タグ:Kumano ( 33 ) タグの人気記事

Ohechi route -2 Tonda-zaka /大辺路ー2 富田坂超えの道

  今年の夏の暑さは異常です。各地で37度~39度を超し、熱中症患者が続出しています。
  7月26日(木)、KIGAのメンバー6名が熊野古道の大辺路の、富田坂を超えて安居へ歩きました。
 The hot days continue. The summer heat in this year is abnormal. Recorded 37~39degrees Celsius in various places and many people became heat stroke patients.
On Thursday, 26th six members of KIGA walked to Atagi beyond Tonda-zaka(slope) in Kumano Kodo(ancient road to Kumano).

d0360104_14074604.jpg
 紀伊富田駅から東へ向かい、富田橋を渡ります。右折し南へ、42号線と並行する古道を約20分歩くと高瀬川が見えてきます。高瀬橋を渡り、右折すると草堂寺へ。左折すると飛鳥神社です。まずは飛鳥神社へ行きます。

Let's go to east from kii Tonda station, cross the Tonda-bashi(bridge). Turn to right and walking along the ancient road parallel to line 42, you will see the Takase River. If you turn to right, you will go to Sodoji temple, as you turn to left, Asuka Jinjya (shrine) is built there.  First of all, will you go to Asuka Shrine?

d0360104_14071537.jpg

飛鳥神社の鳥居です  This is Torii Gate to Asuka Shrine.


d0360104_14072532.jpg
石段を上ると小さな社があります。
As you go up the stone steps, there is a small shrine.

d0360104_14121086.jpg
祠の右の方に石像があります。役行者(役小角とも)のようです。
There is a stone statue on the right side of the Shrine. It seems En-no-gyoujya(en-no-ozunu).

d0360104_14074031.jpg
  かつて、大辺路は修験道者たちの修験の場でした。
Once, Kohechi Road was a place for the Buddhist priests who train themselves by enduring ascetic practices.

d0360104_14074826.jpg
  大辺路は田辺と浜の宮(那智勝浦町)をむすぶ海岸沿いの道で、約94kmの距離があります。浜の宮で山中を通ってきた中辺路と合流し、さらに海岸沿いに進めば、新宮から熊野川を渡り、伊勢路へと続きます。大辺路は紀伊半島をぐるりと周る壮大な街道です。

  大辺路は中辺路、小辺路と同じように熊野へと続く参詣の道でした。けれども中世の上皇や女院の熊野御幸はほとんど中辺路を通りました。また、蟻の熊野詣でと言われるほど、多くの大衆の参詣も殆どが中辺路を通りました。

  Ohechi route is a road along the coast tying Tanabe and Hamanomiya(Nachikatuura-cho), which is about 94km away. The road join the Nakahechi route that passed through the mountains at Hamanomiya, and further along the coast, cross the Kumano River from Shingu, Continue to Ise Road. Ohechi is a magnificent way that goes round the Kii Peninsula.

Ohechi route goes on Kumano like as Nakahechi route. However, many Joko(retired Emperor) and Inn(woman's royal famiry) passed through Nakahechi mostly. In addition, most of th massavres of people who were said “ to visit ants to Kumano” went through Nakahechi way.(Michi A)
  

d0360104_14075457.jpg

草堂寺 Sodoji Temple

  この寺は平成28年世界遺産追加登録された熊野古道大辺地富田坂の入口に建っています。芦雪寺とも呼ばれ、丸山応挙・長澤芦雪筆の屏風5隻・障壁画71面(国重文)等があります。当寺5世住持・持棠陰と親交があった応挙が、本堂の建立に際し、高弟 芦雪を自らの作品と共に、送りこんだ結果、残されたものです。

  From JR Tonda station, you pass Tonda bridge and walk south for 1.5km, you come to Sodoji-temple. This is an entrance of Tonda-saka (slope) which was additionally registered as World Heritage in 2017. The temple is also called as Rosetsu-temple, because here are some paintings painted by Rosetsu and Okyo who were very famous painters in Edo era and those paintings are designated as Japanese important cultural property.  
  When you see the temple , you will be surprised to see spectacular stone walls which are like ones of a castle. 
  You walk up a slope along the south stone wall of the temple to Tonda-saka (slope). (Yumiko S.)
d0360104_15554485.jpg

d0360104_15554717.jpg



d0360104_14080370.jpg


d0360104_14080534.jpg

熊野古道・富田坂は草堂寺の城壁を思わせるような石垣の脇を上ります。

d0360104_14080826.jpg

 一里松あと
  

d0360104_14081091.jpg

 急な坂道を上ると平坦な道にでます。ここから少し歩くと、七曲りといわれる急坂が待っているのです。

d0360104_14081586.jpg

 馬谷城あとの標識があります。

d0360104_14081711.jpg


d0360104_14081960.jpg


d0360104_14082292.jpg


d0360104_14082511.jpg


d0360104_14082879.jpg


d0360104_14083190.jpg


d0360104_14083478.jpg


d0360104_14084086.jpg


d0360104_14084580.jpg


d0360104_14084829.jpg


d0360104_14085044.jpg


d0360104_14085426.jpg


d0360104_14085667.jpg


d0360104_14090376.jpg


d0360104_14090525.jpg


d0360104_14090834.jpg


d0360104_14091072.jpg


d0360104_14091305.jpg


d0360104_14091905.jpg


d0360104_14092202.jpg


d0360104_14092498.jpg



[PR]
by wakayamakiga | 2018-08-05 17:59 | Ohechi route 大辺路 | Comments(0)

熊野古道歩こう会 7月~9月のご案内

 KIGAでは熊野古道や高野山など、和歌山県の歴史の道を歩きます。参加者募集中。
 四季おりおりに変わる古道の風景を楽しみませんか?
 8月は少し予定が変更となっています。
d0360104_11224256.jpg


熊野古道・大辺路ー② 富田坂を歩く きい富田駅~安居へ
:日 時 7月26日(木)AM 6:40
: 集 合 JR和歌山駅 (レンタルカーで移動します。)先着17名。要予約。
【コース予定】和歌山駅➡紀伊富田駅➡飛鳥神社➡草道寺➡一里松➡馬谷城跡➡林道終点➡峠の茶屋跡➡安居辻松峠➡祝の滝➡三ケ川梵字塔➡桟ケ川バス停(約13,5km。標高差400m)


熊野古道・紀伊路-③ 伊太祈曽~藤白王子権現へ
:日時 9月6日(木)AM8:30 (JR和歌山駅 7:51発→伊太祁曽駅 8:10着が便利です)
:集合 貴志川線 伊太祈曽駅
【コース予定】 伊太祁曽駅➡奈久智王子➡武内宿祢誕生の井戸➡薬王寺➡四つ石地蔵➡松阪王子➡岩代王子➡春日神社➡菩提房王子➡日限地蔵➡祓戸王子➡熊野一の鳥居➡藤代神社➡海南駅 (約11km。標高差なし。)

※参加人数により、レンタカー又はバスを利用する場合があります。お申込みはお早い目にお願いします。
※貸切バス、保険加入は申込が30名以上の場合とさせていただきます。

【参加費】500円+交通費実費 
:持ち物 お弁当、飲料、タオル、雨具、杖、保険証、着替えのシャツなど。
*当日の朝6時現在で警報が出た場合は延期とさせていただきます。

KIGA 熊野・高野国際語り部の会   
【申込・連絡先】〒640-0302 和歌山市永山83-5 東 道
℡ 073-478-2711 / 090-9704-7786
E-mail kiga@silk.plala.or.jp
http://wakigaaris.exblog.jp/ http://ariskiga.exblog.jp/

2018年度 熊野・高野 和英ガイド研修会 受講生募集!

*教室 (第2・第4木曜日)13時~15時 熊野の歴史(担当 東 道)

15時30分~16時30分 (ネイティブ講師)
※7月は第3木曜日、19日(木)です。8月はお休みさせていただきます。
【会場】和歌山市三木町30番地 BMC/参加費(月額)2000円

*現地ウオーク(第1・第3木曜日) 参加費500円(資料代など1回分)

  

 






[PR]
by wakayamakiga | 2018-06-22 21:00 | Information/ウオーク案内 | Comments(0)

99 Ojis in Kumano Kodo  Kii Route/ 熊野古道・紀伊路の九十九王子

Ancient Pilgrimage Road To Kumano / 熊野へのふるみち

d0360104_12055053.jpg

   熊野参詣道は紀伊半島の99王子を巡る旅です。古代、上皇たちは大阪から紀伊路を通り、本宮へ向かいました。
   Kumano Pilgrimage Road is a trip over 99 Ojis of Kii Peninsula. In ancient times, many Joko (Retired Emperors) headed from Kubotsu Oji (Osaka) in Kii road to Kumano Sanzan (Hongu Shrine, Hayatama Shrine and Nachi Shrine)

   99王子とは数が多いことからと言われています。時代が変わり古道のルートが変わると、王子の場所も数も変わってきています。

   The meaning of 99 Oji is said to have been a lot of number. When the times went down and the route of Kodo changed, the place and number of Ojis have also changed.

   熊野古道の王子について、熊野の皇子神という説と、分霊という説があります。もともとは各地の人々で祀られていた霊的な地を、修験道者たちが歩きはじめ、後に上皇たちが歩いたと思われます。

There are two theories about Ojis of Kumano Kodo. One is the theory that it is the son of Kumano god, and the other is the the theory of the divine spirit of the Kumano god.
It is thought that the Joko walked while visiting the spiritual place which was originally secured by the people of each region.
Or, in the earlier age, it was also the road the mountain monks walkd there.(M.A)



[PR]
by wakayamakiga | 2018-06-22 20:55 | Kii route /紀伊路 | Comments(0)

熊野古道歩こう会 9月からの予定 Kumano road walking party information of June

 KIGA 熊野古道歩こう会9月からの予定です。
d0360104_19261074.jpg

[PR]
by wakayamakiga | 2018-06-20 21:28 | Information/ウオーク案内 | Comments(0)

Kii Route-2 From Hoshiya to Itakiso Shrine 紀伊路ー2布施屋~伊太祁曽神社へ

紀伊路を歩こう! 布施屋~伊太祁曽へ
d0360104_13013234.jpg
  最近よく降ります。 今年は例年より早い梅雨入りだそうです。それでもKIGAのウオークの日はいつも晴れています。今日も雨があがりました。6月7日(木)午前8時30分。JR和歌山線の布施屋駅集合です。ここから線路わきの道を東に向かって歩きます。
  
It has been raining recently. The TV reports the Tsuyu(rainy) season has come earlier than usual this year. However, the day of KIGA's walk is always sunny and it stopped raining today. On Thursday June 7th at 8:30am, we started at Hoshiya station on the JR Wakayama line and we walked to the east side along the track.

d0360104_13013870.jpg
 道路わきに初夏を告げる白い花が!! 山法師です。白い部分は花ではなくて苞です。
White flowers are telling us early summer has come. It is Yamaboshi, white parts are not flowers but bracts.


d0360104_13014312.jpg
 吐前王子(はんざきおうじ)
 布施屋駅からJRの線路沿いに東へ約1kmほど歩き、線路を超えて右折、南へ数百メートルほど歩くと田圃の中に木の茂った台地が見えます。その中に地蔵尊らしき石の破片が積み上げられています。古道周辺の地蔵尊や石仏が集められたと思われます。
 紀の川は和泉国から山を越えてきた旅人が初めて出会う川越えです。当時は川の堤防もなく、紀の川の水で身体を濡らしながら歩くことで、心も身体も、清められると信じていました。水量が少ない所は歩いて川を渡りました。
 熊野参詣者たちが紀の川渡る渡し場は2か所あったと想定できます。一つは田井ノ瀬橋付近で、もう一つは川辺橋付近でした。吐前から渡し船が出ていました。

From Hoshiya station walking about 1km east along JR railway line, turn right, cross the railway and let's walk about a handred meters south. you can see the plateaus growing wooden in the rice fields. Some stones such as Jizo Buddha and Hokyo-in-to are stacked in one place. It is thought that Jizo statues and stone Budhist statues around Kumano-Kodo road were gathered here.

d0360104_13014632.jpg
 資料によれば、737番地が吐前王子跡です。近年まで王子権現の祠あり・・・小祠があったが明治43年小倉神社に合祀、明治44年11月10日、個人に払い下げられ、今は702番地の田の中になっていると。また732番地には「堂宇があったが嘉永年間(1848~1855)暴雨にて倒れる。明治45年、光恩寺無償譲与を受く、今蜜柑。」との記載があります。明治の神社合祀令の折、当地の宮本市太郎さんに払い下げられたとのことです。

According to the data, adress 733 is Hanzaki Oji region. Untill recently there was a small shrine, but in Meiji 43, Hanzaki Oji's deity was moved to Ogura-Jinjya Shrine. In November of Meiji era, the land was paid to private people, now it is inside the field of the 702 address. In addition, there was a temple hall at 732 address,but in Kaei years(1848~1855) it felled down by rainstorm.
In Meiji 45(1912 ), Koonji Temple was handed over free of charge, but now it became a orange field. It is written in the regional record.


d0360104_13015701.jpg
 今は周辺は田圃となり、当時の吐前王子を偲ぶものは何もありませんが。 折しも田植えの季節です。高積山を背景に、わずかに吐前王子を偲ばせる丘が水面に映り、日本の初夏ですね。

Now the surroundings are rice paddis, there is noting to remamber the Oji at that tome. Also now it is the rice planting season. A hill riminiscent of Hanzaki Oji on the background of Takazushi mountain is reflected on the surfece of water, it is early summer in japan.
d0360104_13020032.jpg
 少し離れた道路に説明板があります。ここから古道は南へ向かいます。民家の前を通り、2つ目の路地を右折し西へ、しばらく民家が並ぶ路地を歩きます。
There is an explanation boad on the road a little away. From here the ancient road head south. Walk to south in front of some private houses,and turn right at the second crossing and walk to the west, and walk down the road where the private houses lined up for a while.



d0360104_13022293.jpg
 昭和の雰囲気のある路地を800mほど歩き右折すると、布施屋駅にほど近い三差路に川端王子があります。布施屋の地名はかつて、紀の川を渡ってきた熊野参詣者たちに食べ物や金銭などの布施を行った屋があったことが由来です。

When walking about 800m on the alley with the ambience of Showa era, turn right , there is Kawabata Oji at the intersection near Hoshiya Station. The place name of Hosihiya originated from the fact that there was a house that gave foods and money etc. to the Kumano pilgrims who crossed the Kinokawa River


 川端王子
 川端王子ははじめ、もう少し西にありましたが、明治時代に高積山に遷されました。けれども戦時中、神社へ参拝の行事が多く、高い山の上にあるのは不便なので、旧王子社跡に遥拝所として建てられたのが今の川端王子です。
 江戸時代の『寛文記』によれば「和佐王子二社、一つは坂本にあり、一つは川端にあり」と記載されてます。
 

d0360104_13023114.jpg
 川端王子からふたたび民家の並ぶ道にもどり、さらに西へ歩くと、熊野古道の標識が見えます。左折すれは熊野古道ですが、右に200mの所に小栗橋があるのでぜひ見ていってください。

d0360104_13024032.jpg
  小栗判官(おぐりはんがん)
 小栗橋の標識が建っています。中世の小栗判官伝説は、熊野古道だけでなく、常陸(ひたち)、相模(さがみ)、藤沢、美濃そして熊野の各地に伝わっています。
 小栗判官がいつの時代に生きたのか、またどこの国のどのような人物なのかについては「鎌倉大草紙」「小栗実記」「小栗略縁起」「小栗絵巻」(説教えおぐり)など多くの書物に書かれています。その内容も少しずつ変容しながら室町、江戸時代へと語り広められたようです。  
 江戸時代には芸能文化の世界でも活躍し、説教語りや浄瑠璃、歌舞伎などで民衆に大変な人気を博しました。

There is a sign board of Oguri Bridge.
From th Middle Ages, the legend of Oguri Hangan story is transmitted not only Kumano Kodo road but also to various parts of Hitachi(Ibaragi Prefecture.).Sagami( Kanagawa Prefecture.),Fujisawa(Kanagawa Prefecture.), Mino(Gifu Prefecture.) and Kishu(Wakayama Prefecture.)
As that which time Oguri lived and what kind of person in what country, it is written in “Kamakura-dai-soshi","Oguri-jikki","Oguri-ryakuenki","Oguri-emaki"(Sekko Oguri).
It seems that contents were also transformed gradually and spread in the Muromachi and Edo period, ant it seems that it was disseminated.
In the Edo era the Oguri Hangan story was also in the world of performing arts culture and it gained great popularitry among people in preaching talks, Joruri and Kabuki.

 以下、安井理夫氏の『小栗判官ものがたり』(小栗判官物語設立までの経緯)より抜粋させていただきます。
 「・・・・『鎌倉大草紙』によれば応永30年(1423)、小栗満重、助重親子は足利尊氏と戦い、小栗城は落城。その後、助重は悲願の小栗家(小栗城)を再興をはたすも、康正元年(1455)年、足利尊氏に攻められ再び城を明け渡す。これらの史実をもとに物語は構成されている。

Mr.Satoh Yasui who live in Yunomine Hot springs Kumano Hongu wrote a book called "Oguri Hangan Monogatari(story)" several years ago.
According to "Kamakura dai-soshi", Ouei 30 years (1423 ad), Mitsushige Oguri and his son Sukeshige Oguri fought against Motiuji Ashikaga. Oguri castle felll. After that, although they rebuilds the Oguri family(Oguri Castle), it has attacked by Motiujii Ashikaga in the Kosei 1st year (1455ad) again to surrended the castle. Based on these historical facts, stories are composed.

 『小栗実記』では、小栗満重が足利尊氏との戦いに敗れ落城。その子助重(小栗判官)は三河の国をめざして落ち延びる途次、相模の国の権現堂の「吉郎が館」に投宿するが、横山一族の謀略で毒酒を飲まされ殺害されようとするも、これを察知した照手の機転により一命をとりとめる。小栗は藤沢に逃れ遊行上人たちの助けをうけるが、口に含んだ毒酒の害で重病人となる。一方、照手も流浪の実となり苦難に満ちた日々を送っていたが、家臣の助けで小栗との再会がかなう。しかし、小栗の病は意外に重く、照手の強い意志で治療のため歩行もかなわぬ小栗を土車にのせ、人の助けを頼りに熊野湯峰をめざしての道行となる。
 熊野権現の霊験と湯峰での当時が奇跡をよび、本復が叶い元の小栗助重となる。二人はその後、幸せな暮らしを取り戻した。

In "Oguri Jiki" , Oguri Mitshishige lost the battle with Mitusige Ashikaga and the castle fallen. His son Sukeshige(Oguri Hangan) fell to the Mikawa-no-kuni. On the way to Mikawa he stayed at Sagami's Gongendo, "Yosiro-ga-yakata" .At that time the Yokoyama clan tried to kill him by a poisonous liquor. However, Yokoyama's daughter Terute knew about it and helped him, he survived the plot.
Although Oguri escaped to Fujisawa and was helped by monks, but he became a seriously ill due to the harm of poisonous liquor contained in his mouth.
 Also,Terute was banished from her father and had spend hard days. With the help of Oguri's contact, she was able to meet him again. However Oguri was surprisingly seriously ill. With her strong will, Oguri who could not even walk ,Terute had put him on a Tuchi-guruma(a small cart that carried soil ). Oguri and Terute were aiming to go to Yunomine Hotsprings by depending other people's help.


この物語が500年の歴史を重ね、室町、江戸、そして平成の世まで長きにわたり熊野信仰とともに語り伝えられてきた。・・・この物語がこれほどまで各地に流布し、長い年月人々に愛されてきた要因は何だったのだろうか。物語の根底にあるものが人の生き様、生と死、今世と来世または死後の不安など神仏との関わりを切り離しては考えられないだろう。」

 小栗判官物語は時宗の一遍上人たちが、そして熊野比丘たちによって、熊野信仰とともに、全国各地に伝えられました。

This story is over 500 years old and has been told through the Muromachi, Edo and Heisei era long together with Kumano Faith. The factor is this story has spread to so many places so far and has been loved by people for many years.
What underlies the story is to question the way people live. It can not be thought of separating the relationship between God and Buddha, such as life and death of the people, this world and the afterlife or anxiety after death.

The story of Oguri was conveyed to various parts of Japan with Kumano Faith by Ippenshonin who is the founder of Ji Sect Sect of Buddhism, and monks as well as Kumano Bikuni(woman evangelist)
. .
d0360104_13024370.jpg
  紀の川は時代の経過とともにその流れを変え、川幅も変わってきました。かつてはこの辺りまで紀の川が広がっていたのでしょうか? ここはもと川端王子があった場所と推測することができます。
 いまはこのように川幅はせまく、往時の川の流れの様子を知ることは難しいですが。

d0360104_13024521.jpg
 小栗橋をあとにし、熊野古道に戻ります。稲が植えられたばかりの田圃はまるで鏡のように山の景色を映しだしています。国道を超えて少し歩き、川の手前で右折しましょう。

d0360104_13024814.jpg
 川に沿った路地の三差路に地蔵尊をまつる社が建っています。

d0360104_13040390.jpg
 お地蔵尊の手前を左折し、川の左岸を歩きます。

d0360104_13041058.jpg
 左側に中筋家の屋敷が見えたら、その手間の道を高積山に向かってあるきます。

d0360104_13041492.jpg
 高積山の麓に高積神社があります。

d0360104_13041700.jpg
 高積神社 / Takatsumi Shrine
  古道は高積山の麓をまわり矢田峠へと続いています。古道からそれて、旧中筋邸の手前の細い道を東へ入ると、山の麓に高積神社,「下の宮」があります。本殿は後方の山の頂上(235m)に鎮座、「高山」の地にあることから、「高の宮」の名で呼ばれています。古くから参詣者が絶えなかったので、麓に遥拝所があり、「下の宮」として親しまれてきました。
  主祭神は都麻津比売命(つまつひめのみこと)、五十猛命(いたけるのみこと)、大屋津比売命(おおやつひめのみこと)の三兄弟で、日本神話に登場する天照大神の弟、素戔嗚尊(すさのおのみこと)の子神とされています。文武天皇の大宝二年(702)三神分祀の勅令によって、都麻津比売命はここ高積に、五十猛命は伊太祁曽神社に、大屋津比売命は川永宇田森に祀られることになりました。三神分祀ですが主祭神に津麻津比売命を祀り、両側に他の二神を祀っていることから、高三所大明神とも称えられてきました。

 The Kumano ancient road leads to Yata pass along the foot of Mt. Takatsumi. Turn left toward the mountain, and you come to Takatsumi shrine . A main shrine stands on top of Mt. Takatsumi(235m). From ancient times many people have come to pray here, so there stands a shrine on the foot of the moutain to bow to the direction of the upper shrine.

The main deities are Tsumatsuhime-no-mikoto and Itakeru-no-mikoto and Ooyatsuhime-no-mikoto. They are siblings and their father is Susanoo-no-mikoto, a brother of Amaterasu-no-mikoto in Japanese mythology. In 702 A.D. the three deites were seperated by an Imperial order. Tsumatsuhime-no-mikoto stayed here in Takatsumi , Itakeru-no-mikoto moved to Idakiso, and Ooyatsuhime-no-mikoto moved to Kawanaga-udanomori. But the three deites are ensrined together here now.

 Tsumatsuhime-no-mikoto is the main deity here, and enshrined in the center and the other deites are beside her. So this shrine has been named as "Taka-sanjo-myojin" , three deites on a high place.(Y.S.)


d0360104_13042011.jpg
 高積山をあとに古道に戻ります。右手に江戸時代の遺構を保つ大庄屋中筋家住宅(重要文化財)が見えます。乳門を保つ長屋門と広い前庭、母屋があり、周囲に土堀を巡らせて囲っています。 中筋家は苗字帯刀を許された名家でした。この辺りは和佐大路とよばれ、かつての熊野古道が盛んであった頃の雰囲気を今に伝えています。

d0360104_13042392.jpg

 県道と並行して民家の並ぶ道を歩きます。道沿いに地蔵尊が祀られていました。古道は和佐王子のあたりから右手(南)に続いていますが、今は草藪となっているので、県道を歩くことにしましょう。

d0360104_13042693.jpg
 和佐王子

 道路は少し登り坂となります。道路の左がわにコンクリートの休憩所があり、その中に緑泥片岩の古い石碑が建ち、和佐王子の文字が刻まれています。2007年までここは蜜柑畑でした。建仁元年(1201)の『後鳥羽院熊野御幸記』に記載があり、寛文年間(江戸時代)にはなくなっています。『神社神明帖』によれば、この王子の境内は428坪(1412㎡)の広さがあり、参道や社の森もあったと伝えています。『紀伊続風土記』によれば天保の頃(1830~43)には社殿を失っていましたが、明治時代に再び社殿が建てられ和佐王子を祭神として祀ったと記載があります。明治42年、同地の高積神社に合祀、社地は民間に払いさげられました。
 
 和佐大八郎の墓 
 和佐王子の前方、左手の士持(じし)山は、地元では大八山で知られています。山の入口付近に和佐家の墓があり、紀州藩弓術指南役和佐大八郎(1663~1713)とその一族の墓があります。

大八郎は幼い頃から弓術を学び、ずば抜けた体格と優れた能力をもっていました。
 貞享3年(1686)、京都三十三間堂の 本堂西側の軒下(121m)で24時間、南から北へ弓を射とおす句扇が行われました。
 彼は13,053本中、8133本を射とおし、日本一記録を野作ったのです。紀州藩主の徳川光貞が彼を紀の川まで出迎えたという逸話が残っています。この記録はいまだに誰も破っていません。

Wasa Daihatiro's grave
In the vicinity of the entrance of the mountain on the north side of prefectural road, there is the grave of Wasa Daihachiro of the Kishu Clan Archery Guidance.
Daihachiro had learned archery since childhood,showing superb physique and excellent talent.

In the Jyoukyo 3 years(1686A.D.),there was a competition at Sanjusangendo temple in Kyoto,which was held at the eaves of the main hall of the west side(121m long),and shot through the arrow from the south to the north day and night.

He shot through 8,133 arrows out of 13,053 arrows,and made a record. There remains an anecdote that Mitsusada Tokugawa,the lord of the Kishu Clan,welcomed him to the Kinokawa river.
This record is still not broken. (M.Y.)



d0360104_13043276.jpg
 矢田峠超え
  古道は和佐王子の手前の道を南にとり、畑の中を通り、矢田峠のトンネルの手前に続いています。近年、道が整備され、一部コンクリーリ化されましたが、トンネルの前の狭い道は大変急な登り坂です。登りはじめて数メートルの所、左手に小さな祠があり、役行者像が祀らています。

d0360104_13044880.jpg
  徳本上人の名号碑


d0360104_13045429.jpg


d0360104_13045812.jpg
 丹生神社


d0360104_13050243.jpg
 丹生神社


d0360104_13050530.jpg
 丹生神社の前の池


d0360104_13051162.jpg
  伝法院


d0360104_13051463.jpg
 平尾集落


d0360104_13051805.jpg
平緒王子跡


d0360104_13052427.jpg
 平緒の都麻津比売神社跡


d0360104_13052757.jpg
都麻津姫神社跡
d0360104_23285869.jpg
今日の参加者17名で記念撮影です。このあと、伊太祁曾神社へ向かいました。


d0360104_13055537.jpg
伊太祁曽神社の鳥居


d0360104_13062182.jpg
伊太祁曽神社


d0360104_13061155.jpg
宮司さんのからお話お聞きしました。


d0360104_13062513.jpg



[PR]
by wakayamakiga | 2018-06-08 14:30 | Kii route /紀伊路 | Comments(0)

From Koguchi to Ukegawa 小口~請川へ

  熊野古道最終の道、大雲取超え、小雲取超えは古い時代から、天国に一番近い地とされてきました。「小雲鳥」とも言われ、藤原定家の『熊野御幸記』によれば、那智から「雲取、紫金超え」を通ったと記載があり、紫金超えが小雲取超えではないかと思われます。この二つの山越えの道は熊野古道の中でも難所中の難所とされています。
  5月17日、KIGAから14名が歩きました。

   It's transmitted from the old times, the last road of Kumano Kodo, Ogumotori-goe and Kogumotori-goe are said to be the most nearly place to Heaven.
In Heian period, Fijiwara Teika(Sadaie) wrote a travel record "Kumano-gokoki". He says that he passed "Okumotori and Shikin-mine", it seems that Shikon-mine is this Kogumotori-goe(beyond small clouds).
These two mountain roads are the hardest roads in the Kumano Kodo road.

d0360104_16305930.jpg
  小口バス停から郵便局の前を通り、自動車道をしばらく歩いて、トンネルの上の道を小和瀬バス停に向かいます。小口自然の家の前にトイレがあります。小口バス停から小和瀬バス停まで約1km。 
Pass throught the Koguchi post office from the Koguchi bus stop and head to Kowase bus stop. Walk the concrete road for a while and take the road above the tunnel.
You can see the public wash room in front of Koguchi-sizenno-ie (Nature's house). From Nature's house to Kowase bus stpo it is about 1km.

d0360104_16310945.jpg
 小口トンネルの上の道を歩きます。道路の右手の石段を上がって旧道に入りましょう。
Let go up the stone steps on the right side, it is an ancient road.


d0360104_16311244.jpg
  道路沿いの塀には野草が多くみられます。ユキノシタが咲いています。
Many wildflowers are growing on the fence along the road. Here you can see Yukinoshitas are in bloom.

d0360104_16312051.jpg
  500mほど歩くと、左手に小さな祠が見えてきました。
After walking 500 meters, you can see a small shrine on your left.

d0360104_16312314.jpg
 庚申塔(こうしんとう)です。台座に三匹に猿が刻まれています。庚(かのえ)申(さる)の日に、人の体に住むサンシという虫が、その人の行状を天帝に告口するので、その日は一晩中寝ないで起きているそうです。庚申の日は60日に一度回ってきますが、陰陽を合わせると60年に一度、という考え方もあります。申(さる)が時代の経過とともに、猿となり、いつしか台座に猿が刻まれるようになりました。三匹の猿はそれぞれ、見ザル、聞かザル、言わザルです。

This is the Koshin-to. There are three monkeys carved on the pedestal.
The villagers got together all night without sleeping on the day of Koshin(Kanoe Saru). Because the insenct named Sanshi was beleaved to be living in each human body who tells Tentei(King of Heaven) any bad actions they may do. The day of Koshin comes around every 60 days.
With the passage of time, it became the monkey with the same pronunciation as Koshin(Kanoe saru, saru=monkey), and monkeys were carved on the pedestal.
  Each monkey has a name, one is called Mizaru(don't look at bad things), one is called Kikazaru (don't listen bad things) and anotherr one is called Iwazaru(don't say bad things). You may also have them call, hear no evil, see no evil and speak no evil.

d0360104_16312747.jpg
 野仏を見ながらトンネルの上の道を歩きます。坂を下るとさらに数体の野仏が並んでいます。
Walking along the tunnel while watching the small Buddaha. As you go down the slope a few more Buddha are lineing up along the road.

d0360104_16313088.jpg
 大きなセンダン(アフチ)です。5月には小さな花を咲かせています。
It is a big Sendan(Ahuchi).Small frowers are blooming in May.

d0360104_16315195.jpg
 小和瀬バス停から赤木川にかかる赤木橋を渡ります。昭和29年、この橋ができるまで、ここを通る人たちは渡し場を利用していました。小和瀬渡し場跡があったところです。
Cross the Akagi Bridge over Akagi River from Owase bus stop. This bridge was made in 1945, before that the people passed this river by ships. There is a trace of the Kowase Passage.

d0360104_16315437.jpg
 小さな標識がありますので、見落とさずに、ここから左折します。
There is a small sign, so do not overlook, turn left here.

d0360104_16320375.jpg
 いくつかの標識を見ながら、右折、左折を繰り返します。急な坂を上った所に「30」と記載されて木の標識があります。これは熊野古道を訪れる人のために500mごとに建てられた距離を示す標識です。ここが30で、目的地の請川が54ですから、これから約12km歩くことになります。
While lookong at some signs, turn left, turn right, repeat. There is a sign of tree where you climbed a steep slope. "30" is stated. This is a sign indicating the distance built for walker visiting Kumano Kodo. It stands every 500 meters.

d0360104_16321470.jpg
 登り坂が続きますが、平坦な道もあるので、ほっとします。
The climbing slope continues, but there are also flat road, so the pilgrims are relieved.

d0360104_16321737.jpg
 左手に石組の厨子があり、大小2体の石仏が祀られています。
There is a stone pagodas on the left hand side, and two big and small stone Buddhas are enshrined in it.

d0360104_16321989.jpg
  尾切地蔵です。大きい石仏の台座に「文化七年牛の三月建立 施主小和瀬中」と刻まれています。道中の安全祈願のため、村人たちが共同で建立したようです。
It is Ogiri-jizo. it is engraved on the pedestal of big Buddha, " Bunka 7 year march establishment owner Kowase-naka". It seems that the villagers co-founded for the safety of pilgrims.

d0360104_16322625.jpg
 古道はなおも登り坂です。 The ancient road is still climbing a slope.

d0360104_16324660.jpg
 白樺の木はブナでしょうか?

d0360104_16325487.jpg
 木の標識があります。 There is a wood sign board.

d0360104_16330376.jpg
 31です。かなり歩いた気がしますが、まだ500m?
It is written to "31". We walked pretty well, is it still 500m?

d0360104_16330667.jpg
 さらに上り坂が続きます。少し休憩したら、また歩きましょう。
The uphill continues still more. Let's walk again after a little break.

d0360104_16331175.jpg
 道路沿いにひっそりと咲く花が、歩く人の心を和らげてくれる気がします。
Flowers blooming quietly along the road seems to be relieve the hearts of walkers.


d0360104_16331799.jpg
 周囲の景観がかわり、遠くを見晴らすことができます。眼下に赤木川が見えています。
The surrounding landscape changes and you can look far away. The Akag River is visible.

d0360104_16333644.jpg
 ようやく桜茶屋跡に着きました。小和瀬から2,4km。標高差450mです。
Arrived at Sakura-Jaya, it is 2,4km from Kowase, The altitude difference is 450m.

桜茶屋跡/Sakura-jaya Tea House remains

茶屋の店先に桜の大木があったので、桜茶屋と呼ばれていました。ここから南に見える楠の久保辺りを通る白衣の参詣者の一団を見かけると、茶屋の主人は大急ぎで湯を沸かし、餅をついたそうです。またはるか下の方から、桶に入れた水を頭に載せて運んだと伝わっています。
 茶屋は明治の末までありました。また、大正8年、宗教の建物として使われた記録も残っています。

Sakura-jaya Teahouse was named after a giant cherry tree that was located close by. In the old time when the teahouse owner saw pilgrims wearing white clothes approaching, he would start cooking rice cakes and boil water for tea.
He had carried water from far below by a pail on his head. It functioned as a teahouse up untill the early 20th century. (Y.S)


d0360104_16335474.jpg
 桜茶屋跡から数十メートル歩いた所に珍しい野生の花を見つけました。フタリシズカです。本当は花芯が2本あるのですが・・。
A rare flower is blooming where you walk tens meters from Sakura-jaya ruins. It is Hutari-shizuka (Two persons quiet)
d0360104_16335833.jpg
 この辺りに群生しています。 There are a lot of Hutari-shizuka.
d0360104_16340471.jpg
 「どちらへも遠く山路やおそ桜」。古道沿いに数基の歌碑が建っています。
" It is a long way to go through any road, I see cherry blossoms bloom late"
You can see several monuments which Tanka(Japanese poems) is written on it.

d0360104_16341289.jpg
 桜茶屋跡から桜峠まで、まだまが急な登り坂が続きます。桜茶屋跡から桜峠まで約0,5km。
From Sakura-jaya tea house ruins to Sakura-toge pass still steep climbing slope continues. It is about 0,5km from Sakura-jyaya to the top of the Sakura Pass.
d0360104_16343046.jpg

  峠の下り坂。左側の岩盤はどうしてできたのでしょうか?地球の変動によってできたかも?
Downhill of the pass. How did this rock mass be made? Maybe it happend due to changes in rock mass of the Earth?

d0360104_16343597.jpg
  木の根っこが岩盤の間に食い込んでいます。すごい生命力ですね?
  The root of the tree is biting between the rock. It is a big force of this tree.

d0360104_16343888.jpg
  「三界萬・・」の文字を刻んだ石塔。三界とは人の迷いの世界のことで、地獄、餓鬼、畜生をさします。
There is a stone tower carved the wards of "Sankai Man…” Sankai means three world of people's hesitation. Those are said Jigoku(hell), Gaki(brat),Chikusyo(damn it or animal).

d0360104_16344438.jpg
  石堂茶屋跡 Ishido-tyaya remains
   急な登り坂が続く桜峠を越えると、比較的平坦な尾根道となり、杉林の中を進むと石堂茶屋跡に着きます。東屋と歌碑があります。小雲取越えは険しい山越えのため、食料や物品を販売したり、宿泊できる茶屋や旅籠がたくさんありました。
   元文4年の『熊野めぐり』には"石堂峠”に茶屋が2件あり、旅客を泊めていたと記されています。また寛文10年の『熊野詣機構』では"さハのたわ茶屋”と呼ばれています。嘉永元年の『西国三十三所名所図会』には"石砥茶屋”とあり、山中から砥石が採れたため名付けられたと記されています。

You walk above the Sakuratoge pass where the steep uphill slope continues, there become the relatively flat ridge path. When you go among the cedar forest, you will arrive at Ishidi-chaya teahouse remains.
There are arbor and monument is cribed with a poem. There used to be many teahouses and lodgings in Kogumotori-goe that can sell foods and goods and can accommodate because of the harsh mountains.
It is written in ”Kumano-meguri"(travel journal) that there were lodgings for travelers. Moreover, in " Kumano moude kiko"(travel journal) of Kansei 10 years(1789), it was called " Sawanotawa-chaya". In"saigoku 33sho zue",the first year of Kaei(1848),there was "Ishito-chaya" and it was named because of the grinding stone "Toishi" was taken from the mountains. (M.Y)

d0360104_16345202.jpg
 「歩まねバ 供養ならずと亡き母が のたまひてゐし 雲取り来ぬ   嶋 正央作」と書かれています。母と子の思いが伝わる句ですね。
d0360104_16345977.jpg
 賽の河原地蔵
  石堂茶屋跡から、ゆるやかな下り道を約1,1km歩くと林道に出会い、左折して100mの所にトイレがあります。このコースで唯一のトイレです。林道から百閒ぐらまで0,9km。少し登ります。
Walking down the gentle slope about 1,1 kms from Ishido teahouse trace, you'll encounter the forest road and turn left there. There's a toilet 100m away. This is the only toilet in this course. It's 0,9m from the forest road to Hyakken-gura. You climb a little more.

"塞の河原”とは、死んだ子どもが行く所と言われています。子どもは親の供養のために石を積み上げます。しかし、積み上げられた石は、絶えず鬼に壊されてしまうのです。 その時、地蔵菩薩が現れて子どもを救います。 また地蔵菩薩は熊野で亡くなった人々の霊を弔うとも伝わっています。

 It is said that Sai-no-kawara(Children's Limbo) is the place where dead children go. They piled up pebbles high for the repose of their parents. But it's towers was constantly being destroyed by evil Oni demos. Then Jizo or a Bodhisattva appeared to save them.
It's also believed that Jizo was built here for the repose of the souls of pilgrims who died on the way to Kumano.

d0360104_16350876.jpg
 百閒ぐらです。
  石地力山、冷水山、安堵山と続く果無三脚の山々と、コンニャク山、野竹法巣山が連なる大塔の山並みを果てしなく望む景観が、多くの人を魅了してやみません。お地蔵さまが旅人を見守ってくれています。
 
d0360104_16360510.jpg
 歩いて歩いて、No50まできました。あと2km。頑張りましょう。

d0360104_16363847.jpg
 右手の前のほうに熊野川が見えてきました。本宮は近い!

d0360104_16364523.jpg
 本宮の請川へ下山する途中、民家の庭にブラシの木が見事に赤い花を咲かせています。
 ようやく着きました。今日も1日、全員無事に歩くことができました。熊野の神さまに感謝です。


[PR]
by wakayamakiga | 2018-05-31 20:19 | Kogumotori-goe/小雲取超え | Comments(0)

Ohechi route -1 From Sinjyo to Tonda / 大辺路ー1-1 きい新庄~富田へ

  熊野古道、大辺路はJRきい田辺駅から、那智に向かって海岸沿いに歩く古道です。
  ゴールデンウイークの5月3日、KIGAのメンバー6名がJRきい新庄駅からきい富田駅まで歩きました。距離は約15km、標高差約100m。国道42号線と交差しながら歩きます。
Oh-hechi route of Kumano-kodo starts from Kii-Tanabe to Nachi via the track along the coast of Pacific ocean.
The first route of Oh-hechi, is 15km from JR Kii-Tanabe station to Tonda station with only 100m height, along with Route-42 road.
The 6 members of KIGA took this route from JR kii-Sinjyo station on May 03,2018. 

大辺路は、紀伊田辺から那智勝浦を結ぶ海辺の道です。那智の浜の宮王子で大辺路と伊勢路・中辺路が合流して那智大社へ通じます。 中世の熊野詣や江戸期の西国三十三所巡礼のメインルートであった中辺路などと比べ、大辺路の旅籠や茶屋は乏しく、参詣者数は比較的少なかったようです。一方途上に厳しい峠道(富田坂、仏坂、長井坂)が控えています。紀伊山地南端の山々を背に、前面に枯木灘や熊野灘の変化に富む海を望んで、優れた景観が大辺路の大きな魅力です。ユネスコの世界遺産『紀伊山地の霊場と参詣道』の構成資産の一部で、2017年に追加登録されました。

Oh-hechi route of Kumano-kodo starts from kii-Tanabe to Nachi-Katsuura along the coast of Pacific ocean. The track joints with Ise-ji (eastern route from Ise-shrine) and Naka-hechi (central route of Kumano-kodo) at Hamanomiya-ohji at Nach-town, heading for Nachi-shrine.
 Comparing with Naka-hechi route which was the main pilgrimage road during Heian period as well as Edo-period for visiting Saigoku thirty –three temples, the number of visitors to Oh-hechi was relatively small with less numbers of inns and shops along the track.
The track, however, includes mountain passes such as Tonda-pass, Hotoke-pass and Nagai-pass. The beautiful ocean view such as Kareki-nada (beach) and Kumano-nada with Kii mountains on the back is the most attractive point of Oh-hechi route.
The track was nominated additionally in 2017 as a part of the world heritage by UNESCO of Pilgrimage Routes in Kii-mountain range.(H.S)
d0360104_20534699.jpg
 午前8時30分。JR紀伊新庄駅に集合、出発です。
We started from JR Kii-Shinjyo station at 8:30am
d0360104_20535964.jpg
 駅のすぐ近くの路地にお地蔵さまが。
The small Jizo-statures near the station were charmingly maintained by the local people.
d0360104_20540477.jpg
 駅前の道路を左折し、狭い路地を南に歩くと国道42号線に合流します。大型スーパーマーケットの後方の道を歩くと、再び42号線に出会います。国道にかかる陸橋を渡り反対側へ。国道を数十メートル歩いて左折すると、熊野古道大辺路の標識があります。
Turning to the left from the station, a narrow lane will join with Route 42 road. Walk on the crossing bridge over Route 42, you will find a sign of Oh-hechi of Kumano-kodo on the left after about 50m's walk.
d0360104_20541080.jpg
 大潟神社の鳥居が見えてきました。
The torii gate of the Ogata Shrine has come into view.

d0360104_20541904.jpg
 鳥居を潜ると、もう一つの鳥居が立っています。
When you'll go dawn a tori, another torii stands on your right.



d0360104_20543083.jpg
 大潟神社
  田辺市新庄1441番地。
  主祭神は天照大御神、大山祇神、武御雷之男命、武蝦鳥命。
  配祇神として素戔之男命、言代主命、手名槌命、大名牟遅命、足名槌命、火之伽具槌命、大土命、菅原道真公、豊宇気比売命、大国主命、稲田比売命、猿田比古命、宇伽之魂命。
  境内社に大土神社、馬目神社。

The main deitis of this shrine are Amaterasu-omi-kami,Ouyamatsumi-kami,Takemikazuchi-no-mikoto.
And the distribution deitis are Susanoh-no-mikoto,Kotoshironushi-no-mikoto,Tenazuchi-no-mikoto,Ohnamichi-no-mikoto,Ashinazuchi-no-mikoto,Honokagituchi-no-mikoto,Ohtuchi-no-mikoto,Toyoukehime-no-mikoto,Ohkuninushi-no-mikoto,Inadahime-no-mikoto,Sarutahime-no-mikoto,Ukano-mitama.
There are Otsuchi Jinjya(Shrine) and Umame Jinjya in the precincts.

  大潟神社はもと若一王子と称し、熊野古道大辺路の山麓に鎮座していたが、昭和16年、現代地に神殿を造営し、遷されました。社伝によれば創建は欽明天皇10年(520)と伝わっていますが、詳しいことはわかっていません。
  慶安2年(1649)の「田辺村々・瀬戸・神社書上」が最も古い資料として記載されています。明治の神仏分離令により、明治元年9月、大潟宮(大潟神社)と改称。同10年、村内の馬目神社、愛宕神社、菅原神社、田中神社、金毘羅神社を合祀、境内社としました。
  明治41年、一村一社の神社合祀令により、42年7月、村内の神社(内の浦の山祇神社、鳥のノ巣の上島神社、神島神社の遥拝所の祭神を本殿に合祀。

Ogata Shrine was celled the former Nyakuichi Oji, and it was settled at the foot of mountain in the Kumano Kodo, Ohechi Road. But in 1945, it built a shrine in the current location.
According to this shrine 's tradition, the foundation is transmitted as Emperor Kinmei(540), but details are unknouwn.
In the Meiji era, Japanese government ordered Jinjya-Goshi-rei,which is a law for collecting all the shrines in the village and enshrineing them in one shrine. this shrine was renamed the Ogata Shrine,and all the shrines in the villege are gathered here.



d0360104_20544561.jpg
 大潟神社の前の狭い坂道を上ります。途中、季節の花を見ながら歩くのも楽しいものですね。日本古来の花を探しながら歩きましょう。
Walking to the right in front of Ogata Shrine and go up narrow slope. It is fun to see the flowers of each seasons on the way. let's walk while looking for Japanese ancient times flowers.
d0360104_20545322.jpg
 国道の上の道を歩きます。
Let's walk on the road crossing over Route 42.


d0360104_20545985.jpg
 ここは古道の雰囲気のある道です。
This is the road to feel atmosphere of ancient Kumano road.



d0360104_20550308.jpg
 大潟神社から約800m、峠へむかう自動車道を歩くと、右手に小さな祠があり、中に2体の地蔵尊が祀られています。道分地蔵です。昔、ここは2つの道の分岐点でした。
Walking from Ogata Shrine about 800 meters, along the way to the pass, there is a small shrine on the right, and two Jizo statues are enshrined inside, these are Michiwake Jizo. Once upon a time, here was a branch point of two roads.

d0360104_20550781.jpg
  阪和高速道路と42号線が交差しています。左手の高速道路の下、42号線の標識をみて櫟原神社へ向かいましょう
Where the Hanwa Expressway and Route 42 intersect. Let's walk to Ichihara Shrine with signs on Route 42 under the expressway on your left.

d0360104_20551005.jpg
 42号線の左の側道を少し歩くと、「南無阿弥陀仏」と刻まれた石碑が見えてきます

After walking a little on left side of Route 42, you can see a stone monument caved as "Namuamidabutsu".



d0360104_20552136.jpg
 「峠の大師堂」です。道分神社から約1,4km。
It is "Daishido of the pass". It is approximately 1,4km from Michiwake Jizo Shrine.


d0360104_20551769.jpg
 お大師さまが祀られています。
Kobo-daishi (Kukai) is enshrined in it.


d0360104_20552626.jpg
  峠のバス停です。今は峠とは名ばかりの、なだらかの道ですが・・・。
  42号線を南に向かって歩きます。JRきのくに線の上の袴線橋を越えて、さらに1,5kmほど歩くと、道路の右手に朝来駅があります。熊野古道は駅と反対側の左手へ入ります。
There is a bus stop written as Toge(pass), but now it is only named, the road is gentle.
Walking south toward Route 42, beyond, the bridge on the JR Kinokuni
line. and walk a further 1,5km, you will see Asso station on the right side. Kumano Kodo enters to the left hand, opposite to station.


d0360104_20553456.jpg
  左側のすぐ前に「上富田産業振興交流館」と書かれた建物があるので入ります。ここは熊野古道を訪れた人たちが休憩できる場所となっています。中に入ると「紀州くちくまの熱中小学校」と書いた幕がありました。上富田地区の子供たちが取り組んでいる催しの獅子舞について、佐多圭一郎さんから熱心にお話を伺いました。

"Kamitonda Iindustry Promotion Excange Center" is located at the left side. This is the place where those who visited Kumano Kodo can take a break. Mr. Keiichiro Sata talked about the lion dance event held by children in this erea.

  
d0360104_20554122.jpg
 交流館に隣接して、櫟原神社があります。
There is Ichihara Shrine next to Exchange center.


d0360104_20554419.jpg
  櫟原神社の主祭神は建美名方命(たけみなかたのみこと)他8神です。ほかに配祀神として大巳貴神、虫遂神、市杵島姫命が祀られています。境内社に梅田神社、厳島神社があります。

The main deity of Ichihara Shrine is Takeminakata-no-mikoto. and 8 deities are enshrined there. Besides that, as the deities of distribution, Omi-kishin, Mushitui-sin and Ichikishima-hime are enshrined. Within precinct there are Umeda Shrine and Itsukushima Shrine.

  この社は旧諏訪神社、梅田神社、厳島神社、岩崎神社の4社を合祀し、櫟原神社といいます。明治41年の神社合祀例により、一時期、岩崎神社に祀られていましたが、大正2年11月、現在地に遷されました。

 同じ時期に野田の八幡神社、飛野の日隅神社(玉神さん)、愛宕神社、虫遂社を合祀しました。
 諏訪神社は天正年間(1573)、山本主膳守が統治した時、自家の鬼門除の神として長野県の諏訪神社より勧請したと伝わり、また元亀元年(1570)村の人達が協力して勧請したとも言われています。
 祭りは前日の宵宮、夜間、本祭りがあり、獅子舞、子供獅子舞、毛槍踊り、楽団演奏などが行われるそうです。

This shrine relies on the former Suwa Shrine, Umeda Shrine, Itsukushima Shrine and Iwasaki Shrine, and it is called the Ichihara Shrine.
At first, the Ichihara Shrine was enshrined in Iwasaki Shrine's estate by the government system of shrine in Meiji 41, but it was moved to current location in 1920.

At the same time, Hachiman-Jinjya(Shrine), Hizumi Shrine, Atago Shrine and Mushithui Shrine are all enshrined together.

Suwa Shrine's deity was said to have been proposed from the Suwa Shrine in Nagano Prefecture as the deity of a self-owned demon by Yamamoto Shuzen in 1573.
Also it is said that in 1570, villagers cooperated and recommended the enshrinement.

d0360104_20554951.jpg
  境内の狛犬は子連れです。


d0360104_20560754.jpg
  こちらの狛犬が持っているのはサッカーボール(?)


d0360104_20562025.jpg
 櫟原神社から少し歩くと電柱の影に標識があります。標識を見失わないで、右折しましょう。櫟原神社から大日如来堂まで3,6kmです。


d0360104_20562584.jpg
 民家が並ぶ路地を抜けると素敵な薔薇の庭園があります。


d0360104_20562807.jpg
 いろいろな種類の薔薇が咲いています。このあと、古道は民家を抜けて田んぼと畑をぬけて、311号線へ出て、富田川にかかる山王橋(潜水橋)へ向かって歩きます。


d0360104_20570178.jpg
 富田川に架かる山王橋です。川の水量が増えると水の下に潜るので潜水橋とも言われています。


d0360104_20570591.jpg
 橋の幅が狭いので、渡るのはちょっと怖い気がします。


d0360104_20571114.jpg
 富田川の川岸の道を南へ歩くと、途中に大きな木があります。


d0360104_20571491.jpg
 木の根元に小さな石仏が祀られています。


d0360104_20572002.jpg
 さらに川岸を南へ向かって歩くと、道路標識があります。ここを左折しましょう。


d0360104_20572494.jpg
 厳島神社に着きました。社殿は103段の石段を上った山上にあります。


d0360104_21252940.jpg
 山上の厳島神社



d0360104_20572606.jpg
 石段の登り口に小さな祠があります。


d0360104_20572993.jpg
 中に三体の石仏が祀られています。


d0360104_20574563.jpg
 厳島神社から田んぼの中に真っすぐに伸びた道を歩き、大日如来像堂へ向かいます。この辺りはのどかな田園風景が広がっています。

d0360104_12210118.jpg
 大日堂の入り口付近で保呂の虫食い岩を見ることができます。
 
保呂の虫喰岩     Mushikui-iwaRock in Horo 

 保呂の虫喰岩は、幅約30m、高さ約20mの岸壁に多数の穴があいてます。この穴は、タフォニとよばれています。岩の表面をよく見ると砂の粒がみられ。手でさわるとパラパラとはがれ落ちてきます。この砂を、体のできものに塗ると病気が治る、という昔からの言い伝えがあります。


   Each of the many large andsmall pits honeycombing the cliff is called a tafone (plural: tafone). Thecliff reveals the sandstone layers of the ground throughout the area, originallyformed long ago as deposits on an ocean floor. According to a local folktale, askin blotch could be healed by applying the sand to it.
  

タフォニとは? 

What makes atafone?
   

  タフォニのでき方には、いろいろな説があります。その一つとして、塩分の再結晶により、岩の表面がはがれ落ちるという考え方があります。
   

There are various theoriesabout how the pits called tafone were formed. One theory is thatrecrystallization of the salt contained in the sandstone causes the rocksurface to flake away. (Y.S)



d0360104_12210514.jpg
  巨大な岩盤に無数の穴があいている景観は、自然が作った造形美です。 


d0360104_12210934.jpg
  六地蔵でしょうか?でもよく見れば、それぞれ形が違います。古道沿いにあった石仏が集められたと考えられます。


d0360104_12211208.jpg
  大日堂の如来像
  保呂の虫喰岩の横には、大日如来をおまつりした大日堂があります。ここは、土地の人が病気の回復を祈ったり、農耕で使う牛の健康や安全を祈る場となっています。
  

  Beside the tafone cliff isa shrine to the Dainici Budda, where local people pray for recovery from illness and for the health and safetyof their farm animals.




d0360104_12213466.jpg
 大日如来堂から民家と田んぼの中を約1,5km歩き、42号線に合流します。富田川に架かる平橋が見えています。コンクリートの道ですが、周辺の山々の景観と、自然の中の草花を見ながら歩くことができます。 


d0360104_12213896.jpg
 途中に石仏があります。右手に白鷺橋が見えはじめました。かつてこの辺りに渡し場があったそうです。



d0360104_12214260.jpg
 平間神社に着きました。大日如来堂から約2,9km。


d0360104_12214528.jpg
 平間神社
 平間神社は桃山時代、文禄2年(1593)この地に鎮座。主祭神は天佐具女命(アマノサグメノミコト)。摂社の若宮社に大宮能売神(オオミヤノメノカミ・市場の神、食物神、アメノフチダマの子)を祀っています。昭和56年11月、商売繁盛の恵比寿神が合祀されました。
 古くから地区の人たちの信仰が篤く、明治6年、村社となっています。昭和30年から社殿の修復工事が始まり、同59年5月に竣工式を行われました。
 祭りは11月23日。午前中は神事が、午後からは獅子舞と持ち投げなどが行われます。獅子舞と子供神輿は昭和50年から始まったそうです。
 主祭神の天佐具女(天探女とも)は『日本書記』の神話遍に登場する女神です。天稚彦について天下ったが、天照大神の使いの鳴女という雉を、この鳥は縁起が悪いと告げ口し、稚彦はその雉を矢で射殺してしまいます。天照大神と高木神に届いた矢を拾った高木神が「天稚彦に悪い心があれば当たる」と言って放った矢が天稚彦の胸を貫いた、というお話です。天邪鬼(あまのじゃく)の原型だとされています。
 万葉集に「ひさかたの天の探女が岩船の泊(はつ)てし高津はあせにけるかも」(巻3-292)の歌が残っています。
 

d0360104_12214841.jpg


d0360104_12392995.jpg


  平間神社からさらに南へ。約0,9km歩き日神社へ。途中、富田川の大鰻生息地の看板があります。



d0360104_12220571.jpg


 日神社
   白浜町十九渕1177番地。
   明治以前は「若一王子の宮」と呼ばれ、社名の額が残っています。
   主祭神は天照大神。配祀神として壱岐島姫神、多紀理姫神、多

藝都姫神、忍穂耳神、大宮能売神、豊受大神、倉稲魂神、菅原道真公、上筒男神、中筒男神、底筒男神、息長帯姫神、

彌都波能賣神 八衢彦神 八衢姫神 久那戸神。 
   境内社に 厳島神社、若宮神社、稲荷神社、天満神社、住吉神社、水神社、塞神社があります。

   創建は平安時代、六条天皇の御代、仁安2年(1167)、吉田少将藤原範秀が所有する山林を開拓して、伊勢の天照大神の分霊を奉ったことが始まり。そのため、ここは伊勢谷と呼ばれています。分霊は船で富田川口に到着し、神輿をしばらくの間、富田川の川口に安置し幣帛を奉納します。この島は幣納島(へいのうじま)と呼ばれていましたが、いつしかへいぞう島と呼ばれるようになりました。
 創建以来、富田12カ村の産土神として栄えましたが、天正13年(1585)の兵火により、宝蔵、長床、宝蔵、神楽殿、絵馬舎等が火災にあい、明治の神仏分離令により、社号が「日神社」と改称されました。社領も召し上げられて、自然減少となりました。
 明治維新まで社号を「若一王子之宮」と呼び、紀伊続風土記にも記載があり、社殿は荘厳美麗を極め、紀州日光と呼ばれるほどでした。 
   例祭日は4月19日。日神社本殿附棟札、津波警報板は県指定文化材。

According to the shrine's legend, Norihide Yoshida cleared woodland owned by him and enshrined the separate spirit of deity Amaterasu Omikami from Ise Shrine.
That's why people call this region Iseya. The present main shrine was rebuilt in 1824 from the view point of style method. It is known that there were some excellent technicians in this region. Because sculptures with characteristic of this regiion were given in various places of its building.
The sculptures and colors givin in various places are fading, but at that time it was gorgeous as it was called Kishu Nikko.
  

d0360104_12391688.jpg

  末社の塞神社。


d0360104_12391986.jpg


  本殿の後方に建つ厳島神社。



d0360104_12393800.jpg


  富田川に架かる富田橋を渡ります。左の川岸に弘法大師を奉る大師堂があります。



d0360104_12394211.jpg

  真っすぐ西に向かうとJR富田駅に着きます。



d0360104_12394552.jpg

[PR]
by wakayamakiga | 2018-05-07 22:12 | Ohechi route 大辺路 | Comments(0)

Kii route-1 From Yamanaka-dani to Yamagichi Oji / 山中渓~山口王子へ

院政時代、上皇や女院たちによる熊野参詣は、大阪から雄の山峠をこえて紀伊国へ入るコースが最もよく利用されていました。また江戸時代、紀州の殿様が参勤交代で、この紀州街道を通り、その要所となったのが山中渓でした。

In Heian era, Jyoko or In (retired Emperor) made their children or grandchildren the new Emperor, and they had big pawre. In was called In-sei era.

In-sei era many Jyoko and women Ins went to Kumano pilgriming, they used Kii route, and walked this road.
Also in Edo era the load of Kishu passed this road which were called Kishu-kaido
d0360104_20524965.jpg

   山中渓駅周辺は3月末から4月はじめには桜が一斉に咲きはじめます。

d0360104_20530756.jpg
 JR山中渓駅から北へ300mほど歩いた所に山中神社と馬目王子が鎮座しています。
  Walking to north 300m from Jr Yamanakadani Station, Yamanaka Shrine and Umame Oji are enshrined.

1079年、澤四郎善眞が、紀州の岡崎(和歌山市)より当地に移り、八王子神(あまのほひの命)をこの地にお祀りしたのが山中神社の始まりです。 後に神のお告げにより、高山の頂上に社を祀りました。(現在は跡地のみ) 現在祀られている八王子神(十一面観音)は、上之宮より移されたものです。 1613年に十一面観音が盗まれましたが、知らぬ間に戻っていたそうです。 馬目王子は、地元の人々に足神さんと呼ばれます。 馬目の名前は、この神木が、ウバメガシに由来します。

In 1079, Mr. Sawa Shiroyoshimasa who was from Okazaki, Kishu (Wakayama City). He moved to Yamanaka-dani and enshrined Hachioji-gami (Amano Hohino Mikoto). Later on, following to the deity's message, he enshrined it on the top of Takayama mountain in the northwest. ( It's vacant lot now.)
The present enshrined deity is Hachioji-gami (Eleven faces Kannon). It was moved from Uenomiya.
It's said it was stolen in 1613, but it came back before people knew.
Umame- Oji is called the deity of foot from local people. Its name comes from Ubamegashi in Japanese (a kind of beech tree) , the sacred tree. (T.S)



d0360104_21114450.jpg



d0360104_20525413.jpg

   駅のすぐそばに塞之神(道祖神)があります。塞之神は村の境に鎮座し、邪神や疫病は入るのをさえぎると言われています。また熊野詣の時代から、多くに旅人の道中に安全を守ってきました。
 
You can see a Doso-shin which was cald Saeno-shin near to the station. Saeno-shin was worshiped at the border of the village for block the gods of evil and the gods of bad illness. Also since old times this god kept safety of many travelers.
d0360104_20530399.jpg
 江戸時代、紀州藩では毎年12月20日に、犯罪者や悪疫の病人を境橋から和泉国に追放しました。けれども、山中渓周辺の村人たちはこの塞之神のおかげで疫病などから守られてきたそうです。

In the Edo era, on Desember 20th every year, criminals and sick people of plaque were expelled from Sakaibara to Izumino-kuni(Osaka) by Kishu clan. However, the villagers around Yamanaka erea had been protected from the praque by Saeno-shin.


d0360104_20531004.jpg
駅から南へ約1km、熊野古道に沿って歩くと左手の山の中に、山中関所跡の石碑が建っています。

When you will walk to South about 1km from station, a stone monument which was written to" Yamanaka Sekisho Ato" is stood on the bootom of the mountain along the Kumano Kodo Road. In old times, travelers payed tax here.


d0360104_20532562.jpg
  熊野古道は県道和歌山貝塚線と高速道路が交差しながら続いています。車の交通量が多く、歩道のない道ですが、沿道には季節の草花が咲いているので、楽しむことができます。

The road goes on to South with intersecting or leaving. The traffic volume of the car is large and the road has no sidewalk. But even so, a lot of natural flowers can be seen at the empty area beside the road.
d0360104_20534764.jpg
 白い花はキイチゴかな? Are those flowers Kiichigo (raspbelly)?



d0360104_20535305.jpg
 この花はあけびです。 These are " Akebi" (Dawn).

d0360104_20535720.jpg
  野草を見ながら歩くこと約1,3km。境橋です。日本で最後の仇討ちがあった所です。文久3年(1863)、土佐藩士広井大六の子の岩之助が、父の仇の棚橋三郎を、ここで仇討ちを果たしました。
It's about 1,3km walking while looking for wild flowers. Here is Sakai-bashi (bridge). It is the place where the last victim was down in Japan.
In Bunkyu 3 years (1863), Iwanosuke Hiroi , a son of Dairoku Hiroi who was a Samurai in Tosa clan, had down villain here Saburo tanahashi of his father's enemy .

江戸時代の仇討ちは、その目的の合理性や手順が規定どおりであれば、復習としての殺人は、認められていました。岩之助は、当時和歌山に滞在していた幕府の軍艦奉行である勝麟太郎の口添えで、紀州藩の支援により、仇討ちの目的を果たしました。
In Edo period, retribution was permitted as an authorized murder if its purpose and procedure were proper according to the rule. Iwanosuke had sued Saburo tanahashi for his unfair fight with Iwanosuke’s father, to Mr.Katsu Rintarou, a famous admiral of Tokugawa government, who stayed in Wakayama Kishu clan at that time. Through the advise of Mr.Katsu, Kishu clan supported Iwanosuke’s retribution according to the rule.

d0360104_20540000.jpg
 紀伊国と和泉国の国境の境川。
Sakai-gawa (river) at the border between Kii-no-kuni (Wakayama) and Izumii-no-kuni(Osaka)

d0360104_20540366.jpg
 熊野古道と言っても、コンクリート道が続きます。
Even if we say Kumano Kodo, the road of concrete continues.

d0360104_20540619.jpg
 500mほど歩くと、右手の踏切を渡ったところに中山王子があります。
When walking about 500m, there is Nakayama Oji where you crossed the railroad crossing of the right hand side.


d0360104_20542465.jpg
 中山王子から民家の前を300mほど歩き、ふたたび県道に戻り、ゆるやかな上り道を歩きます。
Walk 300 meters in front of the houses from Nakayama Oji, return to the car road again, and walk on a gentle up road.

d0360104_20542741.jpg
 周辺は山また山。春は新緑が、秋には紅葉が楽しめます。
Mountain and mountain around here, you can enjoy fresh green in the Spring, and autumn leaves in fall.


d0360104_20543197.jpg
 高速道路と県道が交差しながら続いています。足もとを見ればスミレの花を楽しむことができます。
The highway continues as it crosses. You can enjoy the violet flowers by looking at your feet.


d0360104_20543458.jpg

 紫色の花はツルニチニチソウ(蔓日日草)です。
Purple flowers are Tsurunichinichiso (Vica major).


d0360104_20543768.jpg

 峠の不動明王につきました。山中渓駅からここまで約4,5km。ここから山口王子まで約1,4km。下り坂となります。
A small shrine in the middle of mountain on the right is Toge-no-Hudomyo-ou (Hudomyo-ou of the pass). It is about 4,5km from Yamanakadani Station to here and it is approximately 1,4km from here to Yamaguchi Oji. It will go down hill.


d0360104_20544199.jpg

見上げれば高速道路ができています。
d0360104_22491266.jpg

 高速道路というより、天空の道路です。
d0360104_20544959.jpg

 ようやく平坦な道へ下りてきました。
d0360104_22424801.jpg

  三叉路を左へ、もう一度左へと進むと山口王子へ着きました。万葉歌碑があります。
 「わが背子が 跡ふみ求め 追い行かば 紀の関守い 留めてむかも」(巻4-454)
  笠金村の歌です。神亀元年(724)10月の聖武天皇が玉津島神社へ行幸の時、お伴の人の中にある女性の恋人がいて、その人に贈るための、金村が女性から依頼されて作った歌で、恋歌の代作の歌だそうです。紀の関がここにあったかどうかは確証はありませんが。


d0360104_22425884.jpg

 小野川にかかる小野寺橋を渡ると、左手の民家の後方に小野寺址があります。
d0360104_22552159.jpg

 いまは廃寺となっていますが、小野寺があった所です。小野小町が熊野詣にきて、この地で亡くなったと伝わっています。
d0360104_22430639.jpg

  古道は民家の並ぶ道を南へ池の川バス停に向かいます。
  山口神社へ鳥居を通らずに横から入る場合は、途中で右折し、64号線を渡って西へ1kmほど歩きます。鳥居を通る場合は約1,8kmの距離となります。
d0360104_22440681.jpg

 山口神社に着きました。創建は大変古く、坂上田村麻呂の伝説が残っています。上皇や女院も立ち寄ったそうです。
d0360104_22441231.jpg

  祭神は伊久津比売命です。古くは日吉神社を祀っていました。明治になって山口王子社、白鳥神社などが合祀されました。安産の神様として信仰されています。

d0360104_22442345.jpg

 神社の入口の傍に道祖神たちが集められています。
d0360104_22442766.jpg

  鳥居です。神社からまっすぐに続いています。ここから川辺王子へ向かう道がありますが、自動車道が行きかう道なので、今日は近世の紀州街道を通って中村王子へ進みます。
d0360104_21132106.jpg


  
d0360104_22443216.jpg
  池の川バス停から続く道へ戻ります。和歌山城から一里ごとに塚があり、三里のこの地にも一里塚がありました。大きな松の木が植わっていましたが、1950年の台風により倒木しました。

d0360104_22443649.jpg
  紀州の殿様の参勤交代の道がありました。沿道の家々に往時の面影を残しています。

d0360104_22443947.jpg
  消防団の看板を見て右折しましょう。

d0360104_22444914.jpg
 山口小学校です、よく見れば校章は紀州徳川家の三つ葉葵です。

d0360104_22445206.jpg
山口小学校の校庭に山口宿、本陣跡があります。「紀州御殿」があった所です。

[PR]
by wakayamakiga | 2018-05-06 10:33 | Kii route /紀伊路 | Comments(0)

Niutsuhime Shrine to Koyasan 丹生都比売神社~高野山へ

KIGAの語り部がご案内/ We will guide you
Koya Choishimichi from Niutsuhime Shrine to Koyasan
高野町石道 丹生都比売神社~高野山へ
d0360104_20121987.jpg
:日時 4月26日(木) AM 8:00
:集合 JR 笠田駅/JR Kaseda station
 JR和歌山駅・6:45発普通橋本駅が便利です。7:40笠田駅着。
【コース予定】 笠田駅⇒(葛城コミュニティバスに乗車)⇒丹生都比売神社⇒二つ鳥居⇒応其池⇒笠木峠⇒矢立⇒袈裟掛石⇒四里石⇒大門⇒壇上伽藍(13,5km標高差450m) ※帰路は16:06(又は16:43)南海高野線極楽橋発⇒橋本経由和歌山駅着18:07(又は18:48)(1280円)

8:00 AM Kaseda sta. ⇒(villege bus)⇒Niutsuhime Shrine ⇒HutatsuTorii⇒Ougo-ike (pond )⇒Kasagi Touge(pass) ⇒Yatate⇒Kesagake-ishi(stone)⇒Daimon Danjho-garan (13,5km,elavation difference 450m))

Entry fee 500yen / pay the transportation fee by yourself
Haveing things are a lunch box, drink , rain wear etc.



Kumano kodo Ohechi route from Shinjyo to Kiitonnda

熊野古道・大辺路 紀伊田辺~紀伊富田まで

:日時 5月3日(木) AM 8:50
:集合 JR 田辺駅  JR和歌山駅・6:54発田辺行が便利です。8:39田辺着予定。(1660円)

【コース予定】 紀伊田辺駅⇒(タクシーに分乗します)⇒紀伊新庄⇒大潟神社⇒道分地蔵⇒峠の高地蔵⇒櫟原神社⇒大日如来堂⇒平間神社⇒日神社⇒日神社⇒紀伊富田駅(約14,5km、標高差なし)  ※帰路は紀伊富田駅15:31発和歌山行に乗車、御坊駅で乗換⇒和歌山駅着18:09予定。(1940円) 

8:50AM Tanabe sta. ⇒(by taxi)⇒ Kii Sinjyo sta.⇒Ogata Shrine ⇒Michiwake-jizo⇒ Dainichi-nyoraizo⇒ Hirama Shrine⇒ Nichi Shrine⇒ Kii-tonda sta.(14,5km)

Entry fee 500yen / pay the transportation fee by yourself
haveing things are a lunch box, drink. rain ware etc.

Reservation destination KIGA (Kumano & Koya International Guige Association)
E-mail kiga@silk.plala.or.jp http://wakigaaris.exblog.jp/


【参加費】 500円+ 交通費実費 (保険料は含まれていません)
:持ち物 お弁当、飲料、タオル、雨具、杖、保険証、着替えのシャツなど。 
*当日の朝6時現在で警報が出た場合は延期とさせていただきます。

【申込・連絡先】KIGA 熊野・高野国際語り部の会

 〒640-0302 和歌山市永山83-5 東 道  
 ℡ 073-478-2711 / 090-9704-7786
 E-mail kiga@silk.plala.or.jp http://wakigaaris.exblog.jp/ http://ariskiga.exblog.jp/


[PR]
by wakayamakiga | 2018-04-14 21:19 | Choishi-michi 高野・町石道 | Comments(0)

Kii route-1 From Yamaguchi to Hoshiya / 山口~布施屋へ

d0360104_00203432.jpg
  山口小学校から100mほど西に歩いた所に西山浄土宗の遍照寺があります。
d0360104_00205331.jpg

 遍照寺とお菊伝説 / Henjyo-ji Temple and a melancholy tale of Okiku

 戦国時代の終盤、文禄4年(1596)7月15日、豊臣秀次が秀吉から命じられて高野山で切腹した時、その妻29人と幼児3人は京都三条河原で処刑されました。
 波有手(ぼうで・現阪南市)の豪族後藤六郎兵衛政義の娘こよは秀次の側室で、小督局(こごうのつぼね)と呼ばれていました。その娘、お菊はまだ生まれて間もないことから、懇願により助けられ、小督局の実兄後藤六郎兵衛輿義のことで養育されることとなりました。

This is a melancholy tale at the borders of Izumi-no-kuni and Kii-no-kuni. In 1595 a baby girl, Okiku, was born to Toyotomi Hidetsugu and his second wife, the daughter of Goto Masayoshi, the head of a powerful family in Hannan-cho (in Osaka). Shortly after Okiku's birth, on July 15th, a terrible rumor of rebellion emerged in connection with the child's father, Hidetsugu. Hidetsugu was ordered to kill himself by Toyotomi Hideyoshi. He commited harakiri at Koyasan.

  成長したお菊は「後藤のお姫様」と呼ばれ、美しい娘に育ちます。元和元年(1645)4月、親戚筋の紀州山口村の代官山口喜内の嫡男兵内と結婚しました。お菊は20歳でした。周囲が羨むほどの婚礼の式をあげたと伝わっています。和泉地方で伝承されている「お菊の子守歌」が、その輿入の豪華さを伝えています。「赤い小袖を百七つ、白い小袖を百七つ、かごの乗り物数しれず」と。しかし、このあとお菊の過酷な運命が待ち受けていたのです。

Okiku called " Goto Princess " and grew into a beautiful woman.
In April 1615, She married to Heinai, a deputy administor's son in Yamaguchi village. She was 20 years old. After that, a sad life awaited Okiku.

 まもなく、豊臣と徳川の大戦が始まった時、山口一族の領主は紀州徳川家に味方する浅野家です。山口一族はお菊の父の後藤、淡輪両家が味方する豊臣の側につきました。大阪夏の陣が始まった時、結婚したばかりのお菊が大阪城へ密書を届けることになったのですが、帰る途中、樫井川の合戦が始まっていたのです。大阪城からの返書を川に落としてしまい、運悪く敵方に拾われてしまったのです。

Soon after, a great war between the Toyotomi and Tokugawa broke out. Okiku's family supported Toyotomi and her hunband 's family soon changed sides to support Toyotomi as well although their load supported Tokugawa.

Her husband left for Osaka Castle and few days later, Okiku followed him, carrying a secret letter. Okiku cut her long black hair and went in disguise as a man. Arriving safely in Osaka castle, she gave the letter from her husband,Heinai. On her way home, Okiku tried to swim across Kasiigawa River. As she swam, she lost the reply letter, which was later found by members of the opposing faction.

 山口家の家族は捕らえられ、紀ノ川の大野瀬河原で斬罪となりました。お菊は結婚して間もないという理由で許されたのですが、自分のせいで山口家の人たちが処刑されたため、自ら名乗り出て大野瀬河原で処刑されたのでした。

Toyotomi's supporters lost the war, and on May 5th, Okiku's husband was caught in a fire in Osaka Castle and died. Yamaguchi family members were executed at Kinokawa River. Okiku was captured but she was soon released. She requested her own execution.

 後藤輿義の妻お静はお菊の冥福を祈って、後藤家の菩提寺である法福寺のお菊の等身大の木像を作りましたが、その後、火災により寺とともに木像は焼失します。安政7年、お菊の座像が作られました。
  山口地区の遍照寺の境内裏の墓地に山口一族の墓があり、一つの墓石に「山口喜内嫡男兵内」の文字が読み取れます。

Her tomb and statue of her were built at Hofuku-ji Temple by Koshiyoshi's wife, but the statue and temple were destroyed by a fire. Okiku's husband and his family tomb are at Henjyo-ji Temple in Yamagichi. (M.A)


d0360104_22450036.jpg



d0360104_00205806.jpg

 遍照寺から自動車道を横切り、田んぼの中を西へ向かいます。その昔、紀ノ川に岸がない時代には、川の流れを変えながら河口に向かって流れていきました。この周辺はすべて川だったのです。川辺、川端の地名と王寺名の由来です。
 田圃の中にお地蔵さまが立っています。もう少し西へ歩きましょう。
d0360104_00210449.jpg

 川に沿って歩くと、樹木におおわれた小さな森が見えてきました。中に入ってみると、社らしき佇まいです。
 はじめ川辺王子はもう少し北西の方向に鎮座していましたが、その後、力侍神社に合祀されています。長い年月の間に川の流れが変わり、王子社の位置も変わっています。この社もある時期、社として祀られていた可能性がありますね。
 


d0360104_00211024.jpg

 田圃の中を歩き、力侍神社へ向かいます。
d0360104_00211592.jpg

 力侍神社の近くに新しく広い道路が建設されています。途中、田んぼの中にありました。中村王子社址の看板です。今はなにも残っていませんが。場所もここであったかどうか不明だそうです。
d0360104_00211899.jpg

 田圃の中の道を東に向かいます。樹木がならんでいる所が力侍神社の境内へ続く道です。
d0360104_00212354.jpg

 着きました。ここが力侍神社です。右手に「川辺王子」の石碑が立っています。

力侍神社 / Rikishi Shrine

この神社には天手力命(あめのたぢからお)とその他14の神が祭られています。主神はもとは別の場所にあったが、ここに遷されました。またもともと川辺王子も紀ノ川の川岸もここにあったと考えられています。

In this shrine, the main deity Ameno-Tajikarao and fourteen other deities are enshrined. Main deity was originally enshrined in other place but took here. Also it is considered that the ancient Kawanabe-oji which mean riverside-oji and river bank of Kinokawa was here.

  世界中に日食に関する伝説が、多くの場所に伝わっています。
 例えばノルウェーの伝説で狼が太陽を捕まえたので、空が暗くなり人々が助けて明るさが戻ったそうです。日本神話によれば、太陽の神、天照(あまてらす)は弟の悪い行いに業を煮やして、天の岩戸に隠れて石の扉を閉めてしまいました。すると、急に空が暗くなってしまったのです。八百万(やおよろず)の神々が集まってどうするか相談しました。宴会が開かれ、天細女(あめのうずめ)が歌い踊り、ついには服を脱いでしまいます。神々の騒ぎは最高潮に達しました。 

There are myths related to the eclipse at many places in the world. For example, in Norwegian myth wolves caught the sun and it became dark. Then the people rescued the sun and brightness recovered. Amaterasu, the goddess of sun, hid in the cave and shut the heavy stone door, because of her brother's bad behavior. Then the sky was darken and all deities discussed what to do. A song festival was held, and one female deity sang and striped her clothes and the deities were happy.

天照は自分がいなくなったのに、なぜ騒いでいるのか不思議に思い、岩戸を少し開けて外を見ました。すかさず、力持ちの天手力男命が引っぱって岩戸を開けました。神々は全員、天照に出てくるように願い出て、空は明るさを取り戻しました。神社の名前の力侍は力が強い侍、ここに祭られている天手力男命を表しています。

Amaterasu wondered why they were so enjoying without her, opened the stone door slightly and to check to see what happened to them. Immediately, the strong deity, Ameno Tajikarao pulled the door open. All the deities begged her pardon to Amaterasu and asked her to come out. The sky recovered its brightness. Rikisi the shrine's name (means strong warrior) whose name is Ameno Tajikarao and enshrined here. (Y.H)

  
d0360104_00212643.jpg

 樹々が生い茂り、ほっとする空間が続いています。
d0360104_00212906.jpg

 今の力侍神社には2つの社があります。
d0360104_00221753.jpg

 力侍神社を後にして、熊野古道を南に歩きます。粉川加太線の自動車道を横切り、路地を南へ、紀ノ川へ向かって歩きましょう。道路の右手にお堂が建ち、中に地蔵さまを祀っています。
d0360104_00222602.jpg

 お堂の前に赤い前掛けをつけたお地蔵さまが並んでいます。
d0360104_00223119.jpg

 その隣にもう一体、お地蔵さまが祀られています。
d0360104_00223677.jpg

 少し歩くと、長屋門らしき立派な建物が目に入りました。
d0360104_00224153.jpg

 建物の角に道標が立っています。「右根来寺・左北大坂・」の文字が刻まれています。
d0360104_00224505.jpg

 さらに南へ歩くと紀ノ川へ着きます。川岸に六地蔵が祀られています。
d0360104_00224951.jpg

 こちらも六地蔵でしょうか?もっと多いようですね。古道沿いにあった野の仏像を集めたと思われます。
d0360104_00225344.jpg

 紀の川をわたりましょう。かつて熊野詣の旅人のための「渡し場」がありました。向こうに高積山が見えています。
d0360104_00225669.jpg

 橋を渡って、左へ、川岸を歩きます。右手にマンションの建物が見えたら、その前を通りぬければ布施屋駅に着きます。

[PR]
by wakayamakiga | 2018-04-12 22:41 | Kii route /紀伊路 | Comments(0)

KIGA 熊野・高野国際語り部の会のブログです


by 熊野小僧(kumano kozo)
プロフィールを見る
画像一覧