カテゴリ:Kii route /紀伊路( 6 )

99 Ojis in Kumano Kodo  Kii Route/ 熊野古道・紀伊路の九十九王子

Ancient Pilgrimage Road To Kumano / 熊野へのふるみち

d0360104_12055053.jpg

   熊野参詣道は紀伊半島の99王子を巡る旅です。古代、上皇たちは大阪から紀伊路を通り、本宮へ向かいました。
   Kumano Pilgrimage Road is a trip over 99 Ojis of Kii Peninsula. In ancient times, many Joko (Retired Emperors) headed from Kubotsu Oji (Osaka) in Kii road to Kumano Sanzan (Hongu Shrine, Hayatama Shrine and Nachi Shrine)

   99王子とは数が多いことからと言われています。時代が変わり古道のルートが変わると、王子の場所も数も変わってきています。

   The meaning of 99 Oji is said to have been a lot of number. When the times went down and the route of Kodo changed, the place and number of Ojis have also changed.

   熊野古道の王子について、熊野の皇子神という説と、分霊という説があります。もともとは各地の人々で祀られていた霊的な地を、修験道者たちが歩きはじめ、後に上皇たちが歩いたと思われます。

There are two theories about Ojis of Kumano Kodo. One is the theory that it is the son of Kumano god, and the other is the the theory of the divine spirit of the Kumano god.
It is thought that the Joko walked while visiting the spiritual place which was originally secured by the people of each region.
Or, in the earlier age, it was also the road the mountain monks walkd there.(M.A)



[PR]
by wakayamakiga | 2018-06-22 20:55 | Kii route /紀伊路 | Comments(0)

Kii Route-2 From Hoshiya to Itakiso Shrine 紀伊路ー2布施屋~伊太祁曽神社へ

紀伊路を歩こう! 布施屋~伊太祁曽へ
d0360104_13013234.jpg
  最近よく降ります。 今年は例年より早い梅雨入りだそうです。それでもKIGAのウオークの日はいつも晴れています。今日も雨があがりました。6月7日(木)午前8時30分。JR和歌山線の布施屋駅集合です。ここから線路わきの道を東に向かって歩きます。
  
It has been raining recently. The TV reports the Tsuyu(rainy) season has come earlier than usual this year. However, the day of KIGA's walk is always sunny and it stopped raining today. On Thursday June 7th at 8:30am, we started at Hoshiya station on the JR Wakayama line and we walked to the east side along the track.

d0360104_13013870.jpg
 道路わきに初夏を告げる白い花が!! 山法師です。白い部分は花ではなくて苞です。
White flowers are telling us early summer has come. It is Yamaboshi, white parts are not flowers but bracts.


d0360104_13014312.jpg
 吐前王子(はんざきおうじ)
 布施屋駅からJRの線路沿いに東へ約1kmほど歩き、線路を超えて右折、南へ数百メートルほど歩くと田圃の中に木の茂った台地が見えます。その中に地蔵尊らしき石の破片が積み上げられています。古道周辺の地蔵尊や石仏が集められたと思われます。
 紀の川は和泉国から山を越えてきた旅人が初めて出会う川越えです。当時は川の堤防もなく、紀の川の水で身体を濡らしながら歩くことで、心も身体も、清められると信じていました。水量が少ない所は歩いて川を渡りました。
 熊野参詣者たちが紀の川渡る渡し場は2か所あったと想定できます。一つは田井ノ瀬橋付近で、もう一つは川辺橋付近でした。吐前から渡し船が出ていました。

From Hoshiya station walking about 1km east along JR railway line, turn right, cross the railway and let's walk about a handred meters south. you can see the plateaus growing wooden in the rice fields. Some stones such as Jizo Buddha and Hokyo-in-to are stacked in one place. It is thought that Jizo statues and stone Budhist statues around Kumano-Kodo road were gathered here.

d0360104_13014632.jpg
 資料によれば、737番地が吐前王子跡です。近年まで王子権現の祠あり・・・小祠があったが明治43年小倉神社に合祀、明治44年11月10日、個人に払い下げられ、今は702番地の田の中になっていると。また732番地には「堂宇があったが嘉永年間(1848~1855)暴雨にて倒れる。明治45年、光恩寺無償譲与を受く、今蜜柑。」との記載があります。明治の神社合祀令の折、当地の宮本市太郎さんに払い下げられたとのことです。

According to the data, adress 733 is Hanzaki Oji region. Untill recently there was a small shrine, but in Meiji 43, Hanzaki Oji's deity was moved to Ogura-Jinjya Shrine. In November of Meiji era, the land was paid to private people, now it is inside the field of the 702 address. In addition, there was a temple hall at 732 address,but in Kaei years(1848~1855) it felled down by rainstorm.
In Meiji 45(1912 ), Koonji Temple was handed over free of charge, but now it became a orange field. It is written in the regional record.


d0360104_13015701.jpg
 今は周辺は田圃となり、当時の吐前王子を偲ぶものは何もありませんが。 折しも田植えの季節です。高積山を背景に、わずかに吐前王子を偲ばせる丘が水面に映り、日本の初夏ですね。

Now the surroundings are rice paddis, there is noting to remamber the Oji at that tome. Also now it is the rice planting season. A hill riminiscent of Hanzaki Oji on the background of Takazushi mountain is reflected on the surfece of water, it is early summer in japan.
d0360104_13020032.jpg
 少し離れた道路に説明板があります。ここから古道は南へ向かいます。民家の前を通り、2つ目の路地を右折し西へ、しばらく民家が並ぶ路地を歩きます。
There is an explanation boad on the road a little away. From here the ancient road head south. Walk to south in front of some private houses,and turn right at the second crossing and walk to the west, and walk down the road where the private houses lined up for a while.



d0360104_13022293.jpg
 昭和の雰囲気のある路地を800mほど歩き右折すると、布施屋駅にほど近い三差路に川端王子があります。布施屋の地名はかつて、紀の川を渡ってきた熊野参詣者たちに食べ物や金銭などの布施を行った屋があったことが由来です。

When walking about 800m on the alley with the ambience of Showa era, turn right , there is Kawabata Oji at the intersection near Hoshiya Station. The place name of Hosihiya originated from the fact that there was a house that gave foods and money etc. to the Kumano pilgrims who crossed the Kinokawa River


 川端王子
 川端王子ははじめ、もう少し西にありましたが、明治時代に高積山に遷されました。けれども戦時中、神社へ参拝の行事が多く、高い山の上にあるのは不便なので、旧王子社跡に遥拝所として建てられたのが今の川端王子です。
 江戸時代の『寛文記』によれば「和佐王子二社、一つは坂本にあり、一つは川端にあり」と記載されてます。
 

d0360104_13023114.jpg
 川端王子からふたたび民家の並ぶ道にもどり、さらに西へ歩くと、熊野古道の標識が見えます。左折すれは熊野古道ですが、右に200mの所に小栗橋があるのでぜひ見ていってください。

d0360104_13024032.jpg
  小栗判官(おぐりはんがん)
 小栗橋の標識が建っています。中世の小栗判官伝説は、熊野古道だけでなく、常陸(ひたち)、相模(さがみ)、藤沢、美濃そして熊野の各地に伝わっています。
 小栗判官がいつの時代に生きたのか、またどこの国のどのような人物なのかについては「鎌倉大草紙」「小栗実記」「小栗略縁起」「小栗絵巻」(説教えおぐり)など多くの書物に書かれています。その内容も少しずつ変容しながら室町、江戸時代へと語り広められたようです。  
 江戸時代には芸能文化の世界でも活躍し、説教語りや浄瑠璃、歌舞伎などで民衆に大変な人気を博しました。

There is a sign board of Oguri Bridge.
From th Middle Ages, the legend of Oguri Hangan story is transmitted not only Kumano Kodo road but also to various parts of Hitachi(Ibaragi Prefecture.).Sagami( Kanagawa Prefecture.),Fujisawa(Kanagawa Prefecture.), Mino(Gifu Prefecture.) and Kishu(Wakayama Prefecture.)
As that which time Oguri lived and what kind of person in what country, it is written in “Kamakura-dai-soshi","Oguri-jikki","Oguri-ryakuenki","Oguri-emaki"(Sekko Oguri).
It seems that contents were also transformed gradually and spread in the Muromachi and Edo period, ant it seems that it was disseminated.
In the Edo era the Oguri Hangan story was also in the world of performing arts culture and it gained great popularitry among people in preaching talks, Joruri and Kabuki.

 以下、安井理夫氏の『小栗判官ものがたり』(小栗判官物語設立までの経緯)より抜粋させていただきます。
 「・・・・『鎌倉大草紙』によれば応永30年(1423)、小栗満重、助重親子は足利尊氏と戦い、小栗城は落城。その後、助重は悲願の小栗家(小栗城)を再興をはたすも、康正元年(1455)年、足利尊氏に攻められ再び城を明け渡す。これらの史実をもとに物語は構成されている。

Mr.Satoh Yasui who live in Yunomine Hot springs Kumano Hongu wrote a book called "Oguri Hangan Monogatari(story)" several years ago.
According to "Kamakura dai-soshi", Ouei 30 years (1423 ad), Mitsushige Oguri and his son Sukeshige Oguri fought against Motiuji Ashikaga. Oguri castle felll. After that, although they rebuilds the Oguri family(Oguri Castle), it has attacked by Motiujii Ashikaga in the Kosei 1st year (1455ad) again to surrended the castle. Based on these historical facts, stories are composed.

 『小栗実記』では、小栗満重が足利尊氏との戦いに敗れ落城。その子助重(小栗判官)は三河の国をめざして落ち延びる途次、相模の国の権現堂の「吉郎が館」に投宿するが、横山一族の謀略で毒酒を飲まされ殺害されようとするも、これを察知した照手の機転により一命をとりとめる。小栗は藤沢に逃れ遊行上人たちの助けをうけるが、口に含んだ毒酒の害で重病人となる。一方、照手も流浪の実となり苦難に満ちた日々を送っていたが、家臣の助けで小栗との再会がかなう。しかし、小栗の病は意外に重く、照手の強い意志で治療のため歩行もかなわぬ小栗を土車にのせ、人の助けを頼りに熊野湯峰をめざしての道行となる。
 熊野権現の霊験と湯峰での当時が奇跡をよび、本復が叶い元の小栗助重となる。二人はその後、幸せな暮らしを取り戻した。

In "Oguri Jiki" , Oguri Mitshishige lost the battle with Mitusige Ashikaga and the castle fallen. His son Sukeshige(Oguri Hangan) fell to the Mikawa-no-kuni. On the way to Mikawa he stayed at Sagami's Gongendo, "Yosiro-ga-yakata" .At that time the Yokoyama clan tried to kill him by a poisonous liquor. However, Yokoyama's daughter Terute knew about it and helped him, he survived the plot.
Although Oguri escaped to Fujisawa and was helped by monks, but he became a seriously ill due to the harm of poisonous liquor contained in his mouth.
 Also,Terute was banished from her father and had spend hard days. With the help of Oguri's contact, she was able to meet him again. However Oguri was surprisingly seriously ill. With her strong will, Oguri who could not even walk ,Terute had put him on a Tuchi-guruma(a small cart that carried soil ). Oguri and Terute were aiming to go to Yunomine Hotsprings by depending other people's help.


この物語が500年の歴史を重ね、室町、江戸、そして平成の世まで長きにわたり熊野信仰とともに語り伝えられてきた。・・・この物語がこれほどまで各地に流布し、長い年月人々に愛されてきた要因は何だったのだろうか。物語の根底にあるものが人の生き様、生と死、今世と来世または死後の不安など神仏との関わりを切り離しては考えられないだろう。」

 小栗判官物語は時宗の一遍上人たちが、そして熊野比丘たちによって、熊野信仰とともに、全国各地に伝えられました。

This story is over 500 years old and has been told through the Muromachi, Edo and Heisei era long together with Kumano Faith. The factor is this story has spread to so many places so far and has been loved by people for many years.
What underlies the story is to question the way people live. It can not be thought of separating the relationship between God and Buddha, such as life and death of the people, this world and the afterlife or anxiety after death.

The story of Oguri was conveyed to various parts of Japan with Kumano Faith by Ippenshonin who is the founder of Ji Sect Sect of Buddhism, and monks as well as Kumano Bikuni(woman evangelist)
. .
d0360104_13024370.jpg
  紀の川は時代の経過とともにその流れを変え、川幅も変わってきました。かつてはこの辺りまで紀の川が広がっていたのでしょうか? ここはもと川端王子があった場所と推測することができます。
 いまはこのように川幅はせまく、往時の川の流れの様子を知ることは難しいですが。

d0360104_13024521.jpg
 小栗橋をあとにし、熊野古道に戻ります。稲が植えられたばかりの田圃はまるで鏡のように山の景色を映しだしています。国道を超えて少し歩き、川の手前で右折しましょう。

d0360104_13024814.jpg
 川に沿った路地の三差路に地蔵尊をまつる社が建っています。

d0360104_13040390.jpg
 お地蔵尊の手前を左折し、川の左岸を歩きます。

d0360104_13041058.jpg
 左側に中筋家の屋敷が見えたら、その手間の道を高積山に向かってあるきます。

d0360104_13041492.jpg
 高積山の麓に高積神社があります。

d0360104_13041700.jpg
 高積神社 / Takatsumi Shrine
  古道は高積山の麓をまわり矢田峠へと続いています。古道からそれて、旧中筋邸の手前の細い道を東へ入ると、山の麓に高積神社,「下の宮」があります。本殿は後方の山の頂上(235m)に鎮座、「高山」の地にあることから、「高の宮」の名で呼ばれています。古くから参詣者が絶えなかったので、麓に遥拝所があり、「下の宮」として親しまれてきました。
  主祭神は都麻津比売命(つまつひめのみこと)、五十猛命(いたけるのみこと)、大屋津比売命(おおやつひめのみこと)の三兄弟で、日本神話に登場する天照大神の弟、素戔嗚尊(すさのおのみこと)の子神とされています。文武天皇の大宝二年(702)三神分祀の勅令によって、都麻津比売命はここ高積に、五十猛命は伊太祁曽神社に、大屋津比売命は川永宇田森に祀られることになりました。三神分祀ですが主祭神に津麻津比売命を祀り、両側に他の二神を祀っていることから、高三所大明神とも称えられてきました。

 The Kumano ancient road leads to Yata pass along the foot of Mt. Takatsumi. Turn left toward the mountain, and you come to Takatsumi shrine . A main shrine stands on top of Mt. Takatsumi(235m). From ancient times many people have come to pray here, so there stands a shrine on the foot of the moutain to bow to the direction of the upper shrine.

The main deities are Tsumatsuhime-no-mikoto and Itakeru-no-mikoto and Ooyatsuhime-no-mikoto. They are siblings and their father is Susanoo-no-mikoto, a brother of Amaterasu-no-mikoto in Japanese mythology. In 702 A.D. the three deites were seperated by an Imperial order. Tsumatsuhime-no-mikoto stayed here in Takatsumi , Itakeru-no-mikoto moved to Idakiso, and Ooyatsuhime-no-mikoto moved to Kawanaga-udanomori. But the three deites are ensrined together here now.

 Tsumatsuhime-no-mikoto is the main deity here, and enshrined in the center and the other deites are beside her. So this shrine has been named as "Taka-sanjo-myojin" , three deites on a high place.(Y.S.)


d0360104_13042011.jpg
 高積山をあとに古道に戻ります。右手に江戸時代の遺構を保つ大庄屋中筋家住宅(重要文化財)が見えます。乳門を保つ長屋門と広い前庭、母屋があり、周囲に土堀を巡らせて囲っています。 中筋家は苗字帯刀を許された名家でした。この辺りは和佐大路とよばれ、かつての熊野古道が盛んであった頃の雰囲気を今に伝えています。

d0360104_13042392.jpg

 県道と並行して民家の並ぶ道を歩きます。道沿いに地蔵尊が祀られていました。古道は和佐王子のあたりから右手(南)に続いていますが、今は草藪となっているので、県道を歩くことにしましょう。

d0360104_13042693.jpg
 和佐王子

 道路は少し登り坂となります。道路の左がわにコンクリートの休憩所があり、その中に緑泥片岩の古い石碑が建ち、和佐王子の文字が刻まれています。2007年までここは蜜柑畑でした。建仁元年(1201)の『後鳥羽院熊野御幸記』に記載があり、寛文年間(江戸時代)にはなくなっています。『神社神明帖』によれば、この王子の境内は428坪(1412㎡)の広さがあり、参道や社の森もあったと伝えています。『紀伊続風土記』によれば天保の頃(1830~43)には社殿を失っていましたが、明治時代に再び社殿が建てられ和佐王子を祭神として祀ったと記載があります。明治42年、同地の高積神社に合祀、社地は民間に払いさげられました。
 
 和佐大八郎の墓 
 和佐王子の前方、左手の士持(じし)山は、地元では大八山で知られています。山の入口付近に和佐家の墓があり、紀州藩弓術指南役和佐大八郎(1663~1713)とその一族の墓があります。

大八郎は幼い頃から弓術を学び、ずば抜けた体格と優れた能力をもっていました。
 貞享3年(1686)、京都三十三間堂の 本堂西側の軒下(121m)で24時間、南から北へ弓を射とおす句扇が行われました。
 彼は13,053本中、8133本を射とおし、日本一記録を野作ったのです。紀州藩主の徳川光貞が彼を紀の川まで出迎えたという逸話が残っています。この記録はいまだに誰も破っていません。

Wasa Daihatiro's grave
In the vicinity of the entrance of the mountain on the north side of prefectural road, there is the grave of Wasa Daihachiro of the Kishu Clan Archery Guidance.
Daihachiro had learned archery since childhood,showing superb physique and excellent talent.

In the Jyoukyo 3 years(1686A.D.),there was a competition at Sanjusangendo temple in Kyoto,which was held at the eaves of the main hall of the west side(121m long),and shot through the arrow from the south to the north day and night.

He shot through 8,133 arrows out of 13,053 arrows,and made a record. There remains an anecdote that Mitsusada Tokugawa,the lord of the Kishu Clan,welcomed him to the Kinokawa river.
This record is still not broken. (M.Y.)



d0360104_13043276.jpg
 矢田峠超え
  古道は和佐王子の手前の道を南にとり、畑の中を通り、矢田峠のトンネルの手前に続いています。近年、道が整備され、一部コンクリーリ化されましたが、トンネルの前の狭い道は大変急な登り坂です。登りはじめて数メートルの所、左手に小さな祠があり、役行者像が祀らています。

d0360104_13044880.jpg
  徳本上人の名号碑


d0360104_13045429.jpg


d0360104_13045812.jpg
 丹生神社


d0360104_13050243.jpg
 丹生神社


d0360104_13050530.jpg
 丹生神社の前の池


d0360104_13051162.jpg
  伝法院


d0360104_13051463.jpg
 平尾集落


d0360104_13051805.jpg
平緒王子跡


d0360104_13052427.jpg
 平緒の都麻津比売神社跡


d0360104_13052757.jpg
都麻津姫神社跡
d0360104_23285869.jpg
今日の参加者17名で記念撮影です。このあと、伊太祁曾神社へ向かいました。


d0360104_13055537.jpg
伊太祁曽神社の鳥居


d0360104_13062182.jpg
伊太祁曽神社


d0360104_13061155.jpg
宮司さんのからお話お聞きしました。


d0360104_13062513.jpg



[PR]
by wakayamakiga | 2018-06-08 14:30 | Kii route /紀伊路 | Comments(0)

Kii route-1 From Yamanaka-dani to Yamagichi Oji / 山中渓~山口王子へ

院政時代、上皇や女院たちによる熊野参詣は、大阪から雄の山峠をこえて紀伊国へ入るコースが最もよく利用されていました。また江戸時代、紀州の殿様が参勤交代で、この紀州街道を通り、その要所となったのが山中渓でした。

In Heian era, Jyoko or In (retired Emperor) made their children or grandchildren the new Emperor, and they had big pawre. In was called In-sei era.

In-sei era many Jyoko and women Ins went to Kumano pilgriming, they used Kii route, and walked this road.
Also in Edo era the load of Kishu passed this road which were called Kishu-kaido
d0360104_20524965.jpg

   山中渓駅周辺は3月末から4月はじめには桜が一斉に咲きはじめます。

d0360104_20530756.jpg
 JR山中渓駅から北へ300mほど歩いた所に山中神社と馬目王子が鎮座しています。
  Walking to north 300m from Jr Yamanakadani Station, Yamanaka Shrine and Umame Oji are enshrined.

1079年、澤四郎善眞が、紀州の岡崎(和歌山市)より当地に移り、八王子神(あまのほひの命)をこの地にお祀りしたのが山中神社の始まりです。 後に神のお告げにより、高山の頂上に社を祀りました。(現在は跡地のみ) 現在祀られている八王子神(十一面観音)は、上之宮より移されたものです。 1613年に十一面観音が盗まれましたが、知らぬ間に戻っていたそうです。 馬目王子は、地元の人々に足神さんと呼ばれます。 馬目の名前は、この神木が、ウバメガシに由来します。

In 1079, Mr. Sawa Shiroyoshimasa who was from Okazaki, Kishu (Wakayama City). He moved to Yamanaka-dani and enshrined Hachioji-gami (Amano Hohino Mikoto). Later on, following to the deity's message, he enshrined it on the top of Takayama mountain in the northwest. ( It's vacant lot now.)
The present enshrined deity is Hachioji-gami (Eleven faces Kannon). It was moved from Uenomiya.
It's said it was stolen in 1613, but it came back before people knew.
Umame- Oji is called the deity of foot from local people. Its name comes from Ubamegashi in Japanese (a kind of beech tree) , the sacred tree. (T.S)



d0360104_21114450.jpg



d0360104_20525413.jpg

   駅のすぐそばに塞之神(道祖神)があります。塞之神は村の境に鎮座し、邪神や疫病は入るのをさえぎると言われています。また熊野詣の時代から、多くに旅人の道中に安全を守ってきました。
 
You can see a Doso-shin which was cald Saeno-shin near to the station. Saeno-shin was worshiped at the border of the village for block the gods of evil and the gods of bad illness. Also since old times this god kept safety of many travelers.
d0360104_20530399.jpg
 江戸時代、紀州藩では毎年12月20日に、犯罪者や悪疫の病人を境橋から和泉国に追放しました。けれども、山中渓周辺の村人たちはこの塞之神のおかげで疫病などから守られてきたそうです。

In the Edo era, on Desember 20th every year, criminals and sick people of plaque were expelled from Sakaibara to Izumino-kuni(Osaka) by Kishu clan. However, the villagers around Yamanaka erea had been protected from the praque by Saeno-shin.


d0360104_20531004.jpg
駅から南へ約1km、熊野古道に沿って歩くと左手の山の中に、山中関所跡の石碑が建っています。

When you will walk to South about 1km from station, a stone monument which was written to" Yamanaka Sekisho Ato" is stood on the bootom of the mountain along the Kumano Kodo Road. In old times, travelers payed tax here.


d0360104_20532562.jpg
  熊野古道は県道和歌山貝塚線と高速道路が交差しながら続いています。車の交通量が多く、歩道のない道ですが、沿道には季節の草花が咲いているので、楽しむことができます。

The road goes on to South with intersecting or leaving. The traffic volume of the car is large and the road has no sidewalk. But even so, a lot of natural flowers can be seen at the empty area beside the road.
d0360104_20534764.jpg
 白い花はキイチゴかな? Are those flowers Kiichigo (raspbelly)?



d0360104_20535305.jpg
 この花はあけびです。 These are " Akebi" (Dawn).

d0360104_20535720.jpg
  野草を見ながら歩くこと約1,3km。境橋です。日本で最後の仇討ちがあった所です。文久3年(1863)、土佐藩士広井大六の子の岩之助が、父の仇の棚橋三郎を、ここで仇討ちを果たしました。
It's about 1,3km walking while looking for wild flowers. Here is Sakai-bashi (bridge). It is the place where the last victim was down in Japan.
In Bunkyu 3 years (1863), Iwanosuke Hiroi , a son of Dairoku Hiroi who was a Samurai in Tosa clan, had down villain here Saburo tanahashi of his father's enemy .

江戸時代の仇討ちは、その目的の合理性や手順が規定どおりであれば、復習としての殺人は、認められていました。岩之助は、当時和歌山に滞在していた幕府の軍艦奉行である勝麟太郎の口添えで、紀州藩の支援により、仇討ちの目的を果たしました。
In Edo period, retribution was permitted as an authorized murder if its purpose and procedure were proper according to the rule. Iwanosuke had sued Saburo tanahashi for his unfair fight with Iwanosuke’s father, to Mr.Katsu Rintarou, a famous admiral of Tokugawa government, who stayed in Wakayama Kishu clan at that time. Through the advise of Mr.Katsu, Kishu clan supported Iwanosuke’s retribution according to the rule.

d0360104_20540000.jpg
 紀伊国と和泉国の国境の境川。
Sakai-gawa (river) at the border between Kii-no-kuni (Wakayama) and Izumii-no-kuni(Osaka)

d0360104_20540366.jpg
 熊野古道と言っても、コンクリート道が続きます。
Even if we say Kumano Kodo, the road of concrete continues.

d0360104_20540619.jpg
 500mほど歩くと、右手の踏切を渡ったところに中山王子があります。
When walking about 500m, there is Nakayama Oji where you crossed the railroad crossing of the right hand side.


d0360104_20542465.jpg
 中山王子から民家の前を300mほど歩き、ふたたび県道に戻り、ゆるやかな上り道を歩きます。
Walk 300 meters in front of the houses from Nakayama Oji, return to the car road again, and walk on a gentle up road.

d0360104_20542741.jpg
 周辺は山また山。春は新緑が、秋には紅葉が楽しめます。
Mountain and mountain around here, you can enjoy fresh green in the Spring, and autumn leaves in fall.


d0360104_20543197.jpg
 高速道路と県道が交差しながら続いています。足もとを見ればスミレの花を楽しむことができます。
The highway continues as it crosses. You can enjoy the violet flowers by looking at your feet.


d0360104_20543458.jpg

 紫色の花はツルニチニチソウ(蔓日日草)です。
Purple flowers are Tsurunichinichiso (Vica major).


d0360104_20543768.jpg

 峠の不動明王につきました。山中渓駅からここまで約4,5km。ここから山口王子まで約1,4km。下り坂となります。
A small shrine in the middle of mountain on the right is Toge-no-Hudomyo-ou (Hudomyo-ou of the pass). It is about 4,5km from Yamanakadani Station to here and it is approximately 1,4km from here to Yamaguchi Oji. It will go down hill.


d0360104_20544199.jpg

見上げれば高速道路ができています。
d0360104_22491266.jpg

 高速道路というより、天空の道路です。
d0360104_20544959.jpg

 ようやく平坦な道へ下りてきました。
d0360104_22424801.jpg

  三叉路を左へ、もう一度左へと進むと山口王子へ着きました。万葉歌碑があります。
 「わが背子が 跡ふみ求め 追い行かば 紀の関守い 留めてむかも」(巻4-454)
  笠金村の歌です。神亀元年(724)10月の聖武天皇が玉津島神社へ行幸の時、お伴の人の中にある女性の恋人がいて、その人に贈るための、金村が女性から依頼されて作った歌で、恋歌の代作の歌だそうです。紀の関がここにあったかどうかは確証はありませんが。


d0360104_22425884.jpg

 小野川にかかる小野寺橋を渡ると、左手の民家の後方に小野寺址があります。
d0360104_22552159.jpg

 いまは廃寺となっていますが、小野寺があった所です。小野小町が熊野詣にきて、この地で亡くなったと伝わっています。
d0360104_22430639.jpg

  古道は民家の並ぶ道を南へ池の川バス停に向かいます。
  山口神社へ鳥居を通らずに横から入る場合は、途中で右折し、64号線を渡って西へ1kmほど歩きます。鳥居を通る場合は約1,8kmの距離となります。
d0360104_22440681.jpg

 山口神社に着きました。創建は大変古く、坂上田村麻呂の伝説が残っています。上皇や女院も立ち寄ったそうです。
d0360104_22441231.jpg

  祭神は伊久津比売命です。古くは日吉神社を祀っていました。明治になって山口王子社、白鳥神社などが合祀されました。安産の神様として信仰されています。

d0360104_22442345.jpg

 神社の入口の傍に道祖神たちが集められています。
d0360104_22442766.jpg

  鳥居です。神社からまっすぐに続いています。ここから川辺王子へ向かう道がありますが、自動車道が行きかう道なので、今日は近世の紀州街道を通って中村王子へ進みます。
d0360104_21132106.jpg


  
d0360104_22443216.jpg
  池の川バス停から続く道へ戻ります。和歌山城から一里ごとに塚があり、三里のこの地にも一里塚がありました。大きな松の木が植わっていましたが、1950年の台風により倒木しました。

d0360104_22443649.jpg
  紀州の殿様の参勤交代の道がありました。沿道の家々に往時の面影を残しています。

d0360104_22443947.jpg
  消防団の看板を見て右折しましょう。

d0360104_22444914.jpg
 山口小学校です、よく見れば校章は紀州徳川家の三つ葉葵です。

d0360104_22445206.jpg
山口小学校の校庭に山口宿、本陣跡があります。「紀州御殿」があった所です。

[PR]
by wakayamakiga | 2018-05-06 10:33 | Kii route /紀伊路 | Comments(0)

Kii route-1 From Yamaguchi to Hoshiya / 山口~布施屋へ

d0360104_00203432.jpg
  山口小学校から100mほど西に歩いた所に西山浄土宗の遍照寺があります。
d0360104_00205331.jpg

 遍照寺とお菊伝説 / Henjyo-ji Temple and a melancholy tale of Okiku

 戦国時代の終盤、文禄4年(1596)7月15日、豊臣秀次が秀吉から命じられて高野山で切腹した時、その妻29人と幼児3人は京都三条河原で処刑されました。
 波有手(ぼうで・現阪南市)の豪族後藤六郎兵衛政義の娘こよは秀次の側室で、小督局(こごうのつぼね)と呼ばれていました。その娘、お菊はまだ生まれて間もないことから、懇願により助けられ、小督局の実兄後藤六郎兵衛輿義のことで養育されることとなりました。

This is a melancholy tale at the borders of Izumi-no-kuni and Kii-no-kuni. In 1595 a baby girl, Okiku, was born to Toyotomi Hidetsugu and his second wife, the daughter of Goto Masayoshi, the head of a powerful family in Hannan-cho (in Osaka). Shortly after Okiku's birth, on July 15th, a terrible rumor of rebellion emerged in connection with the child's father, Hidetsugu. Hidetsugu was ordered to kill himself by Toyotomi Hideyoshi. He commited harakiri at Koyasan.

  成長したお菊は「後藤のお姫様」と呼ばれ、美しい娘に育ちます。元和元年(1645)4月、親戚筋の紀州山口村の代官山口喜内の嫡男兵内と結婚しました。お菊は20歳でした。周囲が羨むほどの婚礼の式をあげたと伝わっています。和泉地方で伝承されている「お菊の子守歌」が、その輿入の豪華さを伝えています。「赤い小袖を百七つ、白い小袖を百七つ、かごの乗り物数しれず」と。しかし、このあとお菊の過酷な運命が待ち受けていたのです。

Okiku called " Goto Princess " and grew into a beautiful woman.
In April 1615, She married to Heinai, a deputy administor's son in Yamaguchi village. She was 20 years old. After that, a sad life awaited Okiku.

 まもなく、豊臣と徳川の大戦が始まった時、山口一族の領主は紀州徳川家に味方する浅野家です。山口一族はお菊の父の後藤、淡輪両家が味方する豊臣の側につきました。大阪夏の陣が始まった時、結婚したばかりのお菊が大阪城へ密書を届けることになったのですが、帰る途中、樫井川の合戦が始まっていたのです。大阪城からの返書を川に落としてしまい、運悪く敵方に拾われてしまったのです。

Soon after, a great war between the Toyotomi and Tokugawa broke out. Okiku's family supported Toyotomi and her hunband 's family soon changed sides to support Toyotomi as well although their load supported Tokugawa.

Her husband left for Osaka Castle and few days later, Okiku followed him, carrying a secret letter. Okiku cut her long black hair and went in disguise as a man. Arriving safely in Osaka castle, she gave the letter from her husband,Heinai. On her way home, Okiku tried to swim across Kasiigawa River. As she swam, she lost the reply letter, which was later found by members of the opposing faction.

 山口家の家族は捕らえられ、紀ノ川の大野瀬河原で斬罪となりました。お菊は結婚して間もないという理由で許されたのですが、自分のせいで山口家の人たちが処刑されたため、自ら名乗り出て大野瀬河原で処刑されたのでした。

Toyotomi's supporters lost the war, and on May 5th, Okiku's husband was caught in a fire in Osaka Castle and died. Yamaguchi family members were executed at Kinokawa River. Okiku was captured but she was soon released. She requested her own execution.

 後藤輿義の妻お静はお菊の冥福を祈って、後藤家の菩提寺である法福寺のお菊の等身大の木像を作りましたが、その後、火災により寺とともに木像は焼失します。安政7年、お菊の座像が作られました。
  山口地区の遍照寺の境内裏の墓地に山口一族の墓があり、一つの墓石に「山口喜内嫡男兵内」の文字が読み取れます。

Her tomb and statue of her were built at Hofuku-ji Temple by Koshiyoshi's wife, but the statue and temple were destroyed by a fire. Okiku's husband and his family tomb are at Henjyo-ji Temple in Yamagichi. (M.A)


d0360104_22450036.jpg



d0360104_00205806.jpg

 遍照寺から自動車道を横切り、田んぼの中を西へ向かいます。その昔、紀ノ川に岸がない時代には、川の流れを変えながら河口に向かって流れていきました。この周辺はすべて川だったのです。川辺、川端の地名と王寺名の由来です。
 田圃の中にお地蔵さまが立っています。もう少し西へ歩きましょう。
d0360104_00210449.jpg

 川に沿って歩くと、樹木におおわれた小さな森が見えてきました。中に入ってみると、社らしき佇まいです。
 はじめ川辺王子はもう少し北西の方向に鎮座していましたが、その後、力侍神社に合祀されています。長い年月の間に川の流れが変わり、王子社の位置も変わっています。この社もある時期、社として祀られていた可能性がありますね。
 


d0360104_00211024.jpg

 田圃の中を歩き、力侍神社へ向かいます。
d0360104_00211592.jpg

 力侍神社の近くに新しく広い道路が建設されています。途中、田んぼの中にありました。中村王子社址の看板です。今はなにも残っていませんが。場所もここであったかどうか不明だそうです。
d0360104_00211899.jpg

 田圃の中の道を東に向かいます。樹木がならんでいる所が力侍神社の境内へ続く道です。
d0360104_00212354.jpg

 着きました。ここが力侍神社です。右手に「川辺王子」の石碑が立っています。

力侍神社 / Rikishi Shrine

この神社には天手力命(あめのたぢからお)とその他14の神が祭られています。主神はもとは別の場所にあったが、ここに遷されました。またもともと川辺王子も紀ノ川の川岸もここにあったと考えられています。

In this shrine, the main deity Ameno-Tajikarao and fourteen other deities are enshrined. Main deity was originally enshrined in other place but took here. Also it is considered that the ancient Kawanabe-oji which mean riverside-oji and river bank of Kinokawa was here.

  世界中に日食に関する伝説が、多くの場所に伝わっています。
 例えばノルウェーの伝説で狼が太陽を捕まえたので、空が暗くなり人々が助けて明るさが戻ったそうです。日本神話によれば、太陽の神、天照(あまてらす)は弟の悪い行いに業を煮やして、天の岩戸に隠れて石の扉を閉めてしまいました。すると、急に空が暗くなってしまったのです。八百万(やおよろず)の神々が集まってどうするか相談しました。宴会が開かれ、天細女(あめのうずめ)が歌い踊り、ついには服を脱いでしまいます。神々の騒ぎは最高潮に達しました。 

There are myths related to the eclipse at many places in the world. For example, in Norwegian myth wolves caught the sun and it became dark. Then the people rescued the sun and brightness recovered. Amaterasu, the goddess of sun, hid in the cave and shut the heavy stone door, because of her brother's bad behavior. Then the sky was darken and all deities discussed what to do. A song festival was held, and one female deity sang and striped her clothes and the deities were happy.

天照は自分がいなくなったのに、なぜ騒いでいるのか不思議に思い、岩戸を少し開けて外を見ました。すかさず、力持ちの天手力男命が引っぱって岩戸を開けました。神々は全員、天照に出てくるように願い出て、空は明るさを取り戻しました。神社の名前の力侍は力が強い侍、ここに祭られている天手力男命を表しています。

Amaterasu wondered why they were so enjoying without her, opened the stone door slightly and to check to see what happened to them. Immediately, the strong deity, Ameno Tajikarao pulled the door open. All the deities begged her pardon to Amaterasu and asked her to come out. The sky recovered its brightness. Rikisi the shrine's name (means strong warrior) whose name is Ameno Tajikarao and enshrined here. (Y.H)

  
d0360104_00212643.jpg

 樹々が生い茂り、ほっとする空間が続いています。
d0360104_00212906.jpg

 今の力侍神社には2つの社があります。
d0360104_00221753.jpg

 力侍神社を後にして、熊野古道を南に歩きます。粉川加太線の自動車道を横切り、路地を南へ、紀ノ川へ向かって歩きましょう。道路の右手にお堂が建ち、中に地蔵さまを祀っています。
d0360104_00222602.jpg

 お堂の前に赤い前掛けをつけたお地蔵さまが並んでいます。
d0360104_00223119.jpg

 その隣にもう一体、お地蔵さまが祀られています。
d0360104_00223677.jpg

 少し歩くと、長屋門らしき立派な建物が目に入りました。
d0360104_00224153.jpg

 建物の角に道標が立っています。「右根来寺・左北大坂・」の文字が刻まれています。
d0360104_00224505.jpg

 さらに南へ歩くと紀ノ川へ着きます。川岸に六地蔵が祀られています。
d0360104_00224951.jpg

 こちらも六地蔵でしょうか?もっと多いようですね。古道沿いにあった野の仏像を集めたと思われます。
d0360104_00225344.jpg

 紀の川をわたりましょう。かつて熊野詣の旅人のための「渡し場」がありました。向こうに高積山が見えています。
d0360104_00225669.jpg

 橋を渡って、左へ、川岸を歩きます。右手にマンションの建物が見えたら、その前を通りぬければ布施屋駅に着きます。

[PR]
by wakayamakiga | 2018-04-12 22:41 | Kii route /紀伊路 | Comments(0)

From Ichinose Oji to Takijiri Oji/一之瀬王子~鮎川王子~滝尻へ

 梅雨というのに良いお天気が続いています。6月15日(木)、KIGAのメンバー16名が上富田町の市ノ瀬から岩田川(現富田川)沿いに滝尻まで歩きました。約12km。
 ゴールの滝尻王子前で集合写真です。かなり蒸し暑い1日でしたが、今日も1日無事に歩けて、皆さんの表情はさわやかです。
d0360104_10493561.jpg
Kozenji temple / 興禅寺
d0360104_10483568.jpg
The biggest statue of Bodhidharma at Kozenji temple/ 興禅寺の達磨像
d0360104_10483952.jpg
 Kozenji temple is called "Daruma dera" or Daruma temple. There is a giant Daruma statue which is the biggest one in Japan.
Bodhidharma is the founder of Zen sect Buddhism and called Daruma in japan. Another meaning of Dharma is the "theory" of Buddhism.
 This Daruma statue was built by Mr.Yoshida former priest of this temple in 1974. He felt great sorrow about dead soldiers in the WWⅡ. He gathered the sand of South Pacific Islands and South East Asian countries where cruel fighting happened. The places he went to and gathered dead bone and sand count 120places. He mixed that sand and built a Daruma statue by himself with praying for peace.
 This temple stands at the foothill of the mountain range at south of Tonda-gawa river. In this area there are many rice paddys and ancient Japanese landscape remains. Soon the chorus of many frogs will begin.
 In the well maintained garden there are many trees and floweres. In the bright June sun light, garden were filled fresh green and was very beautiful. Some of floweres were full bloom. Two gardeners were working for pruning the garden trees.(Yasuo.H.)

 興禅寺は、「だるま寺」と言われています。日本で最大の巨像である達磨の像があります。Bodhidharmaは禅宗の仏教の創始者であり、日本ではDarumaと呼ばれています。Dharma の別の意味は、仏教の「理論」です。
 1974年に寺の元住職の吉田氏が建てたものです。WWⅡで死んだ兵士に大きな悲しみを感じました。彼は残酷な戦いが起こった南太平洋諸島と東南アジア諸国の砂を集めました。彼が行き、死んだ骨と砂を集めた場所は120ヶ所です。彼はその砂を混ぜて、平和を祈って自分でダルマ像を造りました。
 この寺は富田川の南にある山脈のふもとに立っています。この地域には多くの水田と古代の日本の風景が残っています。すぐに多くのカエルの合唱が始まります。
 よく整えられた庭には、多くの木々や花があります。明るい6月の太陽の光の中で、庭は新鮮な緑で満たされ、とても美しかったです。花の一部は満開でした。2人の庭師が庭の木を剪定するために働いていました。(平石)
 
 Iwata River/岩田川(現富田川)
d0360104_10480111.jpg

 
 Ancient people thought the Iwata River was the most Important river for Mizu-Gori. The reason is that Iwata River is the closest one to the sacred Hongu Shrine. Once you enter the river, you will be instantly purified,
  People used to try to get rid of filthiness such as worldy desire, vices and the burdeds they had accumulated while alive. They often took religious acts such as Mizu-Gori. Mizu means water, Gori means an action of removal from the filth.
  By soaking one's body in the cold water of river, one can feel as if the bad things one had were washed away. People imposed a hard spiritual Journey on themselves to restart a new life. (Teruko)

古代の人々は岩田川を渡ることにより、自身を清めることができる最も重要な場所だと考えていた。  なぜならば、岩田川は本宮から直接流れている神聖な川なのだから。一度、岩田川に浸ると悪行や罪やら、自身がためこんだものは直ちに消えて流れ去ると考えていた。
  当時の人々は、生きている間にためこんだ現世の欲望や、悪行などのような汚れを取り除こうとしていた。 そのため、彼らは水垢離のような宗教的行動をよく行った。
 垢離とは穢れを除去する行動を意味する。 人は冷たい川の水に身体を浸すことで、自身がもっている悪いものが洗い流させるこのように感じたのである。人々は新しい人生を再スタートさせるために、自分自身に、大変な修行の旅を課したのであった。(森)

Ichinose Oji / 一之瀬王子

d0360104_10482800.jpg


 Ichinose Oji is 15 minutes’ walk from Kozenji temple. A big camphor tree led us to the Oji. Ichinose Oji is also called Yabunaka Oji.
 It was originally at the crossing of the Iwata River, and the name comes from the Ichi-no-se, Ni-no-se, and San-no-se place names. It also derives from the old village name of Ichi-no-se.
 Long time ago the river was narrow and pilgrims crossed the river and purified themselves and worshipped the gods of Kumano. 
 In Chuyuki, Munetada Fujiwara wrote he crossed the river 19 times. On the bank of the river, I thought about ancient times when ex-emperors and court ladies had crossed the river on foot. (Yumiko.S)

  一ノ瀬王子は興禅寺から歩いて15分程に有ります。大きな楠の木が導いてくれました。別名「藪中王子」とも。「一ノ瀬」はもともと岩田川の渡りの「一ノ瀬、二ノ瀬、三ノ瀬」からきた地名であろうが、旧村名の「市ノ瀬」から「市ノ瀬王子」とも呼ばれます。
 当時は川幅も狭く、御幸が盛んな頃には、一ノ瀬、二ノ瀬。三ノ瀬で垢離が行われたらしい。この川を歩いて渡ることが禊であり、平安期藤原宗忠は19回も渡河重ねています。
川を渡る、上皇や女院達に想いを馳せました。 岩田川の沿岸を歩きます。(須川)
d0360104_10480824.jpg
 庚申さん
d0360104_10481621.jpg
 鮎川王子址と大塔宮劔宮址の記念碑
d0360104_10484747.jpg

 古道は山間の狭い道が続いています。
d0360104_10490888.jpg

 藤原定家の歌が刻まれています。「そめし秋を くれぬとたれかいはた河 またなみこゆる 山姫のそで」 山姫とはだれのことを想って歌ったのでしょうか?清姫か、あるいは地元の娘さんか?
d0360104_16271282.jpg

 真新しい木の橋が。
d0360104_10491344.jpg

 橋が見えてきました。蕨尾(わらびお)橋です。この橋を渡らずに、橋の下を潜って歩きます。しばらく急な山道が続いています。
d0360104_23503539.jpg


  山の尾根が続いています。自然の懐にいることを実感しながら歩きます。 
d0360104_23503120.jpg


山、山、山。
d0360104_10491978.jpg


 清姫の墓につきました。
d0360104_16272537.jpg


清姫が泳いだと伝わる真砂渕の水は今日も透明に澄んでいます。
d0360104_10492879.jpg



Map (From Inabane Oji to Takijiri Oji)
d0360104_09420709.jpg










[PR]
by wakayamakiga | 2017-06-25 15:25 | Kii route /紀伊路 | Comments(0)

潮見峠のひるね王子で・Hirune Oji in Shiomi pass

 田辺から潮見峠を越えて

 On May 15th, we walked the Shiomi pass. The following sentences are written by KIGA members. 
 5月15日、私たちは潮見峠越えの道を歩きました。以下はKIGA会員からの投稿です。
d0360104_21094990.jpg
ひるね茶屋で
d0360104_23220454.jpg
  After we got off a taxi, we started walking along the winding path leading up to the depths of the mountains. Spotting unfamiliar tiny flowers on the way, we enjoyed the refreshing smell of May breeze.
  We hiked about 2 hours and then finally found a suitable place for lunch.  
  It was an old building called a “cha-ya , or a teahouse in English. At the place, we happened to meet an elderly man, who is the owner of it and used to run.  
  We understood he seemed to be proud of being the land owner there. He said he would still like to entertain whoever drops by. He showed me his small pond full of red fish and his cage with two cute hamsters in. And he told me that he enshrines one of the sacred deities called “Hirune Oji” right next to the pond.
Furthermore, he proudly said that there is ground nearby spacious enough for a helicopter to land on. One thing you shouldn’t miss is a view, if you come, you can enjoy the panorama of the city of Tanabe and the Pacific Ocean because the cha-ya stands almost near the mountaintop.
  While we sat on logs eating lunch, we were greatly healed by the whisper of green leaves of tall trees rustling in the breeze and the cha-ya owner’s friendly face full of good intentions.

  We even had fun riding on a handmade swing hanging from a sturdy branch. Can’t this place be called a kind of “heaven”, which contains scenic beauty, a cozy atmosphere nature creates and the welcoming warmth coming from the old man.

 Oh, I almost forgot that we were on the way to Kumano Shrine, which people believe is a place where they can revive. These places must be real heaven.
 By sipping a cup of free coffee he offered, we recharged our batteries. Of course we thanked the man for his hospitality, and also were thankful for the abundance of nature and our country’s long history.
 Then we departed for the “Shiomi Toge” (Teruko)


私たちはタクシーを降りたのち、山中へと続くくねくねした道を歩きはじめた。途中、名前も知らない小さな花たちを見つけながら、5月のさわやかな風にふかれ、楽しく登っていった。
 約2時間歩き、やっとお昼ごはんにぴったりな場所を見つけた。茶屋と呼んでいいだろう。
そこで私たちは一人のご老人にたまたまでくわした。彼は昔、その茶屋を本格的に営んでいたが、今はもう閉めているという。 どうやら彼はその土地に結構、誇りをお持ちのようだ。彼いわく、立ち寄られる方どなたでももてなしてあげたいと。 
 旅人の私を彼が造ったと自慢げに、優雅に泳ぐ小さな緋鯉がたくさんいる小池に案内してくれたり、彼がかっている本当にかわいいハムスターも見せてくれた。 彼は小池のそばに、彼の先祖が大切にしていた”ひるね王子”という小さな祠を造り、日々お参りしているとのこと。
  さらにヘリコプターが離着陸できる結構広いグラウンドを、このような狭い峠の山中に所有していることを誇らしげに伝えてくれた。

  一つ、ここを訪れる時、見逃せないのはその景色だ。田辺市内を一望でき、果ては太平洋も望める大パノラマビューだ。この場所は山頂近くにあるので、こんな景色を楽しむことができる。
  私たちが丸太の椅子で弁当を食する間、木々の梢の木の葉たちが風にそよぎ、かすかなざわめきを聞くと心が癒されるのを感じていた。それに茶屋のご主人の善意に満ちた素敵な笑顔にも勿論いやされた。
 そして更にご主人お手製のしっかりした木の枝にゆわえつけられたブランコに乗ったなら、ここは天国と呼んでも良いのではないかと思った。

  美しい自然が迎えてくれる居心地の良さ、ご主人が醸し出すアットホームな温かさ・・・。
  あ、そうだ、もう少しで忘れてしまうところであった。私たちは熊野大社への道中であった。熊野大社は人々が生き返れる、よみがえれるという有難い神様の居場所・・。熊野大社も大社に続くここも天国ではあるまいか!
  無料のコーヒーを頂き、再びエネルギーを充電した私たちは、ご老人のもてなしに感謝をして、古の昔から残る長いこの国の歴史や自然にも心から頭を垂れつつ、潮見峠へ向かった。(森 照子)
   
d0360104_21095349.jpg
水源が豊かな地で各所に滝が見られます。
d0360104_21095780.jpg
Nejiki-no-sugi in Siomi-toge-pass ねじ木の杉と清姫伝説

 There is a historecal big cedar tree called Nejiki-no-sugi. It's about 20 meters hight and 6 meters in circumference.
 Looking up the tree, I'm overwhelmed by the odd. Shaper branches. 
There is a story of this tree.
 In the Heian era, there was a young monk called Anchin. 
 When he visited Kumano, he stayed a house. There was a young owner's daughter called Kiyohime.
  Anchin was very handsome, therefore she fell in love with him and asked him to marry her. But he didn't answer about it and said "I'll come back to see you again." Then he left for Kumano.
 
She had been waiting for his return. But he didn't come back. He took another way. He ran a way from her. As soon as she knew the truth, she chased and ran up to Siomi-toge pass, climed up the big cedar tree.
Finally she found him, and screamed "I'm annoyed, come back , please!"
At the end, the cedar tree twisted by her anger.
This story is a little defferent from the Dojoji-temple version. But it has been passed down since old days in this area.  (Michiko)

  潮見峠にねじ木の杉と呼ばれる大きな杉の木があります。高さ約20m、周囲約6mで、下から眺めると異様な枝に圧倒されます。
  この木にまつわるある物語が伝わっています。
  平安時代、安珍という若い僧がいました。彼が熊野詣をした時、ある家に宿を借りました。その宿には清姫という若い娘がいました。安珍は大変ハンサムだったので、清姫は気に入り、「私をお嫁さんにして下さい」と言いました。 しかし、彼は熊野詣での途中であったので、すぐに返事をしませんでした。
  それでもしつこく頼む清姫に「熊野詣の帰路、必ず会いにくるから」と約束して熊野へ旅立ました。
  清姫は安珍の言葉を信じて、彼の帰りをずっと待ち続けました。けれども、いつまで待っても彼は帰ってきません。 彼は別の道を通って帰ったことを、旅の人 から聞いた時、清姫は彼を追いかけて走りはじめました。
  潮見峠をこえて、大きな杉の木によじ登りました。そして「悔しい、安珍、戻ってきて!」と叫ぶと、たちまち杉の枝が彼女の怒りでねじ曲がったと言います。 
  この話は道成寺に伝わる物語とは少し異なります。この地域では、昔から伝えられてきた話です。 
  ある時、真砂庄の庄司が蛇を助けた所、美しい女性が現れ、嫁になって住みつき、清姫が生まれました。 安珍の鏡に映った清姫は蛇の姿であったので、驚いて逃げ出したという話も伝わっています。(山本美知子)
  


Siomi-Toge pass
  Sio means sea, Mi means view, Toge means hill.   
  Since Ancient times Kumano pilgrims pass from the Siomi Toge they can view Tnabe bay for the last time, the Tanabe area and going to Hongu.
  Early Showa era there were only two tea shops, but now instead of tea shops there is a rest house with a clean toilet.
  It's a great place to take a short break.
 From here on, it's all dawn hill.
  Going up hill the road is tough, so hikers think that going dawn hill will also be difficult, however the road down hill is paved in good condetion. Going dawn hill is like a walk in the park.
   I recommend to hiking in Shiomi Toge pass if you want to see the same view that the ancient people saw. (Ayumi)

潮見峠
この峠は海が見える地であったことから潮見峠とつけられました。ここから田辺湾が見えます
  田辺から本宮への参詣者はここで海の見納めとなります。
  玉川玄竜の『熊野巡覧記』には「潮見峠、茶屋2軒有泊りも吉。是より新宮まで海を見る事なし。依之名残の潮見とも初潮見とも云也」と書かれています・田辺からの旅人はここで海の見納めとなるのだそうです。
  昭和の初期まではここに茶屋が2軒あったそうですが、今はもうありません。代わりに(?)風が吹きぬける休憩所があって、きれいなトイレも利用でき、一休みするにはもってこいの場所です。
  ここで休憩してから、あとはひたすら下るだけ。登ってきた分を考えて、ちょっと不安になりましたが、舗装された林道が続いていて、それほど足に負担もなく歩くことができました。
  いにしえの人々見た潮見峠の景観を楽しみながら歩くことをお勧めします。(前田あゆみ)


[PR]
by wakayamakiga | 2017-06-08 23:57 | Kii route /紀伊路 | Comments(0)

KIGA 熊野・高野国際語り部の会のブログです


by 熊野小僧(kumano kozo)
プロフィールを見る
画像一覧