shops, but now instead of tea shops there is a rest house with a clean toilet.
  It's a great place to take a short break.
 From here on, it's all dawn hill.
  Going up hill the road is tough, so hikers think that going dawn hill will also be difficult, however the road down hill is paved in good condetion. Going dawn hill is like a walk in the park.
   I recommend to hiking in Shiomi Toge pass if you want to see the same view that the ancient people saw. (Ayumi)

潮見峠
この峠は海が見える地であったことから潮見峠とつけられました。ここから田辺湾が見えます
  田辺から本宮への参詣者はここで海の見納めとなります。
  玉川玄竜の『熊野巡覧記』には「潮見峠、茶屋2軒有泊りも吉。是より新宮まで海を見る事なし。依之名残の潮見とも初潮見とも云也」と書かれています・田辺からの旅人はここで海の見納めとなるのだそうです。
  昭和の初期まではここに茶屋が2軒あったそうですが、今はもうありません。代わりに(?)風が吹きぬける休憩所があって、きれいなトイレも利用でき、一休みするにはもってこいの場所です。
  ここで休憩してから、あとはひたすら下るだけ。登ってきた分を考えて、ちょっと不安になりましたが、舗装された林道が続いていて、それほど足に負担もなく歩くことができました。
  いにしえの人々見た潮見峠の景観を楽しみながら歩くことをお勧めします。(前田あゆみ)


[PR]
by wakayamakiga | 2017-06-08 23:57 | Kii route /紀伊路 | Comments(0)

KIGA 熊野・高野国際語り部の会のブログです


by 熊野小僧(kumano kozo)
プロフィールを見る
画像一覧