Daimon-zaka slope to Nachi shrine and waterfall/大門坂を登り那智大社と大瀧へ

d0360104_20563257.jpg
 1月15日、市野々王子で昼食をすませたあと、大門坂を登って那智大社へ向かいました。
On February 15, after lunch, we headed to Nachi mountain from Daimon-zaka (slope).


大門坂 /Daimon-zaka

大門坂は熊野古道中辺路ルートの最終地、那智大社へ向かう道へ続いています。大門坂駐車場歩いてすぐ左手に石畳の坂道があり、ここが大門坂の入口です。かつて、ここに大門があったと伝えられています。
  大門坂の石畳は267段。鎌倉時代、将軍源頼朝が寄進したと伝えられています。樹齢200~300年、約200本の杉木立が続く、苔むした趣のある道です。大門跡から那智大社まで約1km。徒歩30分程。

石畳の坂道を入るとすぐに小さな橋があり、俗界と聖域を振り分ける振分橋と伝わっています。

 Daimon-zaka (slope) is a road which leads you to Nachi-Grand shrine, the final destination of Kumano-Kodo's Nakahechi route
 
Walking from Daimon-zaka parking, you can see the entrance of the slope on your left.
  Daimon-zaka is an avenue of about 200 cedar treess, 200 ~ 300 years old, and was donated by Minamoto Yoritomo, the Shogun of Kamakura era, and there are 267 stone steps. It is 1 km walk and about 30 minutes.
  And you come to an ancient site of a barrier station and a big stone, Kagami-ishi, a prayer stone. There remains an old inn,


d0360104_20565227.jpg
 南方熊楠が滞在した大阪屋旅館跡

 南方熊楠が那智山で粘菌採集した時、明治35年から2年程、投宿した大坂屋跡が残っています。その近くに大きな石があり、祈り石といわれる鏡石です。

It was the ruins of Osaka-ya inn that Kumagusu Minakata had stayed in more than two years in Meiji era. This was the time when he walked around Nachi mountains searching for mucus fungi.


d0360104_20565634.jpg

 道の両側に立つ大きな樹は夫婦杉と呼ばれています。幹回り8,5m。樹高55m、樹齢800年と推定されています。

 And there stand cedar trees on both sides of the road. The first pair of cedar trees, which is lovely called "husband and wife". The trunk's circulm ferese is 8, 5m. height is estimated to be 55 m, the age is 800 years.

d0360104_20565969.jpg
 那智山は都から山川を越えて80里、1か月をかけて歩きました。
Pilgrims walked over the mountains and rivers from then Kyoto capital to the Nachi shrine. It is 88ri ( 1ri =4km). It takes over a month.
d0360104_20570338.jpg
  267段、約600mあまりの石段が続いています。
There are 267 steps, about 600 meters of cntinuing stone stairs.

d0360104_20581622.jpg
  多冨家王子跡です。かつて、ここに大門があったので大門坂と呼ばれてる所以です。
中辺路九十九王子最後の王子です。明治時代にこの王子社は那智大社の境内に合祀されました。
It is Tafuke-oji . Once, there was Daimon (bug gate) here, it's why it is called Daimon-zaka.


d0360104_20582073.jpg
 王子の後方に庚申塔があります。
Behind the Oji, this is the Koshni-dzuka stone monument.>

d0360104_20582768.jpg
  樹齢を重ねた老木が立っています。
There is a very old tree existing here.

d0360104_20583045.jpg
 青葉が茂り、この木はまだまだ元気です。
The green leaves are thick and this tree is still healthy.

d0360104_20583348.jpg
 古道は杉の木立の中を歩きます。
The old road goes through the cedar grove.
d0360104_22573732.jpg
今日、一緒に歩いたKIGAのメンバー7人です。
 Today, seven menmbers of KIGA walked together.

d0360104_20583686.jpg
昔、関所があり、通行税がとられたそうです。
There was a barrier here long ago. It was toll.

d0360104_20583962.jpg
 大きな石がありました。唐戸石です。この石の上に上ると、樹木の間から那智の滝が見えています。
You see another big stone, Karato-ishi, on which you can see the Nachi big fall for the first time in the pilgrimage.

d0360104_20584106.jpg
まだ5町石?
Are we still in the 5th cho? We have walked so long.

d0360104_20584574.jpg
 ここにも大きな樹があります。
There is a big tree here too,
d0360104_20585680.jpg
 大木の中は空洞だったようですね。
It seems that the inside of this big tree was a hollow.
d0360104_20593088.jpg
長い石段を登ってようやく着きました。那智大社の入口の鳥居です。
After walking so long, we have finally arrived at the entrance of Nachi-Taisha torii.(the gate) (Michi Azuma)



熊野那智大社

熊野那智大社は、那智山の中腹の那智大滝に隣接した標高330メートルの地に建ちます。  神道の神社で317年に創立されたようです。 神社の創立起源は、古代神話の時代までさかのぼります。 大滝への自然崇拝から始まった神社です。それがいつ頃なのかを知ることは、難しいです。

この神社の祭神は、夫須美神で13神を奉り、それらの一つの神は、那智の大滝の飛滝権現です。



Kumano NachiTaisha Grand Shrine  
 

This shrineis located 330 meters above sea level, halfway up to Mt.Nachi and adjacent toNachi Falls. This is Shinto Shrine. Itis said to have been founded in 317 AD. According to tradition, the origin of this shrine goes back to ancientmyths.

This is a shrinestarted from nature worship to waterfall. But it is difficult to know when it began. This shrine’s deity is Fusumi no Kami andenshrines 13 deities. One of them isHiro Gongen, Nachi waterfalls. (Toshiko Sawada)





青岸渡寺 


d0360104_20593575.jpg


  那智大社が残園ながら工事中でした。これはお隣の青岸渡寺です。かつて、那智大社と青岸渡寺は一体でした。明治時代の神仏分離令により、寺は廃滅の危機を迎えましたが、青岸渡寺と名を変えて生き残りました。


  Unluckily Nachi Taisha was under construction. This is the Seigantoji temple next building. Once upon a time, Nachi Taisha and Seigantoji were united. But, according to the policies of the Meiji era, the Seiganteji temple was in danger of being destroyed. It survived by changing its name to Seigantoji. 


  本尊は、如意輪観音です。 伝説によるとインド出身の僧、裸形上人が那智の滝で苦行をしていると水の中に小さな如意輪観音が現れたと言い伝えられました。 これがこの寺の起源といわれています。

またこの寺は、花山院による西国33所第1番の霊場として有名です。 巡礼者達が、33の寺を巡礼するのです。 この寺は、1590年に日本を統一した有名な武将豊臣秀吉により再建されました。


Seigantoji temple

Seigantojitemple is adjacent to Kumano Nachi Grand Shrine, which was founded

in the early 5th century. It houses a statue of Nyoirin Kannon as achief object of worship.

Accordingto the legend, when the priest Ragyo from India was practicing asceticism,small kannon appeared in the waterfall. This is said to be the origin of this temple. This temple is also known as the Saigoku-jyunreior pilgrimage to 33 Kannons which was made by an abdicated emperor Kazan in1161.

 

It means pilgrims go around to 33 visit temples.

This templewas reconstructed by famous feudal load Toyotomi Hideyoshi in 1590, who unitedJapan. 



d0360104_20593869.jpg

 青岸渡寺のお堂の入口の標識に那智山の文字が。
"Nachisan"is written at the entrance of Seigantoji Temple.

d0360104_20595631.jpg

 三重塔と大瀧です。
This is the Sanjyu-no-to (triple tower) and Otaki. (big waterfall)


d0360104_21002564.jpg

那智の滝

坂道を下っていくと那智の大滝または飛滝権現と呼ばれている大きな滝に出会います。 

原生林に囲まれた日本で一番大きな滝です。 高さ133メートル、幅13メートル、深さ10メートルです。 古代から神聖な場所として那智の滝は、自然崇拝されてきました。 そしてこの滝は、熊野那智大社や青岸渡寺の宗教上の起源となっています。 

元々那智の滝のふもとに社がありましたが、5世紀頃に現在の場所に移されたようです。



Nach-ino-taki (Waterfall)


Walking down the slope at the bottom of the hill, you see a great waterfall called Nachi no Otaki or Hiro Gongen, which has been worshipped as the sacred sitesince ancient times.

It is the largest waterfall in Japan surrounded by primeval forest, 133 meters high, 13meters wide and 10 meters deep. And thisis the religious origin for Kumano Nachi Taisha Grand Shrine and Seigantoji temple.

This shrine was located at the foot of the large waterfall. But it is said to be moved from Nachi waterfall to the present place in the 5th century.






d0360104_22574343.jpg

今日、二度目の記念撮影です。
 Today. We took a second group photo.




d0360104_21004189.jpg

 瀧の下方には土砂崩れのあとが残っています。
At the foot of waterfall, traces of landslides remain untill now.


[PR]
# by wakayamakiga | 2018-02-18 21:47 | Nachi / 那智 | Comments(0)

From Hamanomiya-Oji to Daimon in Nachi / 浜の宮王子~大門へ

d0360104_20391418.jpg
 2月15日(木)那智駅の近くの浜の宮王子、補陀落山寺を起点に旧道を歩き、大門坂、那智大社、青岸渡寺、那智の大瀧まで歩きました。KIGAのメンバー7名が一緒です。
 午後から雨という天気予報でしたが、とても良いお天気で、暖かくて、快適なウオークを楽しむことができました。
d0360104_20391826.jpg
 午前6時50分和歌山駅を出て、9時30分に那智駅に到着。那智駅では緋寒桜が咲いていて、一足早い春の気分になりました。


d0360104_20392214.jpg
  那智駅から国道42号線を横切るとすぐ前にこんもりとした森が目に入ります。ここが浜の宮王子です。三所権現宮、あるいは渚宮と呼ばれていましたが、今は熊野三所大神社と称しています。

浜の宮王子と補陀落山寺が、熊野那智大社への熊野古道最後の行程の入口に隣接して建っており、江戸期に建て替えられた古い石の道標古道に交差点に見られます。

   浜の宮王子の祭神は、家津美御子(けつみみこ)大神、夫須美(ふすみ)大神、丹敷戸畔命(にしきとべ・地元の首長)、三狐畔命(みけいりぬ)神武天皇の兄) 等で、8世紀に書かれた日本書紀には神武東征時に、この地で抵抗して亡くなった地元の首長の丹敷戸畔命の記録があります。敗者であっても地神として祀る日本の伝統があります。鳥居と鎮守の森と楠の古木に囲まれた神社が見られます。

 

平安時代の参詣者は、熊野古道の王子の一つである浜の宮王子の海岸で潮垢離をして身体を清めて、熊野那智大社へ参詣しました。
  
   

 Hamanomiya-Oji and Fudarakusan –Temple  

  

    Hamanomiya-Oji and Fudarakusan -Temple locate side by side at theentering point of the final road of Kumano-kodo to Kumano Nachi Grand Shrine. Youcan find a stone road sign renewed at 18th

century at the junction. 
   Hamanomiya-Oji enshrinesKetsumiko-no-kami (Great God of agriculture), Fusumi-no-kami (Great MotherGod), Nishiki-no-tobe (The local God of this area), and Mike-no-kami (BrotherGod of Jinmu-God) and other Gods.

It is written in Nihon-shoki(The national history book compiled at 8th century) that Nishiki-no-tobe(The leader of the local clan in this Nachi area) fought to death whenJimnu-God invaded this area from the ocean.

 

This is atypical example of common tradition of Japan, that even the defeated side is enshrinedas the local god. You can find the shrine gate (Torii) in the surroundingforest with a very old camphor tree.
  The pilgrimagearound 12th century used to bath in the ocean at Hamanomiya-Oji (oneof the 99 Oji stations on Kumano kodo) to purify themselves before entering to  


       




丹敷戸畔(にしきとべ)

d0360104_20393345.jpg
 浜の宮神社の右手に地主神として丹敷戸畔を祀っています。 『日本書記』の神話遍によれば、神武天皇がこの地に来られた時、土地の豪族(女王?)丹敷戸畔が刃向ったので殺したとの記載があります。そのあと、大熊が現れ神武とその一行はその毒気により倒れてしまいます。夜、神倉山のタカクラジ命の夢に天照大神が表れて、フツノミタマという劔をさずけるというお告げがありました。タカクラジは翌朝、その劔をもって神武を助けに行きます。そうして神武とその軍兵たちは元気を取り戻します。そこへ八咫烏が現れ、神武たちを守り奈良へ導く、というお話です。

d0360104_20393573.jpg

本殿の左手に祀られているのは三狐神です。ミケイリヌですね。食物の神と言われています。 





d0360104_20394348.jpg



  補陀落山寺


  補陀洛山寺の開祖は、4世紀頃渡来したインド人の裸形上人で、那智の滝で観音菩薩を祀ったとの伝説があります。 現在、補陀洛山寺には人々を救う千手観音の木像が祀られています。

寺は補陀洛渡海の場所として知られ、太平洋のかなたにある観音が住む浄土を目指して死の渡海(865年から118年に実施されていた)を行った僧侶の墓碑と小さな渡海船の模型が見られます。


 Fudarakusan-Temple

  

Fudarakusan -Temple is said to originate in 4th century by an Indian priest named Ragyo-shonin who worshipped Kan-non-bosatsu (Buddhism god of motherhood). The wooden statue of Senju-kan-non-bosatsu (Buddhism god with one thousand hands to save people) is now set up in the temple.

.

The temple was the sailing out place of the boat with a monk inside who believed entering the heaven where Kan-non lives. A model small boat and the memorial stone records of these monks during the period from 865 to 1185 year are set in the temple for those dead in a small boat believing the heaven over the ocean. (Haruo Sawada)
                                          
    

 



d0360104_20394074.jpg


  かつて、この補陀落山寺から南の極楽浄土をめざして上人たちが船出していきました。生きたまま船の中に少しの食糧と油を積み、死出の旅に出たのです。貞観10年(868)の慶龍上人から享保7年(1722)の宥照上人まで25人が船出しました。『熊野巡見記』によれば。永禄8年(1565)金光坊が渡海しましたが、途中で気持が変わり、戻ってきたのですが、それを見た寺の僧たちが彼を海に突き落とし死なせてしまったと書かれています。他には、水が入る穴を貝が蓋をしたので、船が沈まず九州へたどり着き、そこで僧として立派な寺を建てた人の話があります。


d0360104_20394636.jpg

 ここは紀伊路と大辺路、伊勢路の交わる地点となっています。振分石の板碑です。300年に一度建て替えるそうです。この板碑は万治元年(1658)の建てられたました。

d0360104_20394978.jpg

 補陀落山寺の後方の小高い山の中に、平維盛の供養塔、補陀落渡海上人の墓があります。


d0360104_20395272.jpg


 平維盛の供養塔(墓)と伝わっています。平家は忠盛ー清盛ー重盛ー維盛と続き、維盛は平家一門の最後の人です。『平家物語』によれば、寿永3年3月28日、ここから那智の沖にて入水しす、と記載がありますが、その後の維盛伝説があり、色川村の藤綱の要害にこもり、53歳で世をさったとも言われています。

d0360104_20401586.jpg

 自動車道を約1kmほど歩き、曼荼羅道の道標をみて右手に入ると、すぐに熊野古道に案内が見えてきます。
d0360104_20401827.jpg

 古道らしい雰囲気のある道が続いています。苔むした岩があります。木の切り株の上を苔が覆っていました。


d0360104_20402952.jpg

 右手に杉林、左手に竹林です。ゆるやかな登り坂が続きます。


d0360104_20404051.jpg

 林の中を2kmほど歩くと、荷坂峠の山頂付近に「尼将軍供養塔」があります。源頼朝の妻の北条政子が建てたそうです。頼朝、政子夫妻は熊野信仰が厚く、度々熊野を訪れたようです。


d0360104_20405841.jpg

 尼将軍供養塔から下り坂となっています。補陀洛山霊園から視界が広がり、遠くの山々を見はらせます。

d0360104_20410198.jpg

 今日の空は青くて澄んでいました。


d0360104_20410693.jpg

 右手の坂の中腹に荷坂の五地蔵が目にはいりました。平弥兵衛宗清が石屋の弥陀六と名を変えて、一の谷の合戦で亡くなった笛の名手、平敦盛(清盛の弟の子16歳)を供養するために作ったと伝えられています。(説明版より) 
d0360104_20413250.jpg

 那智大社に向かって、民家が並ぶ古道を歩きます。梅が咲いていました。もうすぐ春ですね。


d0360104_20414282.jpg

 市野々王子神社に着きました。

d0360104_20414559.jpg

 11時30分。今日はここで昼食にします。

d0360104_20414884.jpg

 柱を使わず石だけを積んだ郷倉跡です。町の文化財に指定されています。

d0360104_20415754.jpg

 市野々小学校は数年前の土砂崩れで大きな被害を受けました。古道のあちこちに土砂崩れの跡が残っています。庚申塚がありました。隣の石碑には申田彦の文字が刻まれています。


d0360104_20420301.jpg

 お杉社です。天照大神と忍穂耳(おしほみみ)尊(瓊瓊杵(ににぎ)尊の父)と覆不合(ふきあえず)尊(神武天皇の父)を祀っていました。
d0360104_20420647.jpg

 境内には天照大神が姿を現したと伝わる影向石(ようごういし)があります。



[PR]
# by wakayamakiga | 2018-02-16 22:56 | Nachi / 那智 | Comments(0)

From Hayatama-Shrine to Hama-Oji Shrine/新宮・速玉神社~浜王子へ

 1月25日(木)歳があけてから、日本各地で大雪のニュースが報道されています。この日も寒い1日であったが、新宮は快晴であり、今日も元気に歩くことができました。
 
d0360104_16473940.jpg
 午前6時50分、JR和歌山駅からKIGAのメンバー7名が海沿いの道を新宮に向かいました。串本を過ぎると目の前に美しい海岸線が広がっています。
 南にもかかわらず海に近いためか朝から冷えました。私達はウォークに備えて準備運動(ウォーミングアップ)をし、まず、熊野川の入口に位置する速玉大社に参拝しました。  
 

  On Thursday,January 25, Seven members departed Wakayama at 6:50. We drove the coastline of the Kii Peninsula, and arrived at Shingu city after 3 hours.

  It's been cold since morning even though it was the south because it was close to the sea. We warmed up our bodies to prepare for the walk.

d0360104_16474572.jpg
 速玉神社
  ここは熊野本宮大社と熊野那智大社の二社と共に熊野三山の一つです。
  主祭神は熊野速玉之命で本尊は薬師如来です。はじめ、権現山の神倉神社に祀られていた神様を現在の地に遷しました。

First we visited Hayatama Taisha shrine,located in the mouth of the Kumano river. It is one of Kumano Sanzan(the three grand shrines).The other two are Kumano Hongu Taisha and Kumano Nachi Taisha shrine.

  The main deity is Kumano Hayatamaono mikoto. The main Buddha is Yakushi nyorai. Originally,the deity was enshrined in the Kamikura shrine of Gongen Mountain,then transferred to the current site.

d0360104_16475164.jpg
 現在の社殿は明治16年(1883年)の花火で焼失し、その後、昭和42年(1967年)に再建されました。

The current shrine buildings were burned down in Meiji 16 (1883) due to fireworks, then rebuilt in Showa 42(1967).

d0360104_16475426.jpg
 速玉神社境内の熊野三所権現。



d0360104_16475779.jpg
 椥の木

  境内には,高さ20m,推定樹齢1000年の日本で一番大きい梛木の木があり、自然遺産に指定されています。
  海が凪(な)ぐことを祈ったことからと言われています。また、古代、ナの言葉は大地や海を表すとも伝わっています。
  葉脈は縦に流れ、横に切ることができないことから、仲を裂けないので、縁結びの樹とも伝わり、カップルのお守りになると言われています。
 

In the precincts, there is the largest Nagi tree in Japan, 20 meters high, and 1000 years of estimated age. It is designated as a natural monument.

Nagi leaves are said to be a talisman for couple as it is hard to split. So,it means a couple will not brbak up. (Michiko yamamoto)


d0360104_16480054.jpg
 神倉山
 速玉神社から神倉山(権現山)の神倉神社へ。急な石段を上る。




d0360104_16480303.jpg
  ゴトビキ山
 権現山の南端に突き出した大きな岩はゴトヒキ山とよばれ、ご神体。

 神倉神社

新宮市の大社である速玉大社から南へ約10分歩くと、60mの岡の上に大岩がみえます。その形がヒキガエルに似ていることからゴトビキ岩と地元では呼ばれています。神倉神社はその岩の横に祭祀されています。神社へは急な石の階段を登って参ります。古くからの自然崇拝の信仰により、神々が初めて熊野の地に降臨したのがこの磐座であると伝承されています。

神倉神社は、6世紀の起源と伝わる「お灯まつり」が有名で、毎年旧暦正月の26日に奉納されます。 祓いをすませた白装束の約2000人の男子がそれぞれ約2mの松明を持ち急な階段を駆け下る様は、夜の大岩から龍が下るようで、「下り龍」とよばれています。


 Kamikura Shrine

 About 10 minutes’ walk to south from Hayatama shrine (the main shrinein Shingu-city), you will find a huge rock sitting above 60m hill. The rock is calledGotobiki-Rock, which resembles a toad in shape. Kamikura Shrine is located atthe side of this huge rock.


You have to walk up a steep stone steps to the shrine. 

Kamikura shrine is said to be a holy place where the gods first descendedto Kumano area, as people believed the gods lived in big rocks, water falls,trees and mountains.

The shrine is famous for its fire festival held on every February 6(the beginning of the new year in the lunar calendar) which is said to beoriginated from 6th century.

The men and boys with the purified white cloths carry the firedtorches of each 2m height, and race down the steep stone steps. About 2000 torchesalong the slope look like a big fired dragon moves down from Gotobiki-Rock indark night. ( Haruo Sawada )




d0360104_16480647.jpg
 妙心寺
 境内の右のほうに妙心寺がある。中世から近世初期にかけて、多くの熊野比丘尼たちを配下にもつ本願寺院であった。近世は公家の息女が数代入寺するなど、門跡尼寺としての寺歴を伝えている。


d0360104_16480942.jpg
 徐福の墓
 千穂小学校から新宮市内を東に向かって歩く。浮島森を過ぎてJR新宮駅へ。駅前に徐福公演があり、中に徐福の墓がある。中国の歴史書『史記』に記載が見られる。



d0360104_16481247.jpg
  阿須賀神社
  熊野川の中。蓬莱山を背景に阿須賀神社が建っている。弥生時代から人が住み、周辺から住居址が発掘された。高倉下(たかくらじ)尊と天照大神を主祭神として祀る。


d0360104_16482436.jpg
  浜王子神社
  阿須賀神社から車道を越えて、さらに市街地を歩き、王子町1丁目の浜王子神社へ。『日本書記』によれば神武天皇が東征のおり、暴風に進路を阻まれ、兄のイナイノミコトとミケイリヌノミコトが熊野灘に身を投じ、海神の怒りを鎮めたと記載させている。イナイノミコト と トミケイリヌノミコトを祀っている。


浜王子
浜王子は、99王子の一つです。 王子は、京都から始まる熊野古道を巡礼する人たちの祈りの場でした。 浜王子神社は、水神を祀る海辺の社でした。


日本書紀によると、神武天皇が、神倉山から海を渡ろうとすると突然に暴風雨になり、神武の兄の稲飯命と三毛入野命が、嵐を沈めるために海中に身を投げました。この事が、稲飯命と三毛入野命を祀った神社の起源です。


 熊野信仰の発展と共に浜王子神社は、王子として知られるようになりました。 そして99王子の一つに加わったようです。 この地域は、1935年頃まで松林に囲まれた広々とした風景でした。

Hama-Oji

Hama Oji is one of the Kumano 99 Ojis, whichwas a place to pray for pilgrims traveling the Kumano ancient road from Kyoto.Hama Oji shrine is dedicated to god of the Ocean, Suijin.

According to Nihonshoki(Chronicles of Japan,compiled in 720), Emperor Jinmu had a sudden storm at the sea when he crossedthe sea from Kamikura mountain. At that time, his two brothers Inai andMikeirino threw their own bodies under water to calm down the storm. This is the origin of this shrine thatenshrined two gods, Inai and Mikeirino.

By the development of Kumano faith, it becameto be known as Oji. And it is said that this shrine was added to one of the 99Ojis.

This place was surrounded by pine forest andspacious scenery until around 1935.

                                               Toshiko Sawada



d0360104_16482887.jpg

 熊野灘を観ながら海岸沿いに王子浜へ歩く。


d0360104_16483266.jpg
  古道は今はJRきのくに線のレールが敷かれているが、古代はこの海岸に沿ってあるいたと思われる。この雄大な景観を古代の人も眺めたのであろうと思う。


d0360104_16483501.jpg
  電車道は狭くて危険なので、団体で歩くときは市街地を歩くことをお勧めしたい。逆川に架かる橋の下をくぐり高野坂の入り口へ。トイレがあり、しばし休憩したい。





d0360104_16483883.jpg
13時50分。 高野坂の上り口に着く。

[PR]
# by wakayamakiga | 2018-02-11 18:40 | Shingu | Comments(0)

Koya-zaka in Singu /高野坂~佐野王子へ

 高野坂/Koya-zaka
d0360104_16484337.jpg
1月25日、速玉神社を起点に浜王子を経て高野坂に向かう。寒いけれど良いお天気で、歩いている間は汗ばむほどだった。熊野灘は青くて広い。


 浜王子から、東南へ歩き、JRの高架下を進むと、5分程で、王子が浜へ出る。熊野灘の遮るものの無い大海原が,目の前だ。浜沿い、線路のそばの、松林の中を南へ1.8㌔歩き、一旦、浜に出る。逆川に掛かる、JRの鉄橋の下を潜ると、熊野古道 高野坂の登り口が有る。案内板、トイレ、杖まで、有る。
 高野坂は、1.5㌔、30分程の、古道歩きだ。石段を歩くと三体の石仏が有る。真ん中が、お地蔵様、左右の二体は、南無阿弥陀仏と書かれた、板碑だ。江戸時代中期のものと言われる。土地の名前から、御手洗の念仏碑と言われる。 孫八地蔵などに、詣りながら、天然林を歩くと、暗い森の中に、金光稲荷神社が有る。
 古道の終わり頃に、50㍍程の下りの石畳が有る。


From Hama-Oji, we walked 5 minutes south-east, and passed under JR overpass, and then arrived at Ojigahama beach. We walked for 1.8 km south along the railway and line of pine trees. We could enjoy the good view of the ocean, Kumanonada. When we saw JR Sakai river bridge, we passed under it and then we arrived at the Koyazaka entrance. There was an information board, and a toilet. And there were walking sticks, too.
Koyazaka is 1.5km. long, and 30 minutes' ancient road. We climbed up the stone stairs and there were three stone Buddist images. The center was Jizo and the others were plate stones, which Namu-Amida-Butsu were written on. They were said to be originated in the mid-Edo era. On our way among nature, we saw Magohachi Jizo and Konkou Inari shrine.
After walking on stone pavement for 50m., we came to the end of the road and we walked the road to Sano-Oji, the next Oji.
(Yumiko Sugawa)



 

d0360104_16484011.jpg
 高野坂の道標をみて、少し歩くと道路の右手に御手洗の念仏碑が立つ。地方からの参詣者が記念に建てたようだ。


d0360104_16484661.jpg
 原生林が続く道は足に心地よく感じる。


d0360104_16484953.jpg
  高野坂の孫八地蔵。古道は緩やかな登り坂が続く。金剛稲荷神社を過ぎると海岸を眺める展望台があり、やがて下り坂となる。線路を渡らずに右に折れるとJR三輪崎駅だ。


 
d0360104_16485460.jpg

佐野王子
 高野坂入口から三輪崎駅まで約3,3km。三輪崎駅から国道42号線に沿った旧道を歩く。宝蔵寺、三輪崎小学区の前をとおり、住宅地を歩く。佐野王子まで約3,3km。



d0360104_16485770.jpg

 佐野王子の辺りはかつて、原野が広がっていたが、今は大型スーパーの駐車場となった。王子の碑の後方の石碑の文字は摩耗していて判読できない。


d0360104_16490023.jpg

  神武天皇到来の顕彰碑



d0360104_16490380.jpg
  佐野王子の碑の近くに尼将軍供養塔、宝篋印塔、地蔵尊が並んでいる。


d0360104_16490545.jpg
  15時30分、佐野王子に着く。待機している車に乗り、橋杭石でしば休憩。ふたたび海岸線を通り帰路についた。


[PR]
# by wakayamakiga | 2018-01-26 21:05 | Shingu | Comments(0)

Uragami pass and Kake-nuke michi

I got off the train at Kii-Uragami station. Soon Kumano-kodo turns to left and enter the mountain area. About 1km walk, I felt smell of charcoal burning. There are two charcoal makers both side of the road. Each makers have two kilns. One of right side kiln was just burning woods. The road was filled with smoke. They made "Bincho-tan" charcoal the most valuable charcoal.
At Uragami pass, there is a flat space and small pond that suggests there was a house for resting in the pass. I arrived the flat place after 3 km of walk, the area was full of rice paddies. Kumano-Kodo continues straight. But I turned to left and headed to exact north where there is Seiganto-ji temple and Nachi grand shrine.
About 6 km walk there is a pretty big elementary school. Walking along the fence of the school, I entered the mountain road. I could not find any information of the road name. The road remains good condition and not very steep, so I enjoyed walking on the ancient road. After 3 km walking, the road merges with the prefectural road and continue flat. This prefectural road is very narrow and two cars can not fit and there are no guardrails.
Most car road is build on the ancient road, but sometimes they are different. It was very interesting to find the ancient road, and I walked on the old one as much as I could.
At the very small village, I crossed another car road. From here, it was the steepest road that day and climbed 250 m. I arrived Amitabha( Amida) temple about 600 m in elevation. From here I could see the nice Pacific ocean view, it may be feel that the earth is seen really round.
The road from here to Seiganto-ji temple in Nachi is called "Kakenuke-michi" . Most pilgrims of ancient days could come to Kumano only once in their whole life. So they added a schedule to visit Amitabha temple and went running back to "Okumotori pass" route. "Kakenuke-michi" means "go running route".
"Kakenuke-michi" is about 2.5 km long in ancient time, it was measured 22 "Cho"s (Cho is 110m). So there are 22 Cho stones but they are not placed in precision unlike "Choishi-michi" in Koya-san. I discovered three 20th Cho stones !? It is very funny.
浦神峠と駆け抜け道
紀伊浦神駅で電車を降りた。間もなく熊野古道は左に折れ、山の中に入った。約1km歩くと炭焼きの臭いを感じた。2軒の炭の製造所が道の両側にあった。どちらも2つの窯があり、右側の1つが木を燃やしているところだった。道の回りには煙が漂っていた。彼らは最高級の炭、備長炭をつくっていた。
浦神峠には平らな場所と小さな池があり、休憩所があったと思われる。3km歩いた後、平らな場所に出て、そこにはたくさんの田んぼがあった。熊野古道は真っ直ぐ続いている。しかし私は左に折れて、青岸渡寺と那智大社がある真北に向かった。
8km歩くとかなり翁小学校があった。学校の塀に沿って歩き、山道に入った。どの資料でもこの道の名前を見つけられなかった。道は良い状態で残っていて、あまり急ではない。古い道を楽しく歩いた。3km歩いて道は県道と合流し、平らな道が続いた。この県道はとても狭いので、車がすれ違えず、ガードレールもない。
車道の大部分は古い道上につくられているが、ときどき違っていた。古い道を探すのはとてもおもしろく、できるだけ旧道を歩くようにした。
ごく小さな集落で別の車道を横切り、ここからがその日の一番急な箇所で、250m登った。海抜600mにある阿弥陀寺に着いた。ここから太平洋のすばらしい景色を眺められ、地球が丸いことを感じられた。
ここから那智の青岸渡寺への道は「駆け抜け道」と呼ばれる。昔の熊野への参詣者は大部分、生涯で1回しか来れなかった。それで阿弥陀寺に寄り道して 参詣し、駆け足で大雲取越にもどっていった。「駆け抜け道」は走って行った道を意味する。
駆け抜け道は約2.5kmで22丁に相当する(1丁は110m)。それで22の町石があるが高野山の町石道のように正確には置かれていない。20丁目の石が3つあった!? 楽しい気分にさせてくれる。
d0360104_21554131.jpg
Charcoal kilns beside "Ohechi".
d0360104_21560087.jpg
The road is filled with smoke.
d0360104_21581208.jpg
Ancient road parallels the prefectural car road.
d0360104_21583871.jpg
The view of Pacific Ocean from Amitabbha temple.

d0360104_21585871.jpg
One of "cho-ishi", indicates every 110m beside "Kakenuke-michi".


[PR]
# by wakayamakiga | 2018-01-17 22:12 | 平石保雄 | Comments(0)

KIGA 熊野・高野国際語り部の会のブログです


by 熊野小僧(kumano kozo)
プロフィールを見る
画像一覧