<   2018年 05月 ( 4 )   > この月の画像一覧

From Koguchi to Ukegawa 小口~請川へ

  熊野古道最終の道、大雲取超え、小雲取超えは古い時代から、天国に一番近い地とされてきました。「小雲鳥」とも言われ、藤原定家の『熊野御幸記』によれば、那智から「雲取、紫金超え」を通ったと記載があり、紫金超えが小雲取超えではないかと思われます。この二つの山越えの道は熊野古道の中でも難所中の難所とされています。
  5月17日、KIGAから14名が歩きました。

   It's transmitted from the old times, the last road of Kumano Kodo, Ogumotori-goe and Kogumotori-goe are said to be the most nearly place to Heaven.
In Heian period, Fijiwara Teika(Sadaie) wrote a travel record "Kumano-gokoki". He says that he passed "Okumotori and Shikin-mine", it seems that Shikon-mine is this Kogumotori-goe(beyond small clouds).
These two mountain roads are the hardest roads in the Kumano Kodo road.

d0360104_16305930.jpg
  小口バス停から郵便局の前を通り、自動車道をしばらく歩いて、トンネルの上の道を小和瀬バス停に向かいます。小口自然の家の前にトイレがあります。小口バス停から小和瀬バス停まで約1km。 
Pass throught the Koguchi post office from the Koguchi bus stop and head to Kowase bus stop. Walk the concrete road for a while and take the road above the tunnel.
You can see the public wash room in front of Koguchi-sizenno-ie (Nature's house). From Nature's house to Kowase bus stpo it is about 1km.

d0360104_16310945.jpg
 小口トンネルの上の道を歩きます。道路の右手の石段を上がって旧道に入りましょう。
Let go up the stone steps on the right side, it is an ancient road.


d0360104_16311244.jpg
  道路沿いの塀には野草が多くみられます。ユキノシタが咲いています。
Many wildflowers are growing on the fence along the road. Here you can see Yukinoshitas are in bloom.

d0360104_16312051.jpg
  500mほど歩くと、左手に小さな祠が見えてきました。
After walking 500 meters, you can see a small shrine on your left.

d0360104_16312314.jpg
 庚申塔(こうしんとう)です。台座に三匹に猿が刻まれています。庚(かのえ)申(さる)の日に、人の体に住むサンシという虫が、その人の行状を天帝に告口するので、その日は一晩中寝ないで起きているそうです。庚申の日は60日に一度回ってきますが、陰陽を合わせると60年に一度、という考え方もあります。申(さる)が時代の経過とともに、猿となり、いつしか台座に猿が刻まれるようになりました。三匹の猿はそれぞれ、見ザル、聞かザル、言わザルです。

This is the Koshin-to. There are three monkeys carved on the pedestal.
The villagers got together all night without sleeping on the day of Koshin(Kanoe Saru). Because the insenct named Sanshi was beleaved to be living in each human body who tells Tentei(King of Heaven) any bad actions they may do. The day of Koshin comes around every 60 days.
With the passage of time, it became the monkey with the same pronunciation as Koshin(Kanoe saru, saru=monkey), and monkeys were carved on the pedestal.
  Each monkey has a name, one is called Mizaru(don't look at bad things), one is called Kikazaru (don't listen bad things) and anotherr one is called Iwazaru(don't say bad things). You may also have them call, hear no evil, see no evil and speak no evil.

d0360104_16312747.jpg
 野仏を見ながらトンネルの上の道を歩きます。坂を下るとさらに数体の野仏が並んでいます。
Walking along the tunnel while watching the small Buddaha. As you go down the slope a few more Buddha are lineing up along the road.

d0360104_16313088.jpg
 大きなセンダン(アフチ)です。5月には小さな花を咲かせています。
It is a big Sendan(Ahuchi).Small frowers are blooming in May.

d0360104_16315195.jpg
 小和瀬バス停から赤木川にかかる赤木橋を渡ります。昭和29年、この橋ができるまで、ここを通る人たちは渡し場を利用していました。小和瀬渡し場跡があったところです。
Cross the Akagi Bridge over Akagi River from Owase bus stop. This bridge was made in 1945, before that the people passed this river by ships. There is a trace of the Kowase Passage.

d0360104_16315437.jpg
 小さな標識がありますので、見落とさずに、ここから左折します。
There is a small sign, so do not overlook, turn left here.

d0360104_16320375.jpg
 いくつかの標識を見ながら、右折、左折を繰り返します。急な坂を上った所に「30」と記載されて木の標識があります。これは熊野古道を訪れる人のために500mごとに建てられた距離を示す標識です。ここが30で、目的地の請川が54ですから、これから約12km歩くことになります。
While lookong at some signs, turn left, turn right, repeat. There is a sign of tree where you climbed a steep slope. "30" is stated. This is a sign indicating the distance built for walker visiting Kumano Kodo. It stands every 500 meters.

d0360104_16321470.jpg
 登り坂が続きますが、平坦な道もあるので、ほっとします。
The climbing slope continues, but there are also flat road, so the pilgrims are relieved.

d0360104_16321737.jpg
 左手に石組の厨子があり、大小2体の石仏が祀られています。
There is a stone pagodas on the left hand side, and two big and small stone Buddhas are enshrined in it.

d0360104_16321989.jpg
  尾切地蔵です。大きい石仏の台座に「文化七年牛の三月建立 施主小和瀬中」と刻まれています。道中の安全祈願のため、村人たちが共同で建立したようです。
It is Ogiri-jizo. it is engraved on the pedestal of big Buddha, " Bunka 7 year march establishment owner Kowase-naka". It seems that the villagers co-founded for the safety of pilgrims.

d0360104_16322625.jpg
 古道はなおも登り坂です。 The ancient road is still climbing a slope.

d0360104_16324660.jpg
 白樺の木はブナでしょうか?

d0360104_16325487.jpg
 木の標識があります。 There is a wood sign board.

d0360104_16330376.jpg
 31です。かなり歩いた気がしますが、まだ500m?
It is written to "31". We walked pretty well, is it still 500m?

d0360104_16330667.jpg
 さらに上り坂が続きます。少し休憩したら、また歩きましょう。
The uphill continues still more. Let's walk again after a little break.

d0360104_16331175.jpg
 道路沿いにひっそりと咲く花が、歩く人の心を和らげてくれる気がします。
Flowers blooming quietly along the road seems to be relieve the hearts of walkers.


d0360104_16331799.jpg
 周囲の景観がかわり、遠くを見晴らすことができます。眼下に赤木川が見えています。
The surrounding landscape changes and you can look far away. The Akag River is visible.

d0360104_16333644.jpg
 ようやく桜茶屋跡に着きました。小和瀬から2,4km。標高差450mです。
Arrived at Sakura-Jaya, it is 2,4km from Kowase, The altitude difference is 450m.

桜茶屋跡/Sakura-jaya Tea House remains

茶屋の店先に桜の大木があったので、桜茶屋と呼ばれていました。ここから南に見える楠の久保辺りを通る白衣の参詣者の一団を見かけると、茶屋の主人は大急ぎで湯を沸かし、餅をついたそうです。またはるか下の方から、桶に入れた水を頭に載せて運んだと伝わっています。
 茶屋は明治の末までありました。また、大正8年、宗教の建物として使われた記録も残っています。

Sakura-jaya Teahouse was named after a giant cherry tree that was located close by. In the old time when the teahouse owner saw pilgrims wearing white clothes approaching, he would start cooking rice cakes and boil water for tea.
He had carried water from far below by a pail on his head. It functioned as a teahouse up untill the early 20th century. (Y.S)


d0360104_16335474.jpg
 桜茶屋跡から数十メートル歩いた所に珍しい野生の花を見つけました。フタリシズカです。本当は花芯が2本あるのですが・・。
A rare flower is blooming where you walk tens meters from Sakura-jaya ruins. It is Hutari-shizuka (Two persons quiet)
d0360104_16335833.jpg
 この辺りに群生しています。 There are a lot of Hutari-shizuka.
d0360104_16340471.jpg
 「どちらへも遠く山路やおそ桜」。古道沿いに数基の歌碑が建っています。
" It is a long way to go through any road, I see cherry blossoms bloom late"
You can see several monuments which Tanka(Japanese poems) is written on it.

d0360104_16341289.jpg
 桜茶屋跡から桜峠まで、まだまが急な登り坂が続きます。桜茶屋跡から桜峠まで約0,5km。
From Sakura-jaya tea house ruins to Sakura-toge pass still steep climbing slope continues. It is about 0,5km from Sakura-jyaya to the top of the Sakura Pass.
d0360104_16343046.jpg

  峠の下り坂。左側の岩盤はどうしてできたのでしょうか?地球の変動によってできたかも?
Downhill of the pass. How did this rock mass be made? Maybe it happend due to changes in rock mass of the Earth?

d0360104_16343597.jpg
  木の根っこが岩盤の間に食い込んでいます。すごい生命力ですね?
  The root of the tree is biting between the rock. It is a big force of this tree.

d0360104_16343888.jpg
  「三界萬・・」の文字を刻んだ石塔。三界とは人の迷いの世界のことで、地獄、餓鬼、畜生をさします。
There is a stone tower carved the wards of "Sankai Man…” Sankai means three world of people's hesitation. Those are said Jigoku(hell), Gaki(brat),Chikusyo(damn it or animal).

d0360104_16344438.jpg
  石堂茶屋跡 Ishido-tyaya remains
   急な登り坂が続く桜峠を越えると、比較的平坦な尾根道となり、杉林の中を進むと石堂茶屋跡に着きます。東屋と歌碑があります。小雲取越えは険しい山越えのため、食料や物品を販売したり、宿泊できる茶屋や旅籠がたくさんありました。
   元文4年の『熊野めぐり』には"石堂峠”に茶屋が2件あり、旅客を泊めていたと記されています。また寛文10年の『熊野詣機構』では"さハのたわ茶屋”と呼ばれています。嘉永元年の『西国三十三所名所図会』には"石砥茶屋”とあり、山中から砥石が採れたため名付けられたと記されています。

You walk above the Sakuratoge pass where the steep uphill slope continues, there become the relatively flat ridge path. When you go among the cedar forest, you will arrive at Ishidi-chaya teahouse remains.
There are arbor and monument is cribed with a poem. There used to be many teahouses and lodgings in Kogumotori-goe that can sell foods and goods and can accommodate because of the harsh mountains.
It is written in ”Kumano-meguri"(travel journal) that there were lodgings for travelers. Moreover, in " Kumano moude kiko"(travel journal) of Kansei 10 years(1789), it was called " Sawanotawa-chaya". In"saigoku 33sho zue",the first year of Kaei(1848),there was "Ishito-chaya" and it was named because of the grinding stone "Toishi" was taken from the mountains. (M.Y)

d0360104_16345202.jpg
 「歩まねバ 供養ならずと亡き母が のたまひてゐし 雲取り来ぬ   嶋 正央作」と書かれています。母と子の思いが伝わる句ですね。
d0360104_16345977.jpg
 賽の河原地蔵
  石堂茶屋跡から、ゆるやかな下り道を約1,1km歩くと林道に出会い、左折して100mの所にトイレがあります。このコースで唯一のトイレです。林道から百閒ぐらまで0,9km。少し登ります。
Walking down the gentle slope about 1,1 kms from Ishido teahouse trace, you'll encounter the forest road and turn left there. There's a toilet 100m away. This is the only toilet in this course. It's 0,9m from the forest road to Hyakken-gura. You climb a little more.

"塞の河原”とは、死んだ子どもが行く所と言われています。子どもは親の供養のために石を積み上げます。しかし、積み上げられた石は、絶えず鬼に壊されてしまうのです。 その時、地蔵菩薩が現れて子どもを救います。 また地蔵菩薩は熊野で亡くなった人々の霊を弔うとも伝わっています。

 It is said that Sai-no-kawara(Children's Limbo) is the place where dead children go. They piled up pebbles high for the repose of their parents. But it's towers was constantly being destroyed by evil Oni demos. Then Jizo or a Bodhisattva appeared to save them.
It's also believed that Jizo was built here for the repose of the souls of pilgrims who died on the way to Kumano.

d0360104_16350876.jpg
 百閒ぐらです。
  石地力山、冷水山、安堵山と続く果無三脚の山々と、コンニャク山、野竹法巣山が連なる大塔の山並みを果てしなく望む景観が、多くの人を魅了してやみません。お地蔵さまが旅人を見守ってくれています。
 
d0360104_16360510.jpg
 歩いて歩いて、No50まできました。あと2km。頑張りましょう。

d0360104_16363847.jpg
 右手の前のほうに熊野川が見えてきました。本宮は近い!

d0360104_16364523.jpg
 本宮の請川へ下山する途中、民家の庭にブラシの木が見事に赤い花を咲かせています。
 ようやく着きました。今日も1日、全員無事に歩くことができました。熊野の神さまに感謝です。


[PR]
by wakayamakiga | 2018-05-31 20:19 | Kogumotori-goe/小雲取超え | Comments(0)

松畑茶屋跡 the Ruins of Matsuhata Tea House

 ラクダの背中のような、低い2つの丘にはさまれた平らな場所を通りました。ここが松畑茶屋跡です。二つの平らな場所が18段の石段でつながっています。この茶屋跡は1739年と1747年の資料に見られ、4,5軒の茶屋があったと書かれています。
 We passed the flat area on a col located among two low hills like a camel's back. Here is "the Ruins of Matsuhata Tea Houses". There are two flat areas connected with a stone step of eighteen steps. These ruins appear on the documents in 1739 and 1747 which shows 4 or 5 houses were there.

 現在、茶屋跡は杉林に囲まれていますが、昔は開けた場所であったと思います。1950年代までは山の中に多くの小さな集落があり、住民は自給自足の生活をしていました。しかし、その後は経済発展にともなって住民は都市部に移り、山の中の集落はだんだん消えていきました。ここは回りは森ではなく、開けた場所であったと思います。住民は、将来の収入が期待でき、世話に手間がかからない杉や桧を植林して村を離れました。
 Today, these ruins are in the cedar forest, but in those days here was an open space. Until the 1950's there were many small villages in the mountain region and people lived a self sufficient life. But later people migrated to the city and the economic development and mountain village gradually disappeared. The area near the village was open space and not forest. Villagers planted cedar or cypress trees because of future economic gain and easy maintenance and they could leave their village.

 熊野古道沿いには石垣が積まれたたくさんの平らな土地があります。これらは、田んぼや畑や屋敷で、どれにあたるか判断することができます。上の方にあって、少し傾いているのが野菜の畑です。平らな場所で、石が残っていて、一つか二つの穴が残っているのが屋敷跡です。石は家の基礎でした。1つ目の穴はトイレで、排泄物を貯めて肥料として利用しました。もう1つの穴は池で、鯉を飼って残飯を処理させ、蛋白源にしました。
 There are many flat places supported by stone walls along Kumano Kodo. They are the rice fields, the vegetable fields or the housing places and we can find what these lands were. A slightly sloped plane in the upper part are vegetable field. The flat plane with some stones and one or two holes is the housing area. Stones were the foundations of the house. One hole was for a toilet gathering excrement for fertilizer. Another one was a pond growing carp for consuming the food waste and the foods for protain.

d0360104_09423098.jpg
茶屋跡内の石段 A stone step in Matuhata ruin.

d0360104_09394286.jpg
鯉の池の跡 A ruin of pond growing carps.

d0360104_09404873.jpg
鯉の飼育例:果無集落
An example of carp growing pond at Hatenashi Village.

[PR]
by wakayamakiga | 2018-05-28 10:00 | Kogumotori-goe/小雲取超え | Comments(0)

Ohechi route -1 From Sinjyo to Tonda / 大辺路ー1-1 きい新庄~富田へ

  熊野古道、大辺路はJRきい田辺駅から、那智に向かって海岸沿いに歩く古道です。
  ゴールデンウイークの5月3日、KIGAのメンバー6名がJRきい新庄駅からきい富田駅まで歩きました。距離は約15km、標高差約100m。国道42号線と交差しながら歩きます。
Oh-hechi route of Kumano-kodo starts from Kii-Tanabe to Nachi via the track along the coast of Pacific ocean.
The first route of Oh-hechi, is 15km from JR Kii-Tanabe station to Tonda station with only 100m height, along with Route-42 road.
The 6 members of KIGA took this route from JR kii-Sinjyo station on May 03,2018. 

大辺路は、紀伊田辺から那智勝浦を結ぶ海辺の道です。那智の浜の宮王子で大辺路と伊勢路・中辺路が合流して那智大社へ通じます。 中世の熊野詣や江戸期の西国三十三所巡礼のメインルートであった中辺路などと比べ、大辺路の旅籠や茶屋は乏しく、参詣者数は比較的少なかったようです。一方途上に厳しい峠道(富田坂、仏坂、長井坂)が控えています。紀伊山地南端の山々を背に、前面に枯木灘や熊野灘の変化に富む海を望んで、優れた景観が大辺路の大きな魅力です。ユネスコの世界遺産『紀伊山地の霊場と参詣道』の構成資産の一部で、2017年に追加登録されました。

Oh-hechi route of Kumano-kodo starts from kii-Tanabe to Nachi-Katsuura along the coast of Pacific ocean. The track joints with Ise-ji (eastern route from Ise-shrine) and Naka-hechi (central route of Kumano-kodo) at Hamanomiya-ohji at Nach-town, heading for Nachi-shrine.
 Comparing with Naka-hechi route which was the main pilgrimage road during Heian period as well as Edo-period for visiting Saigoku thirty –three temples, the number of visitors to Oh-hechi was relatively small with less numbers of inns and shops along the track.
The track, however, includes mountain passes such as Tonda-pass, Hotoke-pass and Nagai-pass. The beautiful ocean view such as Kareki-nada (beach) and Kumano-nada with Kii mountains on the back is the most attractive point of Oh-hechi route.
The track was nominated additionally in 2017 as a part of the world heritage by UNESCO of Pilgrimage Routes in Kii-mountain range.(H.S)
d0360104_20534699.jpg
 午前8時30分。JR紀伊新庄駅に集合、出発です。
We started from JR Kii-Shinjyo station at 8:30am
d0360104_20535964.jpg
 駅のすぐ近くの路地にお地蔵さまが。
The small Jizo-statures near the station were charmingly maintained by the local people.
d0360104_20540477.jpg
 駅前の道路を左折し、狭い路地を南に歩くと国道42号線に合流します。大型スーパーマーケットの後方の道を歩くと、再び42号線に出会います。国道にかかる陸橋を渡り反対側へ。国道を数十メートル歩いて左折すると、熊野古道大辺路の標識があります。
Turning to the left from the station, a narrow lane will join with Route 42 road. Walk on the crossing bridge over Route 42, you will find a sign of Oh-hechi of Kumano-kodo on the left after about 50m's walk.
d0360104_20541080.jpg
 大潟神社の鳥居が見えてきました。
The torii gate of the Ogata Shrine has come into view.

d0360104_20541904.jpg
 鳥居を潜ると、もう一つの鳥居が立っています。
When you'll go dawn a tori, another torii stands on your right.



d0360104_20543083.jpg
 大潟神社
  田辺市新庄1441番地。
  主祭神は天照大御神、大山祇神、武御雷之男命、武蝦鳥命。
  配祇神として素戔之男命、言代主命、手名槌命、大名牟遅命、足名槌命、火之伽具槌命、大土命、菅原道真公、豊宇気比売命、大国主命、稲田比売命、猿田比古命、宇伽之魂命。
  境内社に大土神社、馬目神社。

The main deitis of this shrine are Amaterasu-omi-kami,Ouyamatsumi-kami,Takemikazuchi-no-mikoto.
And the distribution deitis are Susanoh-no-mikoto,Kotoshironushi-no-mikoto,Tenazuchi-no-mikoto,Ohnamichi-no-mikoto,Ashinazuchi-no-mikoto,Honokagituchi-no-mikoto,Ohtuchi-no-mikoto,Toyoukehime-no-mikoto,Ohkuninushi-no-mikoto,Inadahime-no-mikoto,Sarutahime-no-mikoto,Ukano-mitama.
There are Otsuchi Jinjya(Shrine) and Umame Jinjya in the precincts.

  大潟神社はもと若一王子と称し、熊野古道大辺路の山麓に鎮座していたが、昭和16年、現代地に神殿を造営し、遷されました。社伝によれば創建は欽明天皇10年(520)と伝わっていますが、詳しいことはわかっていません。
  慶安2年(1649)の「田辺村々・瀬戸・神社書上」が最も古い資料として記載されています。明治の神仏分離令により、明治元年9月、大潟宮(大潟神社)と改称。同10年、村内の馬目神社、愛宕神社、菅原神社、田中神社、金毘羅神社を合祀、境内社としました。
  明治41年、一村一社の神社合祀令により、42年7月、村内の神社(内の浦の山祇神社、鳥のノ巣の上島神社、神島神社の遥拝所の祭神を本殿に合祀。

Ogata Shrine was celled the former Nyakuichi Oji, and it was settled at the foot of mountain in the Kumano Kodo, Ohechi Road. But in 1945, it built a shrine in the current location.
According to this shrine 's tradition, the foundation is transmitted as Emperor Kinmei(540), but details are unknouwn.
In the Meiji era, Japanese government ordered Jinjya-Goshi-rei,which is a law for collecting all the shrines in the village and enshrineing them in one shrine. this shrine was renamed the Ogata Shrine,and all the shrines in the villege are gathered here.



d0360104_20544561.jpg
 大潟神社の前の狭い坂道を上ります。途中、季節の花を見ながら歩くのも楽しいものですね。日本古来の花を探しながら歩きましょう。
Walking to the right in front of Ogata Shrine and go up narrow slope. It is fun to see the flowers of each seasons on the way. let's walk while looking for Japanese ancient times flowers.
d0360104_20545322.jpg
 国道の上の道を歩きます。
Let's walk on the road crossing over Route 42.


d0360104_20545985.jpg
 ここは古道の雰囲気のある道です。
This is the road to feel atmosphere of ancient Kumano road.



d0360104_20550308.jpg
 大潟神社から約800m、峠へむかう自動車道を歩くと、右手に小さな祠があり、中に2体の地蔵尊が祀られています。道分地蔵です。昔、ここは2つの道の分岐点でした。
Walking from Ogata Shrine about 800 meters, along the way to the pass, there is a small shrine on the right, and two Jizo statues are enshrined inside, these are Michiwake Jizo. Once upon a time, here was a branch point of two roads.

d0360104_20550781.jpg
  阪和高速道路と42号線が交差しています。左手の高速道路の下、42号線の標識をみて櫟原神社へ向かいましょう
Where the Hanwa Expressway and Route 42 intersect. Let's walk to Ichihara Shrine with signs on Route 42 under the expressway on your left.

d0360104_20551005.jpg
 42号線の左の側道を少し歩くと、「南無阿弥陀仏」と刻まれた石碑が見えてきます

After walking a little on left side of Route 42, you can see a stone monument caved as "Namuamidabutsu".



d0360104_20552136.jpg
 「峠の大師堂」です。道分神社から約1,4km。
It is "Daishido of the pass". It is approximately 1,4km from Michiwake Jizo Shrine.


d0360104_20551769.jpg
 お大師さまが祀られています。
Kobo-daishi (Kukai) is enshrined in it.


d0360104_20552626.jpg
  峠のバス停です。今は峠とは名ばかりの、なだらかの道ですが・・・。
  42号線を南に向かって歩きます。JRきのくに線の上の袴線橋を越えて、さらに1,5kmほど歩くと、道路の右手に朝来駅があります。熊野古道は駅と反対側の左手へ入ります。
There is a bus stop written as Toge(pass), but now it is only named, the road is gentle.
Walking south toward Route 42, beyond, the bridge on the JR Kinokuni
line. and walk a further 1,5km, you will see Asso station on the right side. Kumano Kodo enters to the left hand, opposite to station.


d0360104_20553456.jpg
  左側のすぐ前に「上富田産業振興交流館」と書かれた建物があるので入ります。ここは熊野古道を訪れた人たちが休憩できる場所となっています。中に入ると「紀州くちくまの熱中小学校」と書いた幕がありました。上富田地区の子供たちが取り組んでいる催しの獅子舞について、佐多圭一郎さんから熱心にお話を伺いました。

"Kamitonda Iindustry Promotion Excange Center" is located at the left side. This is the place where those who visited Kumano Kodo can take a break. Mr. Keiichiro Sata talked about the lion dance event held by children in this erea.

  
d0360104_20554122.jpg
 交流館に隣接して、櫟原神社があります。
There is Ichihara Shrine next to Exchange center.


d0360104_20554419.jpg
  櫟原神社の主祭神は建美名方命(たけみなかたのみこと)他8神です。ほかに配祀神として大巳貴神、虫遂神、市杵島姫命が祀られています。境内社に梅田神社、厳島神社があります。

The main deity of Ichihara Shrine is Takeminakata-no-mikoto. and 8 deities are enshrined there. Besides that, as the deities of distribution, Omi-kishin, Mushitui-sin and Ichikishima-hime are enshrined. Within precinct there are Umeda Shrine and Itsukushima Shrine.

  この社は旧諏訪神社、梅田神社、厳島神社、岩崎神社の4社を合祀し、櫟原神社といいます。明治41年の神社合祀例により、一時期、岩崎神社に祀られていましたが、大正2年11月、現在地に遷されました。

 同じ時期に野田の八幡神社、飛野の日隅神社(玉神さん)、愛宕神社、虫遂社を合祀しました。
 諏訪神社は天正年間(1573)、山本主膳守が統治した時、自家の鬼門除の神として長野県の諏訪神社より勧請したと伝わり、また元亀元年(1570)村の人達が協力して勧請したとも言われています。
 祭りは前日の宵宮、夜間、本祭りがあり、獅子舞、子供獅子舞、毛槍踊り、楽団演奏などが行われるそうです。

This shrine relies on the former Suwa Shrine, Umeda Shrine, Itsukushima Shrine and Iwasaki Shrine, and it is called the Ichihara Shrine.
At first, the Ichihara Shrine was enshrined in Iwasaki Shrine's estate by the government system of shrine in Meiji 41, but it was moved to current location in 1920.

At the same time, Hachiman-Jinjya(Shrine), Hizumi Shrine, Atago Shrine and Mushithui Shrine are all enshrined together.

Suwa Shrine's deity was said to have been proposed from the Suwa Shrine in Nagano Prefecture as the deity of a self-owned demon by Yamamoto Shuzen in 1573.
Also it is said that in 1570, villagers cooperated and recommended the enshrinement.

d0360104_20554951.jpg
  境内の狛犬は子連れです。


d0360104_20560754.jpg
  こちらの狛犬が持っているのはサッカーボール(?)


d0360104_20562025.jpg
 櫟原神社から少し歩くと電柱の影に標識があります。標識を見失わないで、右折しましょう。櫟原神社から大日如来堂まで3,6kmです。


d0360104_20562584.jpg
 民家が並ぶ路地を抜けると素敵な薔薇の庭園があります。


d0360104_20562807.jpg
 いろいろな種類の薔薇が咲いています。このあと、古道は民家を抜けて田んぼと畑をぬけて、311号線へ出て、富田川にかかる山王橋(潜水橋)へ向かって歩きます。


d0360104_20570178.jpg
 富田川に架かる山王橋です。川の水量が増えると水の下に潜るので潜水橋とも言われています。


d0360104_20570591.jpg
 橋の幅が狭いので、渡るのはちょっと怖い気がします。


d0360104_20571114.jpg
 富田川の川岸の道を南へ歩くと、途中に大きな木があります。


d0360104_20571491.jpg
 木の根元に小さな石仏が祀られています。


d0360104_20572002.jpg
 さらに川岸を南へ向かって歩くと、道路標識があります。ここを左折しましょう。


d0360104_20572494.jpg
 厳島神社に着きました。社殿は103段の石段を上った山上にあります。


d0360104_21252940.jpg
 山上の厳島神社



d0360104_20572606.jpg
 石段の登り口に小さな祠があります。


d0360104_20572993.jpg
 中に三体の石仏が祀られています。


d0360104_20574563.jpg
 厳島神社から田んぼの中に真っすぐに伸びた道を歩き、大日如来像堂へ向かいます。この辺りはのどかな田園風景が広がっています。

d0360104_12210118.jpg
 大日堂の入り口付近で保呂の虫食い岩を見ることができます。
 
保呂の虫喰岩     Mushikui-iwaRock in Horo 

 保呂の虫喰岩は、幅約30m、高さ約20mの岸壁に多数の穴があいてます。この穴は、タフォニとよばれています。岩の表面をよく見ると砂の粒がみられ。手でさわるとパラパラとはがれ落ちてきます。この砂を、体のできものに塗ると病気が治る、という昔からの言い伝えがあります。


   Each of the many large andsmall pits honeycombing the cliff is called a tafone (plural: tafone). Thecliff reveals the sandstone layers of the ground throughout the area, originallyformed long ago as deposits on an ocean floor. According to a local folktale, askin blotch could be healed by applying the sand to it.
  

タフォニとは? 

What makes atafone?
   

  タフォニのでき方には、いろいろな説があります。その一つとして、塩分の再結晶により、岩の表面がはがれ落ちるという考え方があります。
   

There are various theoriesabout how the pits called tafone were formed. One theory is thatrecrystallization of the salt contained in the sandstone causes the rocksurface to flake away. (Y.S)



d0360104_12210514.jpg
  巨大な岩盤に無数の穴があいている景観は、自然が作った造形美です。 


d0360104_12210934.jpg
  六地蔵でしょうか?でもよく見れば、それぞれ形が違います。古道沿いにあった石仏が集められたと考えられます。


d0360104_12211208.jpg
  大日堂の如来像
  保呂の虫喰岩の横には、大日如来をおまつりした大日堂があります。ここは、土地の人が病気の回復を祈ったり、農耕で使う牛の健康や安全を祈る場となっています。
  

  Beside the tafone cliff isa shrine to the Dainici Budda, where local people pray for recovery from illness and for the health and safetyof their farm animals.




d0360104_12213466.jpg
 大日如来堂から民家と田んぼの中を約1,5km歩き、42号線に合流します。富田川に架かる平橋が見えています。コンクリートの道ですが、周辺の山々の景観と、自然の中の草花を見ながら歩くことができます。 


d0360104_12213896.jpg
 途中に石仏があります。右手に白鷺橋が見えはじめました。かつてこの辺りに渡し場があったそうです。



d0360104_12214260.jpg
 平間神社に着きました。大日如来堂から約2,9km。


d0360104_12214528.jpg
 平間神社
 平間神社は桃山時代、文禄2年(1593)この地に鎮座。主祭神は天佐具女命(アマノサグメノミコト)。摂社の若宮社に大宮能売神(オオミヤノメノカミ・市場の神、食物神、アメノフチダマの子)を祀っています。昭和56年11月、商売繁盛の恵比寿神が合祀されました。
 古くから地区の人たちの信仰が篤く、明治6年、村社となっています。昭和30年から社殿の修復工事が始まり、同59年5月に竣工式を行われました。
 祭りは11月23日。午前中は神事が、午後からは獅子舞と持ち投げなどが行われます。獅子舞と子供神輿は昭和50年から始まったそうです。
 主祭神の天佐具女(天探女とも)は『日本書記』の神話遍に登場する女神です。天稚彦について天下ったが、天照大神の使いの鳴女という雉を、この鳥は縁起が悪いと告げ口し、稚彦はその雉を矢で射殺してしまいます。天照大神と高木神に届いた矢を拾った高木神が「天稚彦に悪い心があれば当たる」と言って放った矢が天稚彦の胸を貫いた、というお話です。天邪鬼(あまのじゃく)の原型だとされています。
 万葉集に「ひさかたの天の探女が岩船の泊(はつ)てし高津はあせにけるかも」(巻3-292)の歌が残っています。
 

d0360104_12214841.jpg


d0360104_12392995.jpg


  平間神社からさらに南へ。約0,9km歩き日神社へ。途中、富田川の大鰻生息地の看板があります。



d0360104_12220571.jpg


 日神社
   白浜町十九渕1177番地。
   明治以前は「若一王子の宮」と呼ばれ、社名の額が残っています。
   主祭神は天照大神。配祀神として壱岐島姫神、多紀理姫神、多

藝都姫神、忍穂耳神、大宮能売神、豊受大神、倉稲魂神、菅原道真公、上筒男神、中筒男神、底筒男神、息長帯姫神、

彌都波能賣神 八衢彦神 八衢姫神 久那戸神。 
   境内社に 厳島神社、若宮神社、稲荷神社、天満神社、住吉神社、水神社、塞神社があります。

   創建は平安時代、六条天皇の御代、仁安2年(1167)、吉田少将藤原範秀が所有する山林を開拓して、伊勢の天照大神の分霊を奉ったことが始まり。そのため、ここは伊勢谷と呼ばれています。分霊は船で富田川口に到着し、神輿をしばらくの間、富田川の川口に安置し幣帛を奉納します。この島は幣納島(へいのうじま)と呼ばれていましたが、いつしかへいぞう島と呼ばれるようになりました。
 創建以来、富田12カ村の産土神として栄えましたが、天正13年(1585)の兵火により、宝蔵、長床、宝蔵、神楽殿、絵馬舎等が火災にあい、明治の神仏分離令により、社号が「日神社」と改称されました。社領も召し上げられて、自然減少となりました。
 明治維新まで社号を「若一王子之宮」と呼び、紀伊続風土記にも記載があり、社殿は荘厳美麗を極め、紀州日光と呼ばれるほどでした。 
   例祭日は4月19日。日神社本殿附棟札、津波警報板は県指定文化材。

According to the shrine's legend, Norihide Yoshida cleared woodland owned by him and enshrined the separate spirit of deity Amaterasu Omikami from Ise Shrine.
That's why people call this region Iseya. The present main shrine was rebuilt in 1824 from the view point of style method. It is known that there were some excellent technicians in this region. Because sculptures with characteristic of this regiion were given in various places of its building.
The sculptures and colors givin in various places are fading, but at that time it was gorgeous as it was called Kishu Nikko.
  

d0360104_12391688.jpg

  末社の塞神社。


d0360104_12391986.jpg


  本殿の後方に建つ厳島神社。



d0360104_12393800.jpg


  富田川に架かる富田橋を渡ります。左の川岸に弘法大師を奉る大師堂があります。



d0360104_12394211.jpg

  真っすぐ西に向かうとJR富田駅に着きます。



d0360104_12394552.jpg

[PR]
by wakayamakiga | 2018-05-07 22:12 | Ohechi route 大辺路 | Comments(0)

Kii route-1 From Yamanaka-dani to Yamagichi Oji / 山中渓~山口王子へ

院政時代、上皇や女院たちによる熊野参詣は、大阪から雄の山峠をこえて紀伊国へ入るコースが最もよく利用されていました。また江戸時代、紀州の殿様が参勤交代で、この紀州街道を通り、その要所となったのが山中渓でした。

In Heian era, Jyoko or In (retired Emperor) made their children or grandchildren the new Emperor, and they had big pawre. In was called In-sei era.

In-sei era many Jyoko and women Ins went to Kumano pilgriming, they used Kii route, and walked this road.
Also in Edo era the load of Kishu passed this road which were called Kishu-kaido
d0360104_20524965.jpg

   山中渓駅周辺は3月末から4月はじめには桜が一斉に咲きはじめます。

d0360104_20530756.jpg
 JR山中渓駅から北へ300mほど歩いた所に山中神社と馬目王子が鎮座しています。
  Walking to north 300m from Jr Yamanakadani Station, Yamanaka Shrine and Umame Oji are enshrined.

1079年、澤四郎善眞が、紀州の岡崎(和歌山市)より当地に移り、八王子神(あまのほひの命)をこの地にお祀りしたのが山中神社の始まりです。 後に神のお告げにより、高山の頂上に社を祀りました。(現在は跡地のみ) 現在祀られている八王子神(十一面観音)は、上之宮より移されたものです。 1613年に十一面観音が盗まれましたが、知らぬ間に戻っていたそうです。 馬目王子は、地元の人々に足神さんと呼ばれます。 馬目の名前は、この神木が、ウバメガシに由来します。

In 1079, Mr. Sawa Shiroyoshimasa who was from Okazaki, Kishu (Wakayama City). He moved to Yamanaka-dani and enshrined Hachioji-gami (Amano Hohino Mikoto). Later on, following to the deity's message, he enshrined it on the top of Takayama mountain in the northwest. ( It's vacant lot now.)
The present enshrined deity is Hachioji-gami (Eleven faces Kannon). It was moved from Uenomiya.
It's said it was stolen in 1613, but it came back before people knew.
Umame- Oji is called the deity of foot from local people. Its name comes from Ubamegashi in Japanese (a kind of beech tree) , the sacred tree. (T.S)



d0360104_21114450.jpg



d0360104_20525413.jpg

   駅のすぐそばに塞之神(道祖神)があります。塞之神は村の境に鎮座し、邪神や疫病は入るのをさえぎると言われています。また熊野詣の時代から、多くに旅人の道中に安全を守ってきました。
 
You can see a Doso-shin which was cald Saeno-shin near to the station. Saeno-shin was worshiped at the border of the village for block the gods of evil and the gods of bad illness. Also since old times this god kept safety of many travelers.
d0360104_20530399.jpg
 江戸時代、紀州藩では毎年12月20日に、犯罪者や悪疫の病人を境橋から和泉国に追放しました。けれども、山中渓周辺の村人たちはこの塞之神のおかげで疫病などから守られてきたそうです。

In the Edo era, on Desember 20th every year, criminals and sick people of plaque were expelled from Sakaibara to Izumino-kuni(Osaka) by Kishu clan. However, the villagers around Yamanaka erea had been protected from the praque by Saeno-shin.


d0360104_20531004.jpg
駅から南へ約1km、熊野古道に沿って歩くと左手の山の中に、山中関所跡の石碑が建っています。

When you will walk to South about 1km from station, a stone monument which was written to" Yamanaka Sekisho Ato" is stood on the bootom of the mountain along the Kumano Kodo Road. In old times, travelers payed tax here.


d0360104_20532562.jpg
  熊野古道は県道和歌山貝塚線と高速道路が交差しながら続いています。車の交通量が多く、歩道のない道ですが、沿道には季節の草花が咲いているので、楽しむことができます。

The road goes on to South with intersecting or leaving. The traffic volume of the car is large and the road has no sidewalk. But even so, a lot of natural flowers can be seen at the empty area beside the road.
d0360104_20534764.jpg
 白い花はキイチゴかな? Are those flowers Kiichigo (raspbelly)?



d0360104_20535305.jpg
 この花はあけびです。 These are " Akebi" (Dawn).

d0360104_20535720.jpg
  野草を見ながら歩くこと約1,3km。境橋です。日本で最後の仇討ちがあった所です。文久3年(1863)、土佐藩士広井大六の子の岩之助が、父の仇の棚橋三郎を、ここで仇討ちを果たしました。
It's about 1,3km walking while looking for wild flowers. Here is Sakai-bashi (bridge). It is the place where the last victim was down in Japan.
In Bunkyu 3 years (1863), Iwanosuke Hiroi , a son of Dairoku Hiroi who was a Samurai in Tosa clan, had down villain here Saburo tanahashi of his father's enemy .

江戸時代の仇討ちは、その目的の合理性や手順が規定どおりであれば、復習としての殺人は、認められていました。岩之助は、当時和歌山に滞在していた幕府の軍艦奉行である勝麟太郎の口添えで、紀州藩の支援により、仇討ちの目的を果たしました。
In Edo period, retribution was permitted as an authorized murder if its purpose and procedure were proper according to the rule. Iwanosuke had sued Saburo tanahashi for his unfair fight with Iwanosuke’s father, to Mr.Katsu Rintarou, a famous admiral of Tokugawa government, who stayed in Wakayama Kishu clan at that time. Through the advise of Mr.Katsu, Kishu clan supported Iwanosuke’s retribution according to the rule.

d0360104_20540000.jpg
 紀伊国と和泉国の国境の境川。
Sakai-gawa (river) at the border between Kii-no-kuni (Wakayama) and Izumii-no-kuni(Osaka)

d0360104_20540366.jpg
 熊野古道と言っても、コンクリート道が続きます。
Even if we say Kumano Kodo, the road of concrete continues.

d0360104_20540619.jpg
 500mほど歩くと、右手の踏切を渡ったところに中山王子があります。
When walking about 500m, there is Nakayama Oji where you crossed the railroad crossing of the right hand side.


d0360104_20542465.jpg
 中山王子から民家の前を300mほど歩き、ふたたび県道に戻り、ゆるやかな上り道を歩きます。
Walk 300 meters in front of the houses from Nakayama Oji, return to the car road again, and walk on a gentle up road.

d0360104_20542741.jpg
 周辺は山また山。春は新緑が、秋には紅葉が楽しめます。
Mountain and mountain around here, you can enjoy fresh green in the Spring, and autumn leaves in fall.


d0360104_20543197.jpg
 高速道路と県道が交差しながら続いています。足もとを見ればスミレの花を楽しむことができます。
The highway continues as it crosses. You can enjoy the violet flowers by looking at your feet.


d0360104_20543458.jpg

 紫色の花はツルニチニチソウ(蔓日日草)です。
Purple flowers are Tsurunichinichiso (Vica major).


d0360104_20543768.jpg

 峠の不動明王につきました。山中渓駅からここまで約4,5km。ここから山口王子まで約1,4km。下り坂となります。
A small shrine in the middle of mountain on the right is Toge-no-Hudomyo-ou (Hudomyo-ou of the pass). It is about 4,5km from Yamanakadani Station to here and it is approximately 1,4km from here to Yamaguchi Oji. It will go down hill.


d0360104_20544199.jpg

見上げれば高速道路ができています。
d0360104_22491266.jpg

 高速道路というより、天空の道路です。
d0360104_20544959.jpg

 ようやく平坦な道へ下りてきました。
d0360104_22424801.jpg

  三叉路を左へ、もう一度左へと進むと山口王子へ着きました。万葉歌碑があります。
 「わが背子が 跡ふみ求め 追い行かば 紀の関守い 留めてむかも」(巻4-454)
  笠金村の歌です。神亀元年(724)10月の聖武天皇が玉津島神社へ行幸の時、お伴の人の中にある女性の恋人がいて、その人に贈るための、金村が女性から依頼されて作った歌で、恋歌の代作の歌だそうです。紀の関がここにあったかどうかは確証はありませんが。


d0360104_22425884.jpg

 小野川にかかる小野寺橋を渡ると、左手の民家の後方に小野寺址があります。
d0360104_22552159.jpg

 いまは廃寺となっていますが、小野寺があった所です。小野小町が熊野詣にきて、この地で亡くなったと伝わっています。
d0360104_22430639.jpg

  古道は民家の並ぶ道を南へ池の川バス停に向かいます。
  山口神社へ鳥居を通らずに横から入る場合は、途中で右折し、64号線を渡って西へ1kmほど歩きます。鳥居を通る場合は約1,8kmの距離となります。
d0360104_22440681.jpg

 山口神社に着きました。創建は大変古く、坂上田村麻呂の伝説が残っています。上皇や女院も立ち寄ったそうです。
d0360104_22441231.jpg

  祭神は伊久津比売命です。古くは日吉神社を祀っていました。明治になって山口王子社、白鳥神社などが合祀されました。安産の神様として信仰されています。

d0360104_22442345.jpg

 神社の入口の傍に道祖神たちが集められています。
d0360104_22442766.jpg

  鳥居です。神社からまっすぐに続いています。ここから川辺王子へ向かう道がありますが、自動車道が行きかう道なので、今日は近世の紀州街道を通って中村王子へ進みます。
d0360104_21132106.jpg


  
d0360104_22443216.jpg
  池の川バス停から続く道へ戻ります。和歌山城から一里ごとに塚があり、三里のこの地にも一里塚がありました。大きな松の木が植わっていましたが、1950年の台風により倒木しました。

d0360104_22443649.jpg
  紀州の殿様の参勤交代の道がありました。沿道の家々に往時の面影を残しています。

d0360104_22443947.jpg
  消防団の看板を見て右折しましょう。

d0360104_22444914.jpg
 山口小学校です、よく見れば校章は紀州徳川家の三つ葉葵です。

d0360104_22445206.jpg
山口小学校の校庭に山口宿、本陣跡があります。「紀州御殿」があった所です。

[PR]
by wakayamakiga | 2018-05-06 10:33 | Kii route /紀伊路 | Comments(0)

KIGA 熊野・高野国際語り部の会のブログです


by 熊野小僧(kumano kozo)
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る