<   2018年 01月 ( 2 )   > この月の画像一覧

Koya-zaka in Singu /高野坂~佐野王子へ

 高野坂/Koya-zaka
d0360104_16484337.jpg
1月25日、速玉神社を起点に浜王子を経て高野坂に向かう。寒いけれど良いお天気で、歩いている間は汗ばむほどだった。熊野灘は青くて広い。


 浜王子から、東南へ歩き、JRの高架下を進むと、5分程で、王子が浜へ出る。熊野灘の遮るものの無い大海原が,目の前だ。浜沿い、線路のそばの、松林の中を南へ1.8㌔歩き、一旦、浜に出る。逆川に掛かる、JRの鉄橋の下を潜ると、熊野古道 高野坂の登り口が有る。案内板、トイレ、杖まで、有る。
 高野坂は、1.5㌔、30分程の、古道歩きだ。石段を歩くと三体の石仏が有る。真ん中が、お地蔵様、左右の二体は、南無阿弥陀仏と書かれた、板碑だ。江戸時代中期のものと言われる。土地の名前から、御手洗の念仏碑と言われる。 孫八地蔵などに、詣りながら、天然林を歩くと、暗い森の中に、金光稲荷神社が有る。
 古道の終わり頃に、50㍍程の下りの石畳が有る。


From Hama-Oji, we walked 5 minutes south-east, and passed under JR overpass, and then arrived at Ojigahama beach. We walked for 1.8 km south along the railway and line of pine trees. We could enjoy the good view of the ocean, Kumanonada. When we saw JR Sakai river bridge, we passed under it and then we arrived at the Koyazaka entrance. There was an information board, and a toilet. And there were walking sticks, too.
Koyazaka is 1.5km. long, and 30 minutes' ancient road. We climbed up the stone stairs and there were three stone Buddist images. The center was Jizo and the others were plate stones, which Namu-Amida-Butsu were written on. They were said to be originated in the mid-Edo era. On our way among nature, we saw Magohachi Jizo and Konkou Inari shrine.
After walking on stone pavement for 50m., we came to the end of the road and we walked the road to Sano-Oji, the next Oji.
(Yumiko Sugawa)



 

d0360104_16484011.jpg
 高野坂の道標をみて、少し歩くと道路の右手に御手洗の念仏碑が立つ。地方からの参詣者が記念に建てたようだ。


d0360104_16484661.jpg
 原生林が続く道は足に心地よく感じる。


d0360104_16484953.jpg
  高野坂の孫八地蔵。古道は緩やかな登り坂が続く。金剛稲荷神社を過ぎると海岸を眺める展望台があり、やがて下り坂となる。線路を渡らずに右に折れるとJR三輪崎駅だ。


 
d0360104_16485460.jpg

佐野王子
 高野坂入口から三輪崎駅まで約3,3km。三輪崎駅から国道42号線に沿った旧道を歩く。宝蔵寺、三輪崎小学区の前をとおり、住宅地を歩く。佐野王子まで約3,3km。



d0360104_16485770.jpg

 佐野王子の辺りはかつて、原野が広がっていたが、今は大型スーパーの駐車場となった。王子の碑の後方の石碑の文字は摩耗していて判読できない。


d0360104_16490023.jpg

  神武天皇到来の顕彰碑



d0360104_16490380.jpg
  佐野王子の碑の近くに尼将軍供養塔、宝篋印塔、地蔵尊が並んでいる。


d0360104_16490545.jpg
  15時30分、佐野王子に着く。待機している車に乗り、橋杭石でしば休憩。ふたたび海岸線を通り帰路についた。


[PR]
by wakayamakiga | 2018-01-26 21:05 | Shingu/新宮 | Comments(0)

Uragami pass and Kake-nuke michi

I got off the train at Kii-Uragami station. Soon Kumano-kodo turns to left and enter the mountain area. About 1km walk, I felt smell of charcoal burning. There are two charcoal makers both side of the road. Each makers have two kilns. One of right side kiln was just burning woods. The road was filled with smoke. They made "Bincho-tan" charcoal the most valuable charcoal.
At Uragami pass, there is a flat space and small pond that suggests there was a house for resting in the pass. I arrived the flat place after 3 km of walk, the area was full of rice paddies. Kumano-Kodo continues straight. But I turned to left and headed to exact north where there is Seiganto-ji temple and Nachi grand shrine.
About 6 km walk there is a pretty big elementary school. Walking along the fence of the school, I entered the mountain road. I could not find any information of the road name. The road remains good condition and not very steep, so I enjoyed walking on the ancient road. After 3 km walking, the road merges with the prefectural road and continue flat. This prefectural road is very narrow and two cars can not fit and there are no guardrails.
Most car road is build on the ancient road, but sometimes they are different. It was very interesting to find the ancient road, and I walked on the old one as much as I could.
At the very small village, I crossed another car road. From here, it was the steepest road that day and climbed 250 m. I arrived Amitabha( Amida) temple about 600 m in elevation. From here I could see the nice Pacific ocean view, it may be feel that the earth is seen really round.
The road from here to Seiganto-ji temple in Nachi is called "Kakenuke-michi" . Most pilgrims of ancient days could come to Kumano only once in their whole life. So they added a schedule to visit Amitabha temple and went running back to "Okumotori pass" route. "Kakenuke-michi" means "go running route".
"Kakenuke-michi" is about 2.5 km long in ancient time, it was measured 22 "Cho"s (Cho is 110m). So there are 22 Cho stones but they are not placed in precision unlike "Choishi-michi" in Koya-san. I discovered three 20th Cho stones !? It is very funny.
浦神峠と駆け抜け道
紀伊浦神駅で電車を降りた。間もなく熊野古道は左に折れ、山の中に入った。約1km歩くと炭焼きの臭いを感じた。2軒の炭の製造所が道の両側にあった。どちらも2つの窯があり、右側の1つが木を燃やしているところだった。道の回りには煙が漂っていた。彼らは最高級の炭、備長炭をつくっていた。
浦神峠には平らな場所と小さな池があり、休憩所があったと思われる。3km歩いた後、平らな場所に出て、そこにはたくさんの田んぼがあった。熊野古道は真っ直ぐ続いている。しかし私は左に折れて、青岸渡寺と那智大社がある真北に向かった。
8km歩くとかなり翁小学校があった。学校の塀に沿って歩き、山道に入った。どの資料でもこの道の名前を見つけられなかった。道は良い状態で残っていて、あまり急ではない。古い道を楽しく歩いた。3km歩いて道は県道と合流し、平らな道が続いた。この県道はとても狭いので、車がすれ違えず、ガードレールもない。
車道の大部分は古い道上につくられているが、ときどき違っていた。古い道を探すのはとてもおもしろく、できるだけ旧道を歩くようにした。
ごく小さな集落で別の車道を横切り、ここからがその日の一番急な箇所で、250m登った。海抜600mにある阿弥陀寺に着いた。ここから太平洋のすばらしい景色を眺められ、地球が丸いことを感じられた。
ここから那智の青岸渡寺への道は「駆け抜け道」と呼ばれる。昔の熊野への参詣者は大部分、生涯で1回しか来れなかった。それで阿弥陀寺に寄り道して 参詣し、駆け足で大雲取越にもどっていった。「駆け抜け道」は走って行った道を意味する。
駆け抜け道は約2.5kmで22丁に相当する(1丁は110m)。それで22の町石があるが高野山の町石道のように正確には置かれていない。20丁目の石が3つあった!? 楽しい気分にさせてくれる。
d0360104_21554131.jpg
Charcoal kilns beside "Ohechi".
d0360104_21560087.jpg
The road is filled with smoke.
d0360104_21581208.jpg
Ancient road parallels the prefectural car road.
d0360104_21583871.jpg
The view of Pacific Ocean from Amitabbha temple.

d0360104_21585871.jpg
One of "cho-ishi", indicates every 110m beside "Kakenuke-michi".


[PR]
by wakayamakiga | 2018-01-17 22:12 | 平石保雄 | Comments(0)

KIGA 熊野・高野国際語り部の会のブログです


by 熊野小僧(kumano kozo)
プロフィールを見る
画像一覧