Kii Route-2 From Hoshiya to Itakiso Shrine 紀伊路ー2布施屋~伊太祁曽神社へ

紀伊路を歩こう! 布施屋~伊太祁曽へ
d0360104_13013234.jpg
  最近よく降ります。 今年は例年より早い梅雨入りだそうです。それでもKIGAのウオークの日はいつも晴れています。今日も雨があがりました。6月7日(木)午前8時30分。JR和歌山線の布施屋駅集合です。ここから線路わきの道を東に向かって歩きます。
  
It has been raining recently. The TV reports the Tsuyu(rainy) season has come earlier than usual this year. However, the day of KIGA's walk is always sunny and it stopped raining today. On Thursday June 7th at 8:30am, we started at Hoshiya station on the JR Wakayama line and we walked to the east side along the track.

d0360104_13013870.jpg
 道路わきに初夏を告げる白い花が!! 山法師です。白い部分は花ではなくて苞です。
White flowers are telling us early summer has come. It is Yamaboshi, white parts are not flowers but bracts.


d0360104_13014312.jpg
 吐前王子(はんざきおうじ)
 布施屋駅からJRの線路沿いに東へ約1kmほど歩き、線路を超えて右折、南へ数百メートルほど歩くと田圃の中に木の茂った台地が見えます。その中に地蔵尊らしき石の破片が積み上げられています。古道周辺の地蔵尊や石仏が集められたと思われます。
 紀の川は和泉国から山を越えてきた旅人が初めて出会う川越えです。当時は川の堤防もなく、紀の川の水で身体を濡らしながら歩くことで、心も身体も、清められると信じていました。水量が少ない所は歩いて川を渡りました。
 熊野参詣者たちが紀の川渡る渡し場は2か所あったと想定できます。一つは田井ノ瀬橋付近で、もう一つは川辺橋付近でした。吐前から渡し船が出ていました。

From Hoshiya station walking about 1km east along JR railway line, turn right, cross the railway and let's walk about a handred meters south. you can see the plateaus growing wooden in the rice fields. Some stones such as Jizo Buddha and Hokyo-in-to are stacked in one place. It is thought that Jizo statues and stone Budhist statues around Kumano-Kodo road were gathered here.

d0360104_13014632.jpg
 資料によれば、737番地が吐前王子跡です。近年まで王子権現の祠あり・・・小祠があったが明治43年小倉神社に合祀、明治44年11月10日、個人に払い下げられ、今は702番地の田の中になっていると。また732番地には「堂宇があったが嘉永年間(1848~1855)暴雨にて倒れる。明治45年、光恩寺無償譲与を受く、今蜜柑。」との記載があります。明治の神社合祀令の折、当地の宮本市太郎さんに払い下げられたとのことです。

According to the data, adress 733 is Hanzaki Oji region. Untill recently there was a small shrine, but in Meiji 43, Hanzaki Oji's deity was moved to Ogura-Jinjya Shrine. In November of Meiji era, the land was paid to private people, now it is inside the field of the 702 address. In addition, there was a temple hall at 732 address,but in Kaei years(1848~1855) it felled down by rainstorm.
In Meiji 45(1912 ), Koonji Temple was handed over free of charge, but now it became a orange field. It is written in the regional record.


d0360104_13015701.jpg
 今は周辺は田圃となり、当時の吐前王子を偲ぶものは何もありませんが。 折しも田植えの季節です。高積山を背景に、わずかに吐前王子を偲ばせる丘が水面に映り、日本の初夏ですね。

Now the surroundings are rice paddis, there is noting to remamber the Oji at that tome. Also now it is the rice planting season. A hill riminiscent of Hanzaki Oji on the background of Takazushi mountain is reflected on the surfece of water, it is early summer in japan.
d0360104_13020032.jpg
 少し離れた道路に説明板があります。ここから古道は南へ向かいます。民家の前を通り、2つ目の路地を右折し西へ、しばらく民家が並ぶ路地を歩きます。
There is an explanation boad on the road a little away. From here the ancient road head south. Walk to south in front of some private houses,and turn right at the second crossing and walk to the west, and walk down the road where the private houses lined up for a while.



d0360104_13022293.jpg
 昭和の雰囲気のある路地を800mほど歩き右折すると、布施屋駅にほど近い三差路に川端王子があります。布施屋の地名はかつて、紀の川を渡ってきた熊野参詣者たちに食べ物や金銭などの布施を行った屋があったことが由来です。

When walking about 800m on the alley with the ambience of Showa era, turn right , there is Kawabata Oji at the intersection near Hoshiya Station. The place name of Hosihiya originated from the fact that there was a house that gave foods and money etc. to the Kumano pilgrims who crossed the Kinokawa River


 川端王子
 川端王子ははじめ、もう少し西にありましたが、明治時代に高積山に遷されました。けれども戦時中、神社へ参拝の行事が多く、高い山の上にあるのは不便なので、旧王子社跡に遥拝所として建てられたのが今の川端王子です。
 江戸時代の『寛文記』によれば「和佐王子二社、一つは坂本にあり、一つは川端にあり」と記載されてます。
 

d0360104_13023114.jpg
 川端王子からふたたび民家の並ぶ道にもどり、さらに西へ歩くと、熊野古道の標識が見えます。左折すれは熊野古道ですが、右に200mの所に小栗橋があるのでぜひ見ていってください。

d0360104_13024032.jpg
  小栗判官(おぐりはんがん)
 小栗橋の標識が建っています。中世の小栗判官伝説は、熊野古道だけでなく、常陸(ひたち)、相模(さがみ)、藤沢、美濃そして熊野の各地に伝わっています。
 小栗判官がいつの時代に生きたのか、またどこの国のどのような人物なのかについては「鎌倉大草紙」「小栗実記」「小栗略縁起」「小栗絵巻」(説教えおぐり)など多くの書物に書かれています。その内容も少しずつ変容しながら室町、江戸時代へと語り広められたようです。  
 江戸時代には芸能文化の世界でも活躍し、説教語りや浄瑠璃、歌舞伎などで民衆に大変な人気を博しました。

There is a sign board of Oguri Bridge.
From th Middle Ages, the legend of Oguri Hangan story is transmitted not only Kumano Kodo road but also to various parts of Hitachi(Ibaragi Prefecture.).Sagami( Kanagawa Prefecture.),Fujisawa(Kanagawa Prefecture.), Mino(Gifu Prefecture.) and Kishu(Wakayama Prefecture.)
As that which time Oguri lived and what kind of person in what country, it is written in “Kamakura-dai-soshi","Oguri-jikki","Oguri-ryakuenki","Oguri-emaki"(Sekko Oguri).
It seems that contents were also transformed gradually and spread in the Muromachi and Edo period, ant it seems that it was disseminated.
In the Edo era the Oguri Hangan story was also in the world of performing arts culture and it gained great popularitry among people in preaching talks, Joruri and Kabuki.

 以下、安井理夫氏の『小栗判官ものがたり』(小栗判官物語設立までの経緯)より抜粋させていただきます。
 「・・・・『鎌倉大草紙』によれば応永30年(1423)、小栗満重、助重親子は足利尊氏と戦い、小栗城は落城。その後、助重は悲願の小栗家(小栗城)を再興をはたすも、康正元年(1455)年、足利尊氏に攻められ再び城を明け渡す。これらの史実をもとに物語は構成されている。

Mr.Satoh Yasui who live in Yunomine Hot springs Kumano Hongu wrote a book called "Oguri Hangan Monogatari(story)" several years ago.
According to "Kamakura dai-soshi", Ouei 30 years (1423 ad), Mitsushige Oguri and his son Sukeshige Oguri fought against Motiuji Ashikaga. Oguri castle felll. After that, although they rebuilds the Oguri family(Oguri Castle), it has attacked by Motiujii Ashikaga in the Kosei 1st year (1455ad) again to surrended the castle. Based on these historical facts, stories are composed.

 『小栗実記』では、小栗満重が足利尊氏との戦いに敗れ落城。その子助重(小栗判官)は三河の国をめざして落ち延びる途次、相模の国の権現堂の「吉郎が館」に投宿するが、横山一族の謀略で毒酒を飲まされ殺害されようとするも、これを察知した照手の機転により一命をとりとめる。小栗は藤沢に逃れ遊行上人たちの助けをうけるが、口に含んだ毒酒の害で重病人となる。一方、照手も流浪の実となり苦難に満ちた日々を送っていたが、家臣の助けで小栗との再会がかなう。しかし、小栗の病は意外に重く、照手の強い意志で治療のため歩行もかなわぬ小栗を土車にのせ、人の助けを頼りに熊野湯峰をめざしての道行となる。
 熊野権現の霊験と湯峰での当時が奇跡をよび、本復が叶い元の小栗助重となる。二人はその後、幸せな暮らしを取り戻した。

In "Oguri Jiki" , Oguri Mitshishige lost the battle with Mitusige Ashikaga and the castle fallen. His son Sukeshige(Oguri Hangan) fell to the Mikawa-no-kuni. On the way to Mikawa he stayed at Sagami's Gongendo, "Yosiro-ga-yakata" .At that time the Yokoyama clan tried to kill him by a poisonous liquor. However, Yokoyama's daughter Terute knew about it and helped him, he survived the plot.
Although Oguri escaped to Fujisawa and was helped by monks, but he became a seriously ill due to the harm of poisonous liquor contained in his mouth.
 Also,Terute was banished from her father and had spend hard days. With the help of Oguri's contact, she was able to meet him again. However Oguri was surprisingly seriously ill. With her strong will, Oguri who could not even walk ,Terute had put him on a Tuchi-guruma(a small cart that carried soil ). Oguri and Terute were aiming to go to Yunomine Hotsprings by depending other people's help.


この物語が500年の歴史を重ね、室町、江戸、そして平成の世まで長きにわたり熊野信仰とともに語り伝えられてきた。・・・この物語がこれほどまで各地に流布し、長い年月人々に愛されてきた要因は何だったのだろうか。物語の根底にあるものが人の生き様、生と死、今世と来世または死後の不安など神仏との関わりを切り離しては考えられないだろう。」

 小栗判官物語は時宗の一遍上人たちが、そして熊野比丘たちによって、熊野信仰とともに、全国各地に伝えられました。

This story is over 500 years old and has been told through the Muromachi, Edo and Heisei era long together with Kumano Faith. The factor is this story has spread to so many places so far and has been loved by people for many years.
What underlies the story is to question the way people live. It can not be thought of separating the relationship between God and Buddha, such as life and death of the people, this world and the afterlife or anxiety after death.

The story of Oguri was conveyed to various parts of Japan with Kumano Faith by Ippenshonin who is the founder of Ji Sect Sect of Buddhism, and monks as well as Kumano Bikuni(woman evangelist)
. .
d0360104_13024370.jpg
  紀の川は時代の経過とともにその流れを変え、川幅も変わってきました。かつてはこの辺りまで紀の川が広がっていたのでしょうか? ここはもと川端王子があった場所と推測することができます。
 いまはこのように川幅はせまく、往時の川の流れの様子を知ることは難しいですが。

d0360104_13024521.jpg
 小栗橋をあとにし、熊野古道に戻ります。稲が植えられたばかりの田圃はまるで鏡のように山の景色を映しだしています。国道を超えて少し歩き、川の手前で右折しましょう。

d0360104_13024814.jpg
 川に沿った路地の三差路に地蔵尊をまつる社が建っています。

d0360104_13040390.jpg
 お地蔵尊の手前を左折し、川の左岸を歩きます。

d0360104_13041058.jpg
 左側に中筋家の屋敷が見えたら、その手間の道を高積山に向かってあるきます。

d0360104_13041492.jpg
 高積山の麓に高積神社があります。

d0360104_13041700.jpg
 高積神社 / Takatsumi Shrine
  古道は高積山の麓をまわり矢田峠へと続いています。古道からそれて、旧中筋邸の手前の細い道を東へ入ると、山の麓に高積神社,「下の宮」があります。本殿は後方の山の頂上(235m)に鎮座、「高山」の地にあることから、「高の宮」の名で呼ばれています。古くから参詣者が絶えなかったので、麓に遥拝所があり、「下の宮」として親しまれてきました。
  主祭神は都麻津比売命(つまつひめのみこと)、五十猛命(いたけるのみこと)、大屋津比売命(おおやつひめのみこと)の三兄弟で、日本神話に登場する天照大神の弟、素戔嗚尊(すさのおのみこと)の子神とされています。文武天皇の大宝二年(702)三神分祀の勅令によって、都麻津比売命はここ高積に、五十猛命は伊太祁曽神社に、大屋津比売命は川永宇田森に祀られることになりました。三神分祀ですが主祭神に津麻津比売命を祀り、両側に他の二神を祀っていることから、高三所大明神とも称えられてきました。

 The Kumano ancient road leads to Yata pass along the foot of Mt. Takatsumi. Turn left toward the mountain, and you come to Takatsumi shrine . A main shrine stands on top of Mt. Takatsumi(235m). From ancient times many people have come to pray here, so there stands a shrine on the foot of the moutain to bow to the direction of the upper shrine.

The main deities are Tsumatsuhime-no-mikoto and Itakeru-no-mikoto and Ooyatsuhime-no-mikoto. They are siblings and their father is Susanoo-no-mikoto, a brother of Amaterasu-no-mikoto in Japanese mythology. In 702 A.D. the three deites were seperated by an Imperial order. Tsumatsuhime-no-mikoto stayed here in Takatsumi , Itakeru-no-mikoto moved to Idakiso, and Ooyatsuhime-no-mikoto moved to Kawanaga-udanomori. But the three deites are ensrined together here now.

 Tsumatsuhime-no-mikoto is the main deity here, and enshrined in the center and the other deites are beside her. So this shrine has been named as "Taka-sanjo-myojin" , three deites on a high place.(Y.S.)


d0360104_13042011.jpg
 高積山をあとに古道に戻ります。右手に江戸時代の遺構を保つ大庄屋中筋家住宅(重要文化財)が見えます。乳門を保つ長屋門と広い前庭、母屋があり、周囲に土堀を巡らせて囲っています。 中筋家は苗字帯刀を許された名家でした。この辺りは和佐大路とよばれ、かつての熊野古道が盛んであった頃の雰囲気を今に伝えています。

d0360104_13042392.jpg

 県道と並行して民家の並ぶ道を歩きます。道沿いに地蔵尊が祀られていました。古道は和佐王子のあたりから右手(南)に続いていますが、今は草藪となっているので、県道を歩くことにしましょう。

d0360104_13042693.jpg
 和佐王子

 道路は少し登り坂となります。道路の左がわにコンクリートの休憩所があり、その中に緑泥片岩の古い石碑が建ち、和佐王子の文字が刻まれています。2007年までここは蜜柑畑でした。建仁元年(1201)の『後鳥羽院熊野御幸記』に記載があり、寛文年間(江戸時代)にはなくなっています。『神社神明帖』によれば、この王子の境内は428坪(1412㎡)の広さがあり、参道や社の森もあったと伝えています。『紀伊続風土記』によれば天保の頃(1830~43)には社殿を失っていましたが、明治時代に再び社殿が建てられ和佐王子を祭神として祀ったと記載があります。明治42年、同地の高積神社に合祀、社地は民間に払いさげられました。
 
 和佐大八郎の墓 
 和佐王子の前方、左手の士持(じし)山は、地元では大八山で知られています。山の入口付近に和佐家の墓があり、紀州藩弓術指南役和佐大八郎(1663~1713)とその一族の墓があります。

大八郎は幼い頃から弓術を学び、ずば抜けた体格と優れた能力をもっていました。
 貞享3年(1686)、京都三十三間堂の 本堂西側の軒下(121m)で24時間、南から北へ弓を射とおす句扇が行われました。
 彼は13,053本中、8133本を射とおし、日本一記録を野作ったのです。紀州藩主の徳川光貞が彼を紀の川まで出迎えたという逸話が残っています。この記録はいまだに誰も破っていません。

Wasa Daihatiro's grave
In the vicinity of the entrance of the mountain on the north side of prefectural road, there is the grave of Wasa Daihachiro of the Kishu Clan Archery Guidance.
Daihachiro had learned archery since childhood,showing superb physique and excellent talent.

In the Jyoukyo 3 years(1686A.D.),there was a competition at Sanjusangendo temple in Kyoto,which was held at the eaves of the main hall of the west side(121m long),and shot through the arrow from the south to the north day and night.

He shot through 8,133 arrows out of 13,053 arrows,and made a record. There remains an anecdote that Mitsusada Tokugawa,the lord of the Kishu Clan,welcomed him to the Kinokawa river.
This record is still not broken. (M.Y.)



d0360104_13043276.jpg
 矢田峠超え
  古道は和佐王子の手前の道を南にとり、畑の中を通り、矢田峠のトンネルの手前に続いています。近年、道が整備され、一部コンクリーリ化されましたが、トンネルの前の狭い道は大変急な登り坂です。登りはじめて数メートルの所、左手に小さな祠があり、役行者像が祀らています。

d0360104_13044880.jpg
  徳本上人の名号碑


d0360104_13045429.jpg


d0360104_13045812.jpg
 丹生神社


d0360104_13050243.jpg
 丹生神社


d0360104_13050530.jpg
 丹生神社の前の池


d0360104_13051162.jpg
  伝法院


d0360104_13051463.jpg
 平尾集落


d0360104_13051805.jpg
平緒王子跡 : 和佐王子から矢田峠を越えてしばらく南へ進むと平緒王子に着きます。 この王子社は、1,585年に羽柴秀吉の紀州攻めで衰退したと言われます。  その後再建されて”平緒王子社”と呼ばれました。 1,908年に都麻津比売神社に合祀されました。  
現在跡地には、平尾地区の自治会館があります。

Hirao Oji : From Wasa Oji, walking down to the south across Yata mountain pass, you will reach Hirao Oji. It's said this Oji
declined by the Kishu attack of powerful commander, Hideyoshi Hashiba in 1585. After that , it was rebuilt and called
Hirao Oji. In 1908, it was enshrined in Tomatsuhime Shrine. There's a neighborhood meeting building of Hirao district on its
site now. (by T. S)
d0360104_13052427.jpg
 平緒の都麻津比売神社跡


d0360104_13052757.jpg
都麻津姫神社跡
d0360104_23285869.jpg
今日の参加者17名で記念撮影です。このあと、伊太祁曾神社へ向かいました。


d0360104_13055537.jpg
伊太祁曽神社の鳥居


d0360104_13062182.jpg
伊太祁曽神社


d0360104_13061155.jpg
宮司さんのからお話お聞きしました。


d0360104_13062513.jpg



[PR]
by wakayamakiga | 2018-06-08 14:30 | Kii route /紀伊路 | Comments(0)

KIGA 熊野・高野国際語り部の会のブログです


by 熊野小僧(kumano kozo)
プロフィールを見る
画像一覧